PHPマスター

プログラム言語の勉強はPHPからスタート!

Browsing Posts tagged PHP

XOOPSやWordPressなど、他人が作ったデザインに対してもう少し「こうしたい!」と思うことが多々あります。Smartyのテーマで作られたデザインであれば、Smartyをちょっと変更したり、CSSを変更したりして見た目は変えられます。

ただ、やりたいことが動的な項目の場合、どうしてもプログラムを組む必要があります。システムを改変するより、Smartyにプログラムをちょっと書いて対応させてみましょう。

Smartyとは
Smartyで使用するテンプレートでは、単に値をはめ込むだけでなく、if文による条件分岐やforeachによるループ処理など、必要最低限の制御構造や組み込み関数が利用可能です。もちろんこうした機能の利用は必須ではなく、HTMLテキストと単純な変数のみでテンプレートをまとめることもできます。

 またSmartyは動作速度の面でも秀でています。最初にリクエストが発生した際に、テンプレートファイルを実行可能なPHPスクリプトにコンパイルし、その後のリクエストではコンパイルされたPHPスクリプトを再利用します。テンプレートに変更が加えられたときにのみコンパイルを再実行するなど効率面でも優れています。

 ほかにも、キャッシュ機能を搭載するなど、PHP本来のパフォーマンスを損なうことなく、ロジックとデザインを分離することができます。

XOOPSを例にすると、theme.htmlに次のように直接PHPを記述できます。

<{php}> ~~ <{/php}>

continue reading…

PHPとは、Webサーバ上で情報を提供し表現する HTMLに埋め込むタイプのスクリプト言語で、JavaScriptと同じように、プログラムのコンパイル(実行可能なバイナリファイル作成)をする必要のない、テキストベースのインタープリター言語です。

CGIプログラムを開発する Perl言語は、多くの Webアプリケーションで利用されてきました。多分これからもその主役の座を担うことでしょう。しかし、Perl は、言語的に難しくソースコードが汚くなりやすい欠点を持っています。

PHPは、Perl と同様にテキストベースで構築できる手軽さがあります。基本的には、HTMLファイルに埋め込む言語であるため、簡単なテキストエディタがあれば、誰でも書くことができます。加えて、CGIのようなサーバ負担も少なく、実行が早い利点も持っています。

  • Webアプリケーション開発に特化した言語である
  • 文法が比較的容易に誰でも習得することができる
  • テキストベースで手間がかからず、デバックも簡単に行える
  • 短期開発に向いている
  • 実行速度が速い
  • どのような種類のデータベースとも接続可能である

PHPの基本ルール
PHPスクリプトを書く場合、PHPが始まる部分と終わる部分を指定します。「<?php」が開始で「?>」が終わりを意味します。

PHPスクリプトをWEBサーバで処理させるためにファイルの拡張子は「.php」が基本です。.phtmlなども利用できますがWEBサーバの設定次第です。

PHPのコメントは「/*」から「*/」で囲まれた部分と、「//」と「#」の記号の後ろ1行分です。

PHPファイルをサーバへアップロードする場合の転送モードは「ascii」です。アップロード後のパーミッション変更(実行権の付与)は必要ありません。

continue reading…

Powered by WordPress Web Design by SRS Solutions © 2018 PHPマスター Design by SRS Solutions