2008/5/12 月曜日

【F1】第5戦トルコGPはマッサ優勝!中嶋一貴は初のリタイア…。

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 8:41:55

ハミルトン(マクラーレン)を抑え、トップを走行するマッサ(フェラーリ)
<ハミルトン(マクラーレン)を抑え、トップを走行するマッサ(フェラーリ)>

  第5戦トルコGPはフェラーリのフェリペ・マッサが今季二勝目を挙げました。

 マッサはトルコGP三連覇で、イスタンブールのコースと相性のいいところを見せました。

 マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンが2位に入り、復調の兆しを見せましたが、コンストラクターズ・チャンピオンシップでは、首位フェラーリ:63ポイントに対して、マクラーレンは21ポイント差のランキング3位(※ランキング2位はBMWザウバー:44ポイント)と、タイトルに向け、そろそろヤバイ状況です。

 トヨタ、ホンダの4台は完走したもののポイント圏外。
 ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴はスタート直後にフォース・インディアのジャンカルロ・フィジケラに追突され、初のリタイアを喫しています。

 以下、予想の結果です。

  予想 結果
1位 マッサ(フェラーリ) マッサ(フェラーリ)
2位 ライコネン(フェラーリ) ハミルトン(マクラーレン)
3位 ハミルトン(マクラーレン) ライコネン(フェラーリ)
4位 クビサ(BMWザウバー) クビサ(BMWザウバー)
5位 アロンソ(ルノー) ハイドフェルド(BMWザウバー)
6位 ハイドフェルド(BMWザウバー) アロンソ(ルノー)
7位 トゥルーリ(トヨタ) ウェバー(レッドブル)
8位 ロズベルグ(ウィリアムズ) ロズベルグ(ウィリアムズ)

 

  今回はこれまでで最多の3つ正解!

 今季はポイント獲るドライバーがほぼ決まってきている感があるので、当てやすいことは間違いないのですが…。 

◆関連記事[F1-LIVE.com]
マッサがトルコで3連覇!

  分かってはいたけど、スーパーアグリが出ていないと、あまり燃えないなぁ。。

 たとえ最後尾を走っていても、「琢磨&スーパーアグリなら、何かやってくれる!」という思いがあっただけに。orz

 鈴木亜久里さんも「誰かが僕にポンと1,000億円ぐらいくれて『やってもいいよ』って言ってくれたら、また3年ぐらいF1をやるかな(笑)。」と言っていたので、日本の企業の皆さん、宜しくお願いします。苦笑



2008/5/9 金曜日

【F1】佐藤琢磨、F1引退はしない&第5戦レース結果予想

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 9:47:46

SA08Aのノーズ部分
<SA08Aのノーズ部分>

  6日、衝撃的な撤退発表を行ったスーパーアグリF1チーム。

 同チームの資産は管財人の下に置かれているとのことで、彼らの説明によれば、既に“複数の組織が興味を示している”とのことです。

 一方、スーパーアグリの消滅によって、今季のシートを失う形となった佐藤琢磨アンソニー・デビッドソンですが、ともにF1引退の意思はなく、残留の道を模索しているようです。

 以下は琢磨のコメントの一部抜粋です。

「スーパーアグリF1チームがF1から撤退したことが悲しく、残念だという以外に、いまの自分の気持ちを表す言葉は見つかりません」

「チームが非常に難しい状態にあることは分かっていましたが、この件に関係しているすべての人たちが何とかして解決策を見出してくれることを心から期待していました。どんな理由があったとしても、そうならなかったことが残念で仕方ありません」

「また、亜久里さんがこれまで僕たちのためにしてくれたすべてのことに、深い敬意を抱いています。物事を進めるために懸命の努力を続けてきてくれました。チームのスタッフ全員が全身全霊を傾けてきてくれたことも決して忘れることはできないし、SAF1の短い歩みのなかで彼らが達成してくれたことにも心から感謝しています。チームの初ポイントを獲得したのがたった1年前だったことがいまでは信じられませんし、それからたった1年で、そのときの喜びや興奮が落胆に転じるとは思いもよりませんでした」

