2008/7/23 水曜日

【F1】第10戦ドイツGPはハミルトンが今季4勝目!!ルノーのピケJr.が2位!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 9:14:17

初の表彰台に立ったネルソン・ピケJr.(ルノー)
<初の表彰台に立ったネルソン・ピケJr.(ルノー)>

  ドイツGPはルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)が前戦イギリスGPに続いて連勝!
  2位に初表彰台となるネルソン・ピケJr.が入りました!

 今回も強さを見せたハミルトン
 戦略のミスにより、4位に落ちてからのリカバリーは見事でした!

 しかし、このホッケンハイムのレースでそれ以上に輝きを放ったのはルノーのルーキー、ネルソン・ピケJr.でしょう!

 予選で20台中17位に沈んだものの、1ピットストップを選択した彼は、ティモ・グロック(トヨタ)のクラッシュによりセーフティーカーが出動した際、ピットに駆け込んだライバルたちを尻目に、トップに浮上したのでした。

 ハミルトンには残り7周で抜かれたものの、フェリペ・マッサ(フェラーリ)の追撃をかわし、デビュー10戦目で初表彰台となる2位を獲得したピケ

 3位:マッサ、4位:ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)、5位:ヘイキ・コバライネン(マクラーレン・メルセデス)、6位:キミ・ライコネン(フェラーリ)、7位:ロバート・クビサ(BMWザウバー)、8位:セバスチャン・ベッテル(トロロッソ・フェラーリ)

 ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴は14位でレースを終えています。

  ドライバーズ・チャンピオンシップではハミルトンがマッサ、ライコネンを突き放しにかかりました。
  フェラーリはこのまま終わってしまうのか?そして、クビサは再び光り輝くことができるのか!?

 次戦ハンガリーGPは8月3日決勝です!

◆関連記事[F1-LIVE.com]
ハミルトン2連勝! ピケJr.が2位で初表彰台!



2008/7/7 月曜日

【F1】第9戦イギリスGPはハミルトンが今季三勝目!!ホンダのバリチェロが3位表彰台!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 9:44:36

雨の中、果敢な走りで表彰台を獲得したルーベンス・バリチェロ(ホンダ)
<雨の中、果敢な走りで表彰台を獲得したルーベンス・バリチェロ(ホンダ)>

  イギリスGPはルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)が完勝!
  2位にBMWザウバーのニック・ハイドフェルド。3位に何と、16番グリッドからスタートのHonda Racing F1/ルーベンス・バリチェロ!

 雨のレースで大混乱となったイギリスGP。

 そんな中でも落ち着いたレース運びをしたハミルトンが母国GP初制覇を成し遂げました!

 フェラーリ勢は精彩を欠き、ライコネンは4位に入ったものの、マッサに至ってはスピンを繰り返し、最下位。
 初のポールポジションから序盤トップを走行したヘイキ・コバライネン(マクラーレン・メルセデス)もやはりスピンを喫し、5位。

 逆に雨中で素晴らしい走りを見せのは、次々とオーバーテイクを見せ、2位に入ったハイドフェルドと、タイヤ選択が功を奏したバリチェロ

 ハイドフェルドは最近、チームメイトのロバート・クビサに差を付けられ、精彩を欠いていただけに、そのうっぷんを晴らすことが出来ました。
 バリチェロの3位は、ホンダにとっては2006年ブラジルGP以来。彼自身にとっては2006年にホンダに加入して以来、初となります。

 そして、ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴も8位でポイント獲得!
 終盤、王者フェルナンド・アロンソ(ルノー)を追い詰めましたが、最終周では逆にヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)に抜かれ、後退してしまいました。。

  ドライバーズ・チャンピオンシップではハミルトン、マッサ、ライコネンの3人が同ポイントで並ぶ展開に!

