2008/8/25 月曜日

【F1】第12戦ヨーロッパGPはマッサが今季4勝目!!トヨタW入賞!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 12:37:01

前戦の無念を払拭し、会心の勝利を手にしたマッサ
<前戦の無念を払拭し、会心の勝利を手にしたマッサ>

  初開催となったスペイン・バレンシア市街地サーキットでのヨーロッパGPを制したのは、前戦、ラスト3周でエンジンブローに泣いたフェラーリのマッサでした!

 予選でのポール獲得、決勝でのファステスト・ラップ記録、そして、優勝と、まさに完璧な終末を過ごしたフェリペ・マッサ
 これで、2位に入ったルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)に、ドライバーズチャンピオンシップでも6ポイント差と迫りました。

 逆に、エンジンブローによりリタイアを喫したキミ・ライコネンはハミルトンから13ポイント差の3位に後退。
 フェラーリの信頼性の低さは、今後に向けて、大きな不安材料と言えます。

 ハミルトンは首に痛みを抱えながらの2位表彰台。
 体調に不安を抱える中で、健闘したと言えると思います。

 日本勢では、トヨタのヤルノ・トゥルーリ5位、ティモ・グロックが7位と、W入賞を達成!

 ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴はオープニングラップで地元の英雄フェルナンド・アロンソ(ルノー)と接触し、フロントウィングを破損して後退。完走したものの、15位に留まりました。

 一方のアロンソはリタイア。
 今季不本意なレースが続く元王者は、来季、HONDA、BMW、フェラーリの3チームへの移籍が囁かれています。

【第12戦ヨーロッパGP決勝結果】
1位:フェリペ・マッサ(フェラーリ)
2位:ルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)
3位:ロバート・クビサ(BMWザウバー)
4位:ヘイキ・コバライネン(マクラーレン・メルセデス)
5位:ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
6位:セバスチャン・ベッテル(トロロッソ・フェラーリ)
7位:ティモ・グロック(トヨタ)
8位:ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ・トヨタ)

  次戦ベルギーGPは9月7日決勝、その翌週にはヨーロッパラウンドの最終戦となるイタリアGPが控えています。
  いよいよ佳境に入ったタイトル争いから目が離せません!!

◆関連記事[F1-LIVE.com]
マッサがポール・トゥ・ウイン! ライコネンはエンジンブロー



2008/8/4 月曜日

【F1】第11戦ハンガリーGPはコバライネンが初優勝!!トヨタのグロックが2位!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 7:58:20

左から2位:グロック、1位:コバライネン、3位:ライコネン
<左から2位:グロック、1位:コバライネン、3位:ライコネン>

  ハンガリーGPでヘイキ・コバライネン(マクラーレン・メルセデス)が初優勝を達成!2位に初表彰台となるティモ・グロック(トヨタ)!
  終盤までレースをリードしたフェリペ・マッサ(フェラーリ)は残り3周でストップ!!

 予選までの流れから、マクラーレン・メルセデス&ルイス・ハミルトンが危なげなく優勝を飾るかと思われていたハンガリーGP。
 しかし、スタートでトップを奪ったのは、フェラーリのフェリペ・マッサでした!

 マッサは快調にトップを走行するものの、残り3周でまさかのエンジンブロー。
 ハミルトンも41週目にタイヤトラブルでピットインを余儀なくされ、大きく後退。

 これにより、その二人の背後に付けていたコバライネンがデビューから28戦目にして初優勝を飾ったのでした!

 グロックは一回目のピットストップで大きくタイムロスするものの、最後はキミ・ライコネン(フェラーリ)の猛チャージを凌ぎ切り、トヨタにとって2005年以来となる2位を獲得!