「これまではSAF1と共にレースすることに全力を投じてきたので、いまはまだ次に進む道がどうなるのかはわかりません。マネジャーとともに今後の可能性を探り、しかるべきときがきたら発表するつもりです。しかしながら、僕はF1から引退するつもりはまったくありません。僕は今まさに、自分自身これまでのなかで最高のドライビングができる状態にあると信じていますし、僕のこれまでのキャリアを通じて信じられないほど熱心にサポートしてきてくれた日本や世界中のファンのみなさんに、もっともっと力強いレースをお見せしたいのです」

 
 私も「チームが非常に難しい状態にあることは分かっていましたが、この件に関係しているすべての人たちが何とかして解決策を見出してくれることを心から期待していました。どんな理由があったとしても、そうならなかったことが残念で仕方ありません」には全く同感です。

 ただ、当然、スーパーアグリF1チームの中にいて、そこで全てを賭け、闘ってきた琢磨の方が、ショックははるかに大きいに違いありません。

  これまでの経験を肥やしにして、さらにF1の世界で活躍してくれることを切に期待します!

◆関連記事[F1-LIVE.com]
SUPER AGURIは管財人の手に
琢磨、F1引退を否定
デビッドソン、F1残留を希望

 そして、恒例のレース結果予想コーナーです。

F1 2008シーズンR5 トルコGP レース結果予想
1位:マッサ(フェラーリ)
2位:ライコネン(フェラーリ)
3位:ハミルトン(マクラーレン)
4位:クビサ(BMWザウバー)
5位:アロンソ(ルノー)
6位:ハイドフェルド(BMWザウバー)
7位:トゥルーリ(トヨタ)
8位:ロズベルグ(ウィリアムズ)

 しかし、サーキットにスーパーアグリの姿がないことが未だに信じられません。

  その喪失感は、トルコGPの予選、決勝をテレビで観たときに、一層やってくるのではないかと思います…。



2008/5/7 水曜日

【F1】スーパーアグリ、F1撤退を発表

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 8:03:45

スーパーアグリ with 佐藤琢磨
<スーパーアグリ with 佐藤琢磨>

 恐れていたことが現実となってしまいました。

  6日(火)、都内で“SUPER AGURI F1 TEAM緊急記者会見”が開催され、鈴木亜久里代表がスーパーアグリF1チームのF1からの即時撤退を発表したのです。

 チームはドイツの自動車関連企業「ワイグル・グループ」との契約が目前でしたが、ホンダ・レーシングF1チームのCEOであるニック・フライが、ホンダ本社の断りもなく、F1を統括するFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)に対し、「スーパーアグリはトルコGPには出場しない」旨を伝え、チームのトランスポーターがサーキットからの締め出しを食らっていました。

 フライCEOは以前からスーパーアグリの存続に否定的な発言を繰り返しており、「ワイグル・グループ」との提携も「ありそうもない」と語っていました。

 彼の発言には亜久里代表も不快感を示しているようですが、いずれにしろ、成立直前まで行っていたマグマ・グループとの契約が二週間前に白紙となった時点で、代表は撤退を覚悟したといいます。

 昨シーズンのメインスポンサーだったSSユナイテッドの契約不履行により、財政難に陥ったスーパーアグリは、新たに話を進めてきた同グループとの契約が破談となった時点で、生き残るのは厳しかったのでしょう。

 昨日、チーム存続を訴え、青山のホンダ本社前に集まった大勢のスーパーアグリ・ファン。

 残念ながら、その願いは届きませんでしたが、私はこの日本のドリームチームの歴史を忘れません。

  2年半にも満たない活動期間でしたが、一昨年ブラジルGPでは驚異のタイムをマークし、昨年スペインGPでルノー・フィジケラを逆転しての初入賞!カナダGPではマクラーレンの王者アロンソをオーバーテイクし、6位入賞を果たしました!!

 今年に入っても、佐藤琢磨アンソニー・デビッドソンの二人は、走らないマシンで度々トップチームのマシンを押さえ込んでみせています。

  年間200億円から300億円の予算があってもテストを行うのも厳しいという現代のF1において、自分たちの倍以上の資金と技術を投資する巨大自動車メーカーのチームに立ち向かい、数々の奇跡を見せてくれた、本当のレーシング・スピリットを持つスーパーアグリF1チームに「本当にありがとう!」そして、「お疲れ様でした!」と言いたいと思います。

 ファンとしてはもちろん、悲しさ・悔しさもありますが、亜久里代表の「やってよかったよ。苦しい部分はあったけど、夢をかなえられる人生を与えてくれた神様に感謝している」という言葉に、救われた気がしました。

◆関連記事[F1-LIVE.com]
SUPER AGURI、F1撤退
亜久里代表、「F1即時撤退」を発表
SAF1ファンはHonda本社前に集結



2008/5/2 金曜日

サンホラコミック『Roman』はオススメ!5/2付キーワード☆ランキング

Filed under: キーワード☆ランキング — なにこれ nakamura @ 14:42:47

皆様がどんな言葉の検索でこのブログを訪れているかを大発表!
今回は二週分纏めての発表です!