 今回リタイヤのクビサは2ポイント差で4位に後退。
 以下、予想の結果です。

  予想 結果
1位 ハミルトン(マクラーレン) ハミルトン(マクラーレン)
2位 ライコネン(フェラーリ) ハイドフェルド(BMWザウバー)
3位 コバライネン(マクラーレン) バリチェロ(ホンダ)
4位 クビサ(BMWザウバー) ライコネン(フェラーリ)
5位 アロンソ(ルノー) コバライネン(マクラーレン)
6位 ハイドフェルド(BMWザウバー) アロンソ(ルノー)
7位 トゥルーリ(トヨタ) トゥルーリ(トヨタ)
8位 クルサード(レッドブル) 中嶋一貴(ウィリアムズ)

 

  今回も二つ正解!!

  優勝のハミルトンはともかく、7位トゥルーリを当てたのは、なかなか鋭かったのでは?(自画自賛w)

◆関連記事[F1-LIVE.com]
ハミルトンが雨のレースで完勝! バリチェロ3位、中嶋8位



2008/6/11 水曜日

【F1】第7戦カナダGPはクビサが初優勝!!「BMWは今やトップチーム」

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 12:05:57

左から2位:ハイドフェルド、マリオ・タイセン(BMWザウバー・ディレクター)、1位:クビサ、3位:クルサード
<左から2位:ハイドフェルド、マリオ・タイセン(BMWザウバー・ディレクター)、1位:クビサ、3位:クルサード>

  カナダGPでロバート・クビサが初優勝!BMWザウバーF1チームはハイドフェルドも2位に入り、1-2フィニッシュを達成しました!

 BMWザウバーとしても悲願だったF1での初優勝を果たし、コンストラクターズ・チャンピオンシップでも2位に。クビサはドライバーズ・チャンピオンシップのトップに浮上!

 クビサとハイドフェルドは「今の僕らはトップチームと言って構わない」と語っており、自信を深めています。

 前戦までポイントリーダーだったマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンはピットレーンでの赤信号中にフェラーリのキミ・ライコネンに突っ込むという初歩的なミスを犯し、両者ともにリタイア。

 ベテランのデビッド・クルサード(レッドブル・ルノー)が3位に入り、今季の初ポイントを獲得しています。

 ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴は一時は2位を走行するも、ホンダのジェンソン・バトンに接触し、フロントウイングを落とした挙げ句、それに乗り、コントロールを失って、クラッシュ。リタイアとなりました。

 以下、予想の結果です。

  予想 結果
1位 ハミルトン(マクラーレン) クビサ(BMWザウバー)
2位 コバライネン(マクラーレン) ハイドフェルド(BMWザウバー)
3位 クビサ(BMWザウバー) クルサード(レッドブル)
4位 ロズベルグ(ウィリアムズ) グロック(トヨタ)
5位 アロンソ(ルノー) マッサ(フェラーリ)
6位 ハイドフェルド(BMWザウバー) トゥルーリ(トヨタ)
7位 ウェバー(レッドブル) バリチェロ(ホンダ)
8位 グロック(トヨタ) ベッテル(トロロッソ)

 

  大波乱のカナダ、またも全滅です。(>_<)。

 ティモ・グロック(トヨタ)の初入賞を当てるなど、そこそこいい線は行ったのですが、さすがにこの結果は予想出来ない。。orz 

◆関連記事[F1-LIVE.com]
混乱のレースを制したクビサ、F1初優勝!
BMWザウバーは今やトップチームとドライバー陣



2008/5/26 月曜日

【F1】第6戦モナコGPはハミルトン優勝!中嶋一貴が日本人初の入賞!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 9:14:52

モナコ名物 トンネルの中を攻める中嶋一貴
<モナコ名物 トンネルの中を攻める中嶋一貴>

  伝統の一戦モナコGPは、マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンが今季二勝目を挙げました。

 フェラーリにとって鬼門と言われ続けたこのモナコで、フェリペ・マッサキミ・ライコネンはフロントローからスタートしたものの、結局はまた勝つことが出来ませんでした。

 15週目に1コーナーでコースオフしたマッサをかわした、BMWザウバーのロバート・クビサが2位。

 ポイントリーダーのライコネンは開幕戦の時のようなバタバタ振りを見せ、ウォールに接触してピットインを余儀なくされた後、4位を走行中のエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)に突っ込み、9位に後退。

