2008/7/7 月曜日

【F1】第9戦イギリスGPはハミルトンが今季三勝目!!ホンダのバリチェロが3位表彰台!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 9:44:36

雨の中、果敢な走りで表彰台を獲得したルーベンス・バリチェロ(ホンダ)
<雨の中、果敢な走りで表彰台を獲得したルーベンス・バリチェロ(ホンダ)>

  イギリスGPはルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)が完勝!
  2位にBMWザウバーのニック・ハイドフェルド。3位に何と、16番グリッドからスタートのHonda Racing F1/ルーベンス・バリチェロ!

 雨のレースで大混乱となったイギリスGP。

 そんな中でも落ち着いたレース運びをしたハミルトンが母国GP初制覇を成し遂げました!

 フェラーリ勢は精彩を欠き、ライコネンは4位に入ったものの、マッサに至ってはスピンを繰り返し、最下位。
 初のポールポジションから序盤トップを走行したヘイキ・コバライネン(マクラーレン・メルセデス)もやはりスピンを喫し、5位。

 逆に雨中で素晴らしい走りを見せのは、次々とオーバーテイクを見せ、2位に入ったハイドフェルドと、タイヤ選択が功を奏したバリチェロ

 ハイドフェルドは最近、チームメイトのロバート・クビサに差を付けられ、精彩を欠いていただけに、そのうっぷんを晴らすことが出来ました。
 バリチェロの3位は、ホンダにとっては2006年ブラジルGP以来。彼自身にとっては2006年にホンダに加入して以来、初となります。

 そして、ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴も8位でポイント獲得!
 終盤、王者フェルナンド・アロンソ(ルノー)を追い詰めましたが、最終周では逆にヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)に抜かれ、後退してしまいました。。

  ドライバーズ・チャンピオンシップではハミルトン、マッサ、ライコネンの3人が同ポイントで並ぶ展開に!

 今回リタイヤのクビサは2ポイント差で4位に後退。
 以下、予想の結果です。

  予想 結果
1位 ハミルトン(マクラーレン) ハミルトン(マクラーレン)
2位 ライコネン(フェラーリ) ハイドフェルド(BMWザウバー)
3位 コバライネン(マクラーレン) バリチェロ(ホンダ)
4位 クビサ(BMWザウバー) ライコネン(フェラーリ)
5位 アロンソ(ルノー) コバライネン(マクラーレン)
6位 ハイドフェルド(BMWザウバー) アロンソ(ルノー)
7位 トゥルーリ(トヨタ) トゥルーリ(トヨタ)
8位 クルサード(レッドブル) 中嶋一貴(ウィリアムズ)

 

  今回も二つ正解!!

  優勝のハミルトンはともかく、7位トゥルーリを当てたのは、なかなか鋭かったのでは?(自画自賛w)

◆関連記事[F1-LIVE.com]
ハミルトンが雨のレースで完勝! バリチェロ3位、中嶋8位



2008/6/11 水曜日

【F1】第7戦カナダGPはクビサが初優勝!!「BMWは今やトップチーム」

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 12:05:57

左から2位:ハイドフェルド、マリオ・タイセン(BMWザウバー・ディレクター)、1位:クビサ、3位:クルサード
<左から2位:ハイドフェルド、マリオ・タイセン(BMWザウバー・ディレクター)、1位:クビサ、3位:クルサード>

  カナダGPでロバート・クビサが初優勝!BMWザウバーF1チームはハイドフェルドも2位に入り、1-2フィニッシュを達成しました!

 BMWザウバーとしても悲願だったF1での初優勝を果たし、コンストラクターズ・チャンピオンシップでも2位に。クビサはドライバーズ・チャンピオンシップのトップに浮上!

 クビサとハイドフェルドは「今の僕らはトップチームと言って構わない」と語っており、自信を深めています。

 前戦までポイントリーダーだったマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンはピットレーンでの赤信号中にフェラーリのキミ・ライコネンに突っ込むという初歩的なミスを犯し、両者ともにリタイア。

 ベテランのデビッド・クルサード(レッドブル・ルノー)が3位に入り、今季の初ポイントを獲得しています。

 ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴は一時は2位を走行するも、ホンダのジェンソン・バトンに接触し、フロントウイングを落とした挙げ句、それに乗り、コントロールを失って、クラッシュ。リタイアとなりました。

