2008/5/26 月曜日

【F1】第6戦モナコGPはハミルトン優勝!中嶋一貴が日本人初の入賞!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 9:14:52

モナコ名物 トンネルの中を攻める中嶋一貴
<モナコ名物 トンネルの中を攻める中嶋一貴>

  伝統の一戦モナコGPは、マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンが今季二勝目を挙げました。

 フェラーリにとって鬼門と言われ続けたこのモナコで、フェリペ・マッサキミ・ライコネンはフロントローからスタートしたものの、結局はまた勝つことが出来ませんでした。

 15週目に1コーナーでコースオフしたマッサをかわした、BMWザウバーのロバート・クビサが2位。

 ポイントリーダーのライコネンは開幕戦の時のようなバタバタ振りを見せ、ウォールに接触してピットインを余儀なくされた後、4位を走行中のエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)に突っ込み、9位に後退。

 スーティルは戦闘力に欠けるマシンで大健闘したものの、このアクシデントでチーム初ポイントを失い、ガレージで涙を流して悔しがっていました。

 ジャパン・パワーでは、ホンダのルーベンス・バリチェロが6位に入り、何と22戦ぶりのポイント獲得!
 ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴は堅実に順位を上げ、7位に入って、日本人として初のモナコGP入賞を飾っています!

 以下、予想の結果です。

  予想 結果
1位 ライコネン(フェラーリ) ハミルトン(マクラーレン)
2位 ハミルトン(マクラーレン) クビサ(BMWザウバー)
3位 コバライネン(マクラーレン) マッサ(フェラーリ)
4位 ロズベルグ(ウィリアムズ) ウェバー(レッドブル)
5位 アロンソ(ルノー) ベッテル(トロロッソ)
6位 ハイドフェルド(BMWザウバー) バリチェロ(ホンダ)
7位 バリチェロ(ホンダ) 中嶋一貴(ウィリアムズ)
8位 クルサード(レッドブル) コバライネン(マクラーレン)

 

  波乱のモナコ、全滅です。(>_<)。

 バリチェロが惜しかったですが。。 

◆関連記事[F1-LIVE.com]
ハミルトン、モナコ初制覇!

  スーパーアグリなしのレースもこれで二戦目。スタート前の琢磨のインタビューを聞いていて、切なくなりました。。

 今回のような荒れた展開のレースでこそ、スーパーアグリ&琢磨はミラクルを起こすはずだったのですが。泣



2008/5/23 金曜日

【F1】ロズベルグ、モナコで輝く!&第6戦レース結果予想

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 7:51:08

前戦トルコGPでのロズベルグの走り
<前戦トルコGPでのロズベルグの走り>

 22日(木)、F1全17戦の中でも最も華やかなレースと言われる、伝統の一戦、モナコGPが開幕しました。

 フリー走行1回目はフェラーリのキミ・ライコネンがトップタイムをマークし、2回目はマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンが制しています。

  しかし、ドライバーの腕が問われるこの難コースでひときわ輝いたのは、ウィリアムズ・トヨタのニコ・ロズベルグでした。

 フリー走行1回目でフェラーリ&マクラーレンの4人に続く5番手、さらに2回目では、その2強チームにただ一人割って入る2番手につけるなど、その才能を強烈にアピールしています。

 過去2回のモナコGP決勝でも、2006年が8位、2007年が5位と、いずれも上位に食い込んでいるだけに、今年のレースも大いに期待できます!

 チームメイトの中嶋一貴は1回目15位、2回目9位。
 ドライバーにとって、初のモナコは試練とも言われますが、ニコとともに頑張ってもらいたいですね!

◆関連記事[F1-LIVE.com]
ハミルトンがトップ、ロズベルグが2番手!
ライコネンが最速タイム!

 恒例のレース結果予想コーナーです。

F1 2008シーズンR6 モナコGP レース結果予想
1位:ライコネン(フェラーリ)
2位:ハミルトン(マクラーレン)
3位:コバライネン(マクラーレン)
4位:ロズベルグ(ウィリアムズ)
5位:アロンソ(ルノー)
6位:ハイドフェルド(BMWザウバー)
7位:バリチェロ(ホンダ)
8位:クルサード(レッドブル)

 今回はフリー走行1,2回目が既に終わってしまったので、その結果を踏まえて、予想させていただきました。f^_^;

  ウィリアムズ・デュオの活躍が楽しみですが、今回が200戦目のメモリアルレースとなるジャンカルロ・フィジケラ(フォース・インディア)の頑張りにも、期待しています!