第9回キーワード☆ランキング
[統計期間4/17-4/24]

1. スーパーアグリ
2. マグマ・グループ
3. マックス モズレー
4. sound horizon コミック
5. マックス・モズレー ビデオ
6. モズレー youtube
7. “the lost canvas冥王神話”
8. 2008f1参加チーム集
9. ark 漫画 桂遊生丸
10. attack all around 1万枚限定

第10回キーワード☆ランキング
[統計期間4/25-4/30]

1. f1 スーパーアグリ
2. f1 レッドブル
3. roman sound horizon 桂遊生丸
4. roman 桂 遊生丸
5. youtube マックス・モズレー
6. サウンドホライズン ウルトラジャンプ
7. サウンドホライズン 歌詞 恋人を射ち堕とした日
8. サンホラ コミック
9. スペインgp
10. スーパーアグリ 存続

コミック版『Roman』第1巻
<コミック版『Roman』第1巻>

 という訳で、今まさに危機を迎えているスーパーアグリF1チームの関連ワードが多くランクインしていますが、サンホラ(Sound Horizon)コミック版『Roman』第1巻(原曲:Sound Horizon・漫画:桂遊生丸)などの記事も引き続き強いです。

 私、このコミックを買って読んだのですが。

  良かったです!

  泣けました!

 特に「星屑の革紐」がオススメかな。

 サンホラの5th story CD『Roman』の解釈の一つとして受け止められるのであれば、ファンの方には是非読んでもらいたい一冊です!



2008/5/1 木曜日

【F1】スーパーアグリ、“運命の水曜日”を終え…

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 6:49:10

SA08Aを駆る佐藤琢磨
<SA08Aを駆る佐藤琢磨>

 30日(水)にチームの「今後」についての最後の会議が東京のホンダ本社で行われたと見られるスーパーアグリF1チームですが、今のところ、表立った動きは見られません。

 スペインGP後、ここまでの、スーパーアグリF1に関する主なニュースを纏めてみました。

・29日、FOM(Formula One Management)、FOA(Formula One Administration)のCEOで、F1界の最高権威と言われるバーニー・エクレストンが、スペインGPでスーパーアグリを救済したことを明かすとともに、同チームの今後に悲観的な見方を示す。

◆関連記事[F1-LIVE.com]
エクレストン、SAF1の存続に悲観的

・30日、ホンダは次戦トルコGPに向けたスーパーアグリの救済を否定。産経新聞は「われわれはこれ以上、レースごとを原則とする救援を行うつもりはありません」というHONDA首脳陣の発言を報道。

◆関連記事[F1-LIVE.com]
Honda、SUPER AGURIへのさらなる支援を否定

・ドイツの自動車技術企業『Weigl Group(ワイグル・グループ)』は、同社が財政難に苦しむスーパーアグリの救世主となるとの報道を一蹴。

◆関連記事[F1-LIVE.com]
ワイグル社、SUPER AGURI救済との報道を一蹴

 こう見ていくと、全くと言っていいほど、ポジティブなニュースがありません。。

 もちろん、鈴木亜久里代表がただ手をこまねいているということはなく、マグマ・グループを始めとした投資家たちとの水面下での交渉が続いているということは考えられますが、こういった交渉ごとは基本的に、成立するまでは発表されず、不透明なままです。

 正直、八方塞がりな感は否めないのですが、ファン個々人がいくら応援しようと、F1チームのスポンサーになることは出来ません。

  ただ、今は、私たちの声を、多くの企業の目に付くところ、耳に入るところに届けて、同チームへの関心をあおることくらいしか出来ないので、こうやってブログに記事を書くことで、ニュースとして、少しでも大きく取り上げられるようになればと思います。



« 前のページ次のページ »

HTML convert time: 0.391 sec. Powered by WordPress ME