2008/7/7 月曜日

【F1】第9戦イギリスGPはハミルトンが今季三勝目!!ホンダのバリチェロが3位表彰台!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 9:44:36

雨の中、果敢な走りで表彰台を獲得したルーベンス・バリチェロ(ホンダ)
<雨の中、果敢な走りで表彰台を獲得したルーベンス・バリチェロ(ホンダ)>

  イギリスGPはルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)が完勝!
  2位にBMWザウバーのニック・ハイドフェルド。3位に何と、16番グリッドからスタートのHonda Racing F1/ルーベンス・バリチェロ!

 雨のレースで大混乱となったイギリスGP。

 そんな中でも落ち着いたレース運びをしたハミルトンが母国GP初制覇を成し遂げました!

 フェラーリ勢は精彩を欠き、ライコネンは4位に入ったものの、マッサに至ってはスピンを繰り返し、最下位。
 初のポールポジションから序盤トップを走行したヘイキ・コバライネン(マクラーレン・メルセデス)もやはりスピンを喫し、5位。

 逆に雨中で素晴らしい走りを見せのは、次々とオーバーテイクを見せ、2位に入ったハイドフェルドと、タイヤ選択が功を奏したバリチェロ

 ハイドフェルドは最近、チームメイトのロバート・クビサに差を付けられ、精彩を欠いていただけに、そのうっぷんを晴らすことが出来ました。
 バリチェロの3位は、ホンダにとっては2006年ブラジルGP以来。彼自身にとっては2006年にホンダに加入して以来、初となります。

 そして、ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴も8位でポイント獲得!
 終盤、王者フェルナンド・アロンソ(ルノー)を追い詰めましたが、最終周では逆にヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)に抜かれ、後退してしまいました。。

  ドライバーズ・チャンピオンシップではハミルトン、マッサ、ライコネンの3人が同ポイントで並ぶ展開に!

 今回リタイヤのクビサは2ポイント差で4位に後退。
 以下、予想の結果です。

  予想 結果
1位 ハミルトン(マクラーレン) ハミルトン(マクラーレン)
2位 ライコネン(フェラーリ) ハイドフェルド(BMWザウバー)
3位 コバライネン(マクラーレン) バリチェロ(ホンダ)
4位 クビサ(BMWザウバー) ライコネン(フェラーリ)
5位 アロンソ(ルノー) コバライネン(マクラーレン)
6位 ハイドフェルド(BMWザウバー) アロンソ(ルノー)
7位 トゥルーリ(トヨタ) トゥルーリ(トヨタ)
8位 クルサード(レッドブル) 中嶋一貴(ウィリアムズ)

 

  今回も二つ正解!!

  優勝のハミルトンはともかく、7位トゥルーリを当てたのは、なかなか鋭かったのでは?(自画自賛w)

◆関連記事[F1-LIVE.com]
ハミルトンが雨のレースで完勝! バリチェロ3位、中嶋8位



2008/6/23 月曜日

【F1】第8戦フランスGPはマッサが今季三勝目!!トヨタが二年振りの表彰台!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 8:30:06

左から2位:ライコネン、1位:マッサ、3位:トゥルーリ
<左から2位:ライコネン、1位:マッサ、3位:トゥルーリ>

  フランスGPはフェラーリ完勝!
 トヨタのトゥルーリが2006年オーストラリアGP(ラルフ・シューマッハ)以来の表彰台をチームにプレゼントしました!

 2002年にパナソニック・トヨタ・レーシングをF1へと導き、初代チーム代表を務めた、“トヨタF1の父”とも言えるオベ・アンダーソン氏が11日にラリーレース中の事故で亡くなっており、今回の表彰台は、彼に捧げるものとなりました。
 マシンにもレーシングスーツにも喪章を付けてレースに臨んだトヨタF1チームですが、そのレースでこうやって結果を出すことが出来、本当に良かったと思います。

 スタートからトップを走行していたキミ・ライコネン(フェラーリ)はエンジン右バンクのエギゾーストが破損。ペースダウンを強いられ、チームメイトのフェリペ・マッサにトップを譲りました。

 フェラーリ勢に次ぐ3番グリッドからスタートしたルノーのフェルナンド・アロンソはスタートで大きく順位を落とし、8位。チームメイトのネルソン・ピケJr.が7位で初入賞を果たしています。

 マクラーレンのルイス・ハミルトンは前戦のクラッシュのペナルティで10グリッド降格。レースも10位に終わりました。
 今年のハミルトンは浮き沈みが激しく、昨年前半のような安定感がありません。タイトルを獲得するには、安定感こそが大事なのですが…。

 ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴は15位完走となっています。

 以下、予想の結果です。

  予想 結果
1位 ライコネン(フェラーリ) マッサ(フェラーリ)
2位 マッサ(フェラーリ) ライコネン(フェラーリ)
3位 ハミルトン(マクラーレン) トゥルーリ(トヨタ)
4位 コバライネン(マクラーレン) コバライネン(マクラーレン)
5位 クビサ(BMWザウバー) クビサ(BMWザウバー)
6位 ハイドフェルド(BMWザウバー) ウェバー(レッドブル)
7位 アロンソ(ルノー) ピケJr.(ルノー)
8位 トゥルーリ(トヨタ) アロンソ(ルノー)

 

  今回は二つ正解!!

 その他にも、フェラーリ勢、ルノー勢の途中逆転がなかったら…と考えると、かなりいい予想だったのではないでしょうか!? 

◆関連記事[F1-LIVE.com]
マッサが完勝! ライコネン2位、トゥルーリ3位



2008/2/29 金曜日

【F1】開幕前最後の合同テスト、トヨタがトップタイムで締め括る!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 7:13:35

トヨタTF108を駆るヤルノ・トゥルーリ

 2月25~27日、スペイン・バルセロナのカタロニア・サーキットにおいて、今季F1開幕前最後の合同テストが行われました。

 今回のテストでトップタイムを記録したのは、初日(19台中)、二日目(19台中)が、今季もタイトルを争うと見られるルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)だったのですが、最終日(19台中)に、これまでなりを潜めていたトヨタのヤルノ・トゥルーリが来ました!

 トゥルーリのこのタイムは予選シミュレーションによるもので、燃料搭載量や使用タイヤの関係もあるため、手放しでは喜べない結果なのですが、三日間の最速となるタイムでした。

 最終日2位はレッドブル・ルノーのデビッド・クルサード。3位はウィリアムズ・トヨタのニコ・ロズベルグ。

 マクラーレンとフェラーリはその下という結果になりましたが、オフのテストを終えた関係者の見方では、最速はフェラーリ、それを追うのがマクラーレン。その下が、レッドブル、ウィリアムズ、ルノー、BMWザウバーの争いとなるだろうとのことです。

 最後の最後でトヨタのトゥルーリがトップタイムを記録したものの、オフのテストを通し、このトヨタ、ホンダ、スーパーアグリの日本系3チームが今ひとつだったのは、残念でした。
 というか、ホンダ、スーパーアグリについては、かなり心配…。。

 また、今回のバルセロナ合同テストでは、初日にミハエル・シューマッハがフェラーリF2008をドライブし、同じフェラーリのキミ・ライコネンに次ぐ3番手に入っています。

◆バルセロナ合同テスト初日結果[F1-LIVE.com]
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/080225230649.shtml

◆バルセロナ合同テスト2日目結果[F1-LIVE.com]
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/080226192150.shtml

◆バルセロナ合同テスト最終日結果[F1-LIVE.com]
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/080227191928.shtml



HTML convert time: 0.378 sec. Powered by WordPress ME