2008/5/12 月曜日

【F1】第5戦トルコGPはマッサ優勝!中嶋一貴は初のリタイア…。

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 8:41:55

ハミルトン(マクラーレン)を抑え、トップを走行するマッサ(フェラーリ)
<ハミルトン(マクラーレン)を抑え、トップを走行するマッサ(フェラーリ)>

  第5戦トルコGPはフェラーリのフェリペ・マッサが今季二勝目を挙げました。

 マッサはトルコGP三連覇で、イスタンブールのコースと相性のいいところを見せました。

 マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンが2位に入り、復調の兆しを見せましたが、コンストラクターズ・チャンピオンシップでは、首位フェラーリ:63ポイントに対して、マクラーレンは21ポイント差のランキング3位(※ランキング2位はBMWザウバー:44ポイント)と、タイトルに向け、そろそろヤバイ状況です。

 トヨタ、ホンダの4台は完走したもののポイント圏外。
 ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴はスタート直後にフォース・インディアのジャンカルロ・フィジケラに追突され、初のリタイアを喫しています。

 以下、予想の結果です。

  予想 結果
1位 マッサ(フェラーリ) マッサ(フェラーリ)
2位 ライコネン(フェラーリ) ハミルトン(マクラーレン)
3位 ハミルトン(マクラーレン) ライコネン(フェラーリ)
4位 クビサ(BMWザウバー) クビサ(BMWザウバー)
5位 アロンソ(ルノー) ハイドフェルド(BMWザウバー)
6位 ハイドフェルド(BMWザウバー) アロンソ(ルノー)
7位 トゥルーリ(トヨタ) ウェバー(レッドブル)
8位 ロズベルグ(ウィリアムズ) ロズベルグ(ウィリアムズ)

 

  今回はこれまでで最多の3つ正解!

 今季はポイント獲るドライバーがほぼ決まってきている感があるので、当てやすいことは間違いないのですが…。 

◆関連記事[F1-LIVE.com]
マッサがトルコで3連覇!

  分かってはいたけど、スーパーアグリが出ていないと、あまり燃えないなぁ。。

 たとえ最後尾を走っていても、「琢磨&スーパーアグリなら、何かやってくれる!」という思いがあっただけに。orz

 鈴木亜久里さんも「誰かが僕にポンと1,000億円ぐらいくれて『やってもいいよ』って言ってくれたら、また3年ぐらいF1をやるかな(笑)。」と言っていたので、日本の企業の皆さん、宜しくお願いします。苦笑



2008/4/7 月曜日

【F1】第3戦バーレーンGPはマッサが優勝!BMWがランキング首位に浮上!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 7:28:33

チームにとっても自身にとっても初となるポール・ポジションを獲得したロバート・クビサ(BMWザウバー)
<チームにとっても自身にとっても初となるポール・ポジションを獲得したロバート・クビサ(BMWザウバー)>

  F1 2008年シーズン第3戦マレーシアGPはフェラーリのフェリペ・マッサが今季初優勝を果たしました。

 これで3戦を終えて、3人のウィナーが誕生したことになります。

 マッサは前2戦の汚名を挽回するような見事な勝利でした。

 フェラーリはここバーレーン・インターナショナル・サーキットで事前テストを行っており、今回の勝利も当然の感があります。 

 しかし、多くの人間を驚かせたのは、BMWザウバーの快進撃ではないでしょうか!?

 このサーキットで事前テストを行ったわけではない、BMWザウバー。

  予選はフェラーリ、マクラーレンとの真っ向勝負を制して、ロバート・クビサが初のポール・ポジション(予選1位)を獲得!

 前任ドライバーのジャック・ヴィルヌーヴが見守る中で、自身の起用が間違いではなかったことを証明しました。

  決勝はスタートで出遅れ、フェラーリ勢の逆転を許したものの、最後まで離されることなく、3位表彰台を獲得。チームメイトのニック・ハイドフェルドも4位に入り、BMWザウバーはコンストラクターズ選手権で何とトップに浮上しました!

 マクラーレン勢は精彩を欠き、ヘイキ・コバライネンの5位がやっと。
 ルイス・ハミルトンに関しては、スタートで大きく出遅れ、ルノーのフェルナンド・アロンソに接触し、フォース・インディアのジャンカルロ・フィジケラの後ろ、13位で完走を果たしました。

  フェラーリ VS マクラーレンの構図になると思われていた今シーズンですが、フェラーリ VS マクラーレン VS BMWザウバーの3強の争い。もしくはBMWザウバーがマクラーレンを押さえ込む可能性も高まってきました!