 ルノーはフェルナンド・アロンソ4位、ネルソン・ピケJr.6位と、ダブル入賞。
 逆に、BMWザウバーはロバート・クビサが8位に入るのがやっとでした。

 ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴はチームメイト ニコ・ロズベルグの前、13位で完走。

 その他、フォース・インディアのジャンカルロ・フィジケラがホンダのルーベンス・バリチェロ、トロロッソのセバスチャン・ブルデーを抑え、15位と、健闘しました。

【第11戦ハンガリーGP決勝結果】
1位:ヘイキ・コバライネン(マクラーレン・メルセデス)
2位:ティモ・グロック(トヨタ)
3位:キミ・ライコネン(フェラーリ)
4位:フェルナンド・アロンソ(ルノー)
5位:ルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)
6位:ネルソン・ピケJr.(ルノー)
7位:ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
8位:ロバート・クビサ(BMWザウバー)

  ドライバーズ・チャンピオンシップではハミルトンが首位をキープ!ライコネン、マッサ、クビサと続きます。
  首位に躍り出たかったマッサは残念!

 F1は三週間の夏休みを挟み、次戦ヨーロッパGP(バレンシア市街地コース)は8月24日決勝です!
◆関連記事[F1-LIVE.com]
コバライネンが初優勝! グロック2位! マッサにトラブル



2008/6/23 月曜日

【F1】第8戦フランスGPはマッサが今季三勝目!!トヨタが二年振りの表彰台!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 8:30:06

左から2位:ライコネン、1位:マッサ、3位:トゥルーリ
<左から2位:ライコネン、1位:マッサ、3位:トゥルーリ>

  フランスGPはフェラーリ完勝!
 トヨタのトゥルーリが2006年オーストラリアGP(ラルフ・シューマッハ)以来の表彰台をチームにプレゼントしました!

 2002年にパナソニック・トヨタ・レーシングをF1へと導き、初代チーム代表を務めた、“トヨタF1の父”とも言えるオベ・アンダーソン氏が11日にラリーレース中の事故で亡くなっており、今回の表彰台は、彼に捧げるものとなりました。
 マシンにもレーシングスーツにも喪章を付けてレースに臨んだトヨタF1チームですが、そのレースでこうやって結果を出すことが出来、本当に良かったと思います。

 スタートからトップを走行していたキミ・ライコネン(フェラーリ)はエンジン右バンクのエギゾーストが破損。ペースダウンを強いられ、チームメイトのフェリペ・マッサにトップを譲りました。

 フェラーリ勢に次ぐ3番グリッドからスタートしたルノーのフェルナンド・アロンソはスタートで大きく順位を落とし、8位。チームメイトのネルソン・ピケJr.が7位で初入賞を果たしています。

 マクラーレンのルイス・ハミルトンは前戦のクラッシュのペナルティで10グリッド降格。レースも10位に終わりました。
 今年のハミルトンは浮き沈みが激しく、昨年前半のような安定感がありません。タイトルを獲得するには、安定感こそが大事なのですが…。

 ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴は15位完走となっています。

 以下、予想の結果です。

  予想 結果
1位 ライコネン(フェラーリ) マッサ(フェラーリ)
2位 マッサ(フェラーリ) ライコネン(フェラーリ)
3位 ハミルトン(マクラーレン) トゥルーリ(トヨタ)
4位 コバライネン(マクラーレン) コバライネン(マクラーレン)
5位 クビサ(BMWザウバー) クビサ(BMWザウバー)
6位 ハイドフェルド(BMWザウバー) ウェバー(レッドブル)
7位 アロンソ(ルノー) ピケJr.(ルノー)
8位 トゥルーリ(トヨタ) アロンソ(ルノー)

 

  今回は二つ正解!!

 その他にも、フェラーリ勢、ルノー勢の途中逆転がなかったら…と考えると、かなりいい予想だったのではないでしょうか!? 

◆関連記事[F1-LIVE.com]
マッサが完勝! ライコネン2位、トゥルーリ3位



2008/5/26 月曜日

【F1】第6戦モナコGPはハミルトン優勝!中嶋一貴が日本人初の入賞!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 9:14:52

モナコ名物 トンネルの中を攻める中嶋一貴
<モナコ名物 トンネルの中を攻める中嶋一貴>

  伝統の一戦モナコGPは、マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンが今季二勝目を挙げました。

 フェラーリにとって鬼門と言われ続けたこのモナコで、フェリペ・マッサキミ・ライコネンはフロントローからスタートしたものの、結局はまた勝つことが出来ませんでした。

 15週目に1コーナーでコースオフしたマッサをかわした、BMWザウバーのロバート・クビサが2位。

 ポイントリーダーのライコネンは開幕戦の時のようなバタバタ振りを見せ、ウォールに接触してピットインを余儀なくされた後、4位を走行中のエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)に突っ込み、9位に後退。

