PHPでは便利な関数がたくさん用意されています。文字列操作や日付処理など、プログラムをしていて、「こうしたいなぁ」と思ったら、まず関数があるかどうか確認した方が良いでしょう。例えば、変数$a = 10000 で、 $a を表示させる際、カンマ付きの 10,000 と表示させたい時などは用意された関数を使うと幸せな気分になります。

$a = 10000;
$b = number_format($a);
echo $b;

用意された関数がない場合、自分で関数を作ります。関数を作るか、if文で条件式で分けるかは経験の差が出がちですが、関数を使う場合は「もう一度使う」を大きな基本としましょう。今作成しているプログラムの中だけの話ではありません。次ぐにコーディングする時も使えそうなものは関数にしておくと便利です。後は、プログラムソースの美しさです。

では、次のプログラムの出力結果を頭の中で回答して下さい。


※紙とペンを用意して変数を追っていきましょう。

<?php
$a = 10;
echo $a."\n--\n";
$b = $a++;
echo $b."\n--\n";
$c = $a / 3;
echo $c."\n--\n";
$d = myfunc($b);
echo $d."\n--\n";
$e = 100;
$ee = myfunc2();
echo $e." : ";
echo $ee."\n--\n";
$f = myfunc3($b);
echo $f."\n--\n";
function myfunc($num) {
  $tmp = $num + $a;
  return($tmp);
}
function myfunc2() {
  $a = 1;
  $e = 10;
  $ee = $a + $e;
  return($ee);
}
function myfunc3($num) {
  global $a;
  $tmp = $num + $a;
  return($tmp);
}
?>

PHPマスター関連記事