 ウィリアムズの中嶋一貴はフィジケラ、ハミルトンの後ろ、14位完走。

 スーパーアグリの佐藤琢磨は、同僚アンソニー・デビッドソンには遅れを取ったものの、レッドブルのデビッド・クルサード、フォース・インディアのエイドリアン・スーティルの前の17位で完走と、健闘しました!

 そして、私の予想の結果ですが…

  予想 結果
1位 マッサ(フェラーリ) マッサ(フェラーリ)
2位 ハミルトン(マクラーレン) ライコネン(フェラーリ)
3位 ハイドフェルド(BMWザウバー) クビサ(BMWザウバー)
4位 コバライネン(マクラーレン) ハイドフェルド(BMWザウバー)
5位 ロズベルグ(ウィリアムズ) コバライネン(マクラーレン)
6位 アロンソ(ルノー) トゥルーリ(トヨタ)
7位 ウェバー(レッドブル) ウェバー(レッドブル)
8位 クルサード(レッドブル) ロズベルグ(ウィリアムズ)

 今回は何と、1位:マッサ7位:ウェバーが的中!

 最近、冴えてます!(笑)

 F1は暫しの休みを挟んで、次戦スペインGPは今月27日決勝です。

今回、ポイント圏外の10位に終わった、母国凱旋のルノー、フェルナンド・アロンソ。

  二連覇王者の逆襲はあるのか!?

  そして、次に勝つのは一体誰なのか!?

 楽しみです!

◆関連記事[F1-LIVE.com]
マッサが今季初勝利!



2008/3/24 月曜日

【F1】第2戦マレーシアGPはライコネン優勝!トヨタが4位入賞!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 10:16:32

マレーシアGPで優勝したキミ・ライコネン(フェラーリ)
<マレーシアGPで優勝したキミ・ライコネン(フェラーリ)>

 F1 2008年シーズン第2戦マレーシアGPはフェラーリ・ライコネンが復活の優勝を果たしました。

 しかし、それ以上に衝撃的だったのは、マクラーレン・ハミルトンの失速ではないでしょうか。

 今回、終始トップを独走したフェラーリ・ライコネンとは対照的に、優勝争いに絡めず、フェラーリはおろかBMWザウバーのペースにもついていけなかったマクラーレンの2台。

 ハミルトンは、トヨタのヤルノ・トゥルーリもかわせず、5位が精一杯。
 前戦の強さはどこへやらの状態でした。。

 ポールを獲得するなど、予選までは調子の良かったライコネンのチームメイト フェリペ・マッサは、スピンしてグラベルに捕まり、リタイア。
  マッサについては、来季、トロロッソのセバスチャン・ベッテルに取って代わられるという噂が噴出しており、その中でのこの結果は、さらに自身を追い込むことになります。

 日本勢はトヨタの躍進が光りましたが、ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴は今ひとつに終わりました。
 予選は18位に終わり、さらに前戦でのロバート・クビサとの接触のペナルティにより最後尾スタートに回され、決勝はオーバーテイクを見せるなど、攻めたものの、スピンを喫し、最下位完走。

 若さ故か、まだまだムラがあるようです。。

 そして、私の予想の結果ですが…

  予想 結果
1位: ハミルトン(マクラーレン) ライコネン(フェラーリ)
2位: クビサ(BMWザウバー) クビサ(BMWザウバー)
3位: コバライネン(マクラーレン) コバライネン(マクラーレン)
4位: ロズベルグ(ウィリアムズ) トゥルーリ(トヨタ)
5位: ハイドフェルド(BMWザウバー) ハミルトン(マクラーレン)
6位: アロンソ(ルノー) ハイドフェルド(BMWザウバー)
7位: クルサード(レッドブル) ウェバー(レッドブル)
8位: トゥルーリ(トヨタ) アロンソ(ルノー)

 今回は2位:クビサ3位:コバライネンが的中!

 フェラーリ勢を入れなかったのは失敗でしたが、悪くない結果です。 

 今回、マクラーレンの2台には予選中のニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)に対する進路妨害のペナルティー(5グリッド降格)があったものの、マクラーレンとフェラーリの立場は開幕戦とこの第二戦で逆転しています。

 真に強く、速いのはどちらか、この判断は次戦以降に持ち越されたと見ていいでしょう。

 第3戦バーレーンGPは4月6日決勝です!

◆関連記事[F1-LIVE.com]
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/080323094808.shtml



« 前のページ次のページ »

HTML convert time: 1.584 sec. Powered by WordPress ME