 スーティルは戦闘力に欠けるマシンで大健闘したものの、このアクシデントでチーム初ポイントを失い、ガレージで涙を流して悔しがっていました。

 ジャパン・パワーでは、ホンダのルーベンス・バリチェロが6位に入り、何と22戦ぶりのポイント獲得!
 ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴は堅実に順位を上げ、7位に入って、日本人として初のモナコGP入賞を飾っています!

 以下、予想の結果です。

  予想 結果
1位 ライコネン(フェラーリ) ハミルトン(マクラーレン)
2位 ハミルトン(マクラーレン) クビサ(BMWザウバー)
3位 コバライネン(マクラーレン) マッサ(フェラーリ)
4位 ロズベルグ(ウィリアムズ) ウェバー(レッドブル)
5位 アロンソ(ルノー) ベッテル(トロロッソ)
6位 ハイドフェルド(BMWザウバー) バリチェロ(ホンダ)
7位 バリチェロ(ホンダ) 中嶋一貴(ウィリアムズ)
8位 クルサード(レッドブル) コバライネン(マクラーレン)

 

  波乱のモナコ、全滅です。(>_<)。

 バリチェロが惜しかったですが。。 

◆関連記事[F1-LIVE.com]
ハミルトン、モナコ初制覇!

  スーパーアグリなしのレースもこれで二戦目。スタート前の琢磨のインタビューを聞いていて、切なくなりました。。

 今回のような荒れた展開のレースでこそ、スーパーアグリ&琢磨はミラクルを起こすはずだったのですが。泣



2008/5/23 金曜日

【F1】ロズベルグ、モナコで輝く!&第6戦レース結果予想

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 7:51:08

前戦トルコGPでのロズベルグの走り
<前戦トルコGPでのロズベルグの走り>

 22日(木)、F1全17戦の中でも最も華やかなレースと言われる、伝統の一戦、モナコGPが開幕しました。

 フリー走行1回目はフェラーリのキミ・ライコネンがトップタイムをマークし、2回目はマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンが制しています。

  しかし、ドライバーの腕が問われるこの難コースでひときわ輝いたのは、ウィリアムズ・トヨタのニコ・ロズベルグでした。

 フリー走行1回目でフェラーリ&マクラーレンの4人に続く5番手、さらに2回目では、その2強チームにただ一人割って入る2番手につけるなど、その才能を強烈にアピールしています。

 過去2回のモナコGP決勝でも、2006年が8位、2007年が5位と、いずれも上位に食い込んでいるだけに、今年のレースも大いに期待できます!

 チームメイトの中嶋一貴は1回目15位、2回目9位。
 ドライバーにとって、初のモナコは試練とも言われますが、ニコとともに頑張ってもらいたいですね!

◆関連記事[F1-LIVE.com]
ハミルトンがトップ、ロズベルグが2番手!
ライコネンが最速タイム!

 恒例のレース結果予想コーナーです。

F1 2008シーズンR6 モナコGP レース結果予想
1位:ライコネン(フェラーリ)
2位:ハミルトン(マクラーレン)
3位:コバライネン(マクラーレン)
4位:ロズベルグ(ウィリアムズ)
5位:アロンソ(ルノー)
6位:ハイドフェルド(BMWザウバー)
7位:バリチェロ(ホンダ)
8位:クルサード(レッドブル)

 今回はフリー走行1,2回目が既に終わってしまったので、その結果を踏まえて、予想させていただきました。f^_^;

  ウィリアムズ・デュオの活躍が楽しみですが、今回が200戦目のメモリアルレースとなるジャンカルロ・フィジケラ(フォース・インディア)の頑張りにも、期待しています!



次のページ »

HTML convert time: 0.432 sec. Powered by WordPress ME