 スーティルは戦闘力に欠けるマシンで大健闘したものの、このアクシデントでチーム初ポイントを失い、ガレージで涙を流して悔しがっていました。

 ジャパン・パワーでは、ホンダのルーベンス・バリチェロが6位に入り、何と22戦ぶりのポイント獲得!
 ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴は堅実に順位を上げ、7位に入って、日本人として初のモナコGP入賞を飾っています!

 以下、予想の結果です。

  予想 結果
1位 ライコネン(フェラーリ) ハミルトン(マクラーレン)
2位 ハミルトン(マクラーレン) クビサ(BMWザウバー)
3位 コバライネン(マクラーレン) マッサ(フェラーリ)
4位 ロズベルグ(ウィリアムズ) ウェバー(レッドブル)
5位 アロンソ(ルノー) ベッテル(トロロッソ)
6位 ハイドフェルド(BMWザウバー) バリチェロ(ホンダ)
7位 バリチェロ(ホンダ) 中嶋一貴(ウィリアムズ)
8位 クルサード(レッドブル) コバライネン(マクラーレン)

 

  波乱のモナコ、全滅です。(>_<)。

 バリチェロが惜しかったですが。。 

◆関連記事[F1-LIVE.com]
ハミルトン、モナコ初制覇!

  スーパーアグリなしのレースもこれで二戦目。スタート前の琢磨のインタビューを聞いていて、切なくなりました。。

 今回のような荒れた展開のレースでこそ、スーパーアグリ&琢磨はミラクルを起こすはずだったのですが。泣



2008/5/23 金曜日

【F1】ロズベルグ、モナコで輝く!&第6戦レース結果予想

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 7:51:08

前戦トルコGPでのロズベルグの走り
<前戦トルコGPでのロズベルグの走り>

 22日(木)、F1全17戦の中でも最も華やかなレースと言われる、伝統の一戦、モナコGPが開幕しました。

 フリー走行1回目はフェラーリのキミ・ライコネンがトップタイムをマークし、2回目はマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンが制しています。

  しかし、ドライバーの腕が問われるこの難コースでひときわ輝いたのは、ウィリアムズ・トヨタのニコ・ロズベルグでした。

 フリー走行1回目でフェラーリ&マクラーレンの4人に続く5番手、さらに2回目では、その2強チームにただ一人割って入る2番手につけるなど、その才能を強烈にアピールしています。

 過去2回のモナコGP決勝でも、2006年が8位、2007年が5位と、いずれも上位に食い込んでいるだけに、今年のレースも大いに期待できます!

 チームメイトの中嶋一貴は1回目15位、2回目9位。
 ドライバーにとって、初のモナコは試練とも言われますが、ニコとともに頑張ってもらいたいですね!

◆関連記事[F1-LIVE.com]
ハミルトンがトップ、ロズベルグが2番手!
ライコネンが最速タイム!

 恒例のレース結果予想コーナーです。

F1 2008シーズンR6 モナコGP レース結果予想
1位:ライコネン(フェラーリ)
2位:ハミルトン(マクラーレン)
3位:コバライネン(マクラーレン)
4位:ロズベルグ(ウィリアムズ)
5位:アロンソ(ルノー)
6位:ハイドフェルド(BMWザウバー)
7位:バリチェロ(ホンダ)
8位:クルサード(レッドブル)

 今回はフリー走行1,2回目が既に終わってしまったので、その結果を踏まえて、予想させていただきました。f^_^;

  ウィリアムズ・デュオの活躍が楽しみですが、今回が200戦目のメモリアルレースとなるジャンカルロ・フィジケラ(フォース・インディア)の頑張りにも、期待しています!



次のページ »

HTML convert time: 0.524 sec. Powered by WordPress ME