 以下、予想の結果です。

  予想 結果
1位 ハミルトン(マクラーレン) クビサ(BMWザウバー)
2位 コバライネン(マクラーレン) ハイドフェルド(BMWザウバー)
3位 クビサ(BMWザウバー) クルサード(レッドブル)
4位 ロズベルグ(ウィリアムズ) グロック(トヨタ)
5位 アロンソ(ルノー) マッサ(フェラーリ)
6位 ハイドフェルド(BMWザウバー) トゥルーリ(トヨタ)
7位 ウェバー(レッドブル) バリチェロ(ホンダ)
8位 グロック(トヨタ) ベッテル(トロロッソ)

 

  大波乱のカナダ、またも全滅です。(>_<)。

 ティモ・グロック(トヨタ)の初入賞を当てるなど、そこそこいい線は行ったのですが、さすがにこの結果は予想出来ない。。orz 

◆関連記事[F1-LIVE.com]
混乱のレースを制したクビサ、F1初優勝!
BMWザウバーは今やトップチームとドライバー陣



2008/3/17 月曜日

【F1】開幕戦オーストラリアGPはハミルトン優勝!中嶋一貴が6位入賞!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 6:38:18

左から、2位:ハイドフェルド(BMWザウバー)、優勝:ハミルトン(マクラーレン)、3位:ロズベルグ(ウィリアムズ)

 F1 2008年シーズン開幕戦オーストラリアGPは波乱の展開となりました。

 まずは、優勝候補の筆頭に挙げられていたフェラーリが惨敗…。

 昨年のチャンピオン、キミ・ライコネンは予選中にマシントラブルでストップし、16番グリッド。決勝でも幾度かのスピンで順位を下げ、終盤には再びストップしたものの、何とか8位完走扱い。
 チームメイトのフェリペ・マッサもレース中盤にデビッド・クルサード(レッドブル・ルノー)と接触し、その後、姿を消しました。

 一方で、オフのテストではなりを潜めていたBMWザウバーが真価を発揮し、予選でロバート・クビサがコースオフしながらも2番グリッド獲得。
 決勝ではニック・ハイドフェルドが2位に入りました。

 そんな中、無傷の勝利を飾ったのは、昨年のゴールデン・ルーキー、ルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)でした。

 荒れたレースで走りきったのは7台。
 このうち、6位でチェッカーをうけたルーベンス・バリチェロ(ホンダ)がピットレーンでの赤信号無視のペナルティを課せられ、失格となり、7位チェッカーの中嶋一貴(ウィリアムズ・トヨタ)が6位入賞!
 トラブルで多くのマシンが潰えた結果とはいえ、最後まで生き残ってポイントを獲得したのは立派です。

 ウィリアムズはニコ・ロズベルグも自身初の表彰台となる3位を獲得し、コンストラクターズ・ランキング2位につけています。

 二連覇王者フェルナンド・アロンソ(ルノー)は、マクラーレン・メルセデスのヘイキ・コバライネンと抜きつ抜かれつのバトルを繰り広げ、4位。
 ルノーの戦闘力の低さからすれば、これも立派です。

 そして、私の予想の結果ですが…

  予想 結果
1位: ライコネン(フェラーリ) ハミルトン(マクラーレン)
2位: マッサ(フェラーリ) ハイドフェルド(BMWザウバー)
3位: ハミルトン(マクラーレン) ロズベルグ(ウィリアムズ)
4位: ロズベルグ(ウィリアムズ) アロンソ(ルノー)
5位: アロンソ(ルノー) コバライネン(マクラーレン)
6位: ハイドフェルド(BMWザウバー) 中嶋一貴(ウィリアムズ)
7位: クルサード(レッドブル) ブルデー(トロロッソ)
8位: トゥルーリ(トヨタ) ライコネン(フェラーリ)

 はい、見事に一つも当たりませんでした!w

 終盤に4位走行中のセバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)が止まるまでは5位:アロンソだったのになぁ。。

 さて、気になる次戦は今週末、マレーシアGPです!

 中嶋一貴はロバート・クビサ(BMWザウバー)に追突してリタイアに追い込んだペナルティを取られ、予選グリッドが10降格させられることが決まっていますが…粘り強く頑張ってほしい!

◆関連記事[F1-LIVE.com]
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/080316074255.shtml
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/080316154534.shtml



HTML convert time: 0.408 sec. Powered by WordPress ME