2008/6/18 水曜日

【海外ドラマ】HEROES(ヒーローズ)第1話 創世記

Filed under: HEROES — なにこれ nakamura @ 7:46:50

DVD「HEROES / ヒーローズ Vol.1」

 インドで人間の潜在能力を研究するモヒンダーは、ニューヨークに住む父の死を知らされ、彼の死の原因を突き止め、父と自分の研究が無意味でなかったことを証明しようとニューヨークに渡る。

 一方ラスベガスで一人息子マイカを育てているニキは最近鏡を見ると別人格の自分がいるようで気になっている。
 テキサスに住む女子高生クレアは20~25メートルの高さから飛び降りるがケガひとつしない。
 そして東京ではヒロが時計に念を送って1秒遅らせたと言って大喜びで同僚のアンドウに話す。

 世界各地で同時に特殊能力に目覚める者が現れ始めたのだ。

 HEROES(ヒーローズ) オフィシャルサイトより

==============================

 というわけで、今回より、HEROES(ヒーローズ)のエピソードごとの所感を語っていきます。

 まずは「第1話 創世記」

 モヒンダー(センディル・ラママーシー)は、亡くなった父親に対し、複雑な思いを抱えているのだと分かりました。そして、そこから事件に巻き込まれていくのかな…と。
 ニキ(アリ・ラーター)のパートはサスペンス。しかし、最初のエロライブチャット(?)とその後の彼女とのギャップにびびった!
 クレア(ヘイデン・パネッティーア)の第一印象は「微妙な女の子」。落下後に肋骨が飛び出しているのは作り物と丸わかりで、いただけなかった。。
 ヒロ(マシ・オカ)アンドウ(ジェイムズ・カイソン・リー)はともかく日本語が変で、最初はそのノリに付いていけませんでした。。
 ピーター(マイロ・ヴィンティミリア)は、やたら妄想癖が強い、ヤバイ奴なのか?ネイサン?兄さんじゃないの?あ、お兄さんの名前がネイサン(エイドリアン・パスダー)か。笑
 アイザック(サンティアゴ・カブレラ)は、どうにも好意が持てないキャラクター…。

 その彼らがてんでバラバラなことを勝手にやっている…というのが、第1話の正直な感想でした。

  しかし、2話、3話と観進めていくにつれ、そのバラバラが面白い形でリンクしていき、見事に引き込まれてしまったのです。



2008/6/16 月曜日

【海外ドラマ】HEROES(ヒーローズ)

Filed under: HEROES — なにこれ nakamura @ 8:40:53

DVD「HEROES / ヒーローズ Vol.1」

 アメリカの人気ドラマ 「HEROES」(ヒーローズ)をご存知でしょうか。

 観始めたばかりの私が説明するのも何なので、オフィシャルサイトの紹介文を以下に引用させてもらいます。

==============================

 「HEROES/ヒーローズ」は、2006年9月25日から「ER 緊急救命室」「ザ・ホワイトハウス」「フレンズ」と同じ全米NBCネットワークで“月9枠(月曜夜9時)”に放送され、2006年の新番組中ナンバーワンの全米視聴率を獲得(NBCにとっても新番組の第1話の視聴率としてはこの5年間で最高の数字に)。特に2007年1月22日、初めて裏番組「24」と放送が重なった日も、「24」を上回る視聴率(視聴者数)を獲得し、5月21日のシーズン最終回対決では、「24」に圧勝!今や話題性では「24」「プリズン・ブレイク」「LOST」「デスパレートな妻たち」と並ぶ、最新の全米大ヒット・ドラマが「HEROES/ヒーローズ」だ。2007年1月のゴールデングローブ賞ではTVシリーズ/ドラマ部門の最優秀作品賞にノミネートされ、全米の視聴者が投票するピープルズ・チョイス・アワードでは最も好きな新ドラマ部門最優秀作品賞を受賞!

 ストーリーは、「24」「LOST」「プリズン・ブレイク」のように限定された空間・地域にとどまらず、日本の東京をも含む世界各地という壮大なスケールで展開していく。 

 ニューヨーク、ロサンゼルス、ラスベガス、テキサス、そしてインド、東京。何千何万kmも隔てたそれぞれの土地で、ある奇妙な現象が同時に発生する。それは平凡な人々に突如、スーパーヒーローのような超能力が備わるというもの。ある者は空を飛び、ある者は不死身の肉体となり、ある者は未来を予知し、ある者は時空を曲げるなどの能力を手に入れ、使命を感じる者もいれば、不安におちいる者もいる。いったい誰が、何のために、彼らにそんな能力を授けたのか。人類を救うためか、それとも只のいたずらか。そして、彼ら HEROESや人類を待ち受ける、巨大な運命とは……!? 世界的なスケールと各登場人物の深い内面描写を同時にあわせもった空前絶後のストーリーに加え、ヒーローたちが飛び込む冒険や彼らの人間らしいプライベートもクローズアップ。米国生まれのヒーローというと「スパイダーマン」「スーパーマン」「バットマン」を思い出すファンも多いだろうが、ここには、スーパーパワーはあっても奇抜なコスチュームに身を包んだり奇想天外な武器を持った、コミックのようなヒーローはいない。思いも寄らない運命に巻き込まれ戸惑いつつも、自分の道を切り拓いて行く、まさに愛すべき登場人物たちが奮闘し、そこが大きな感動と興奮を呼ぶ。

 HEROES(ヒーローズ) オフィシャルサイトより

==============================

…ということなのですが、「ともかく面白い!」と言う友人の言葉を信じた私は、とりあえず1巻を借りてみた訳です。

 最初は「何か、ありがちな展開だなー」などと思いながら、何ともなしに観ていたのですが、2話、3話と話が進むにつれ、目が離せなくなってきました。

 「24」もそうですが、アメリカのドラマは引き込み方がうまいなー。

 結構サスペンスな要素やグロいシーンがあり、その辺が観る人を選びそうですが、登場人物の多様性が、ハラハラさせた後にもホッと一息つかせてくれ、幅広く支持を得ている理由の一つだと思います。

 個人的には、能力者の一人で、日本人俳優マシ・オカ(本名:岡 政偉 おか・まさより)の演じるオタクサラリーマン ヒロ・ナカムラが楽しいです。
 彼の日本語はどう聞いても変ですけど。笑

 しかし、ヒロは「HEROES」(ヒーローズ)で最も人気の高い俳優で、マシ・オカは2007年のゴールデングローブ賞とエミー賞にいきなりノミネートされるなど、米テレビ界でとても注目を集めているそうな。

 その辺も含め、今後、「なにこれブログ」では、エピソードごとにこの「HEROES」(ヒーローズ)を追っていこうと思います!

 
HEROES(ヒーローズ) オフィシャルサイト



« 前のページ

HTML convert time: 0.302 sec. Powered by WordPress ME