2008/8/4 月曜日

【F1】第11戦ハンガリーGPはコバライネンが初優勝!!トヨタのグロックが2位!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 7:58:20

左から2位:グロック、1位:コバライネン、3位:ライコネン
<左から2位:グロック、1位:コバライネン、3位:ライコネン>

  ハンガリーGPでヘイキ・コバライネン(マクラーレン・メルセデス)が初優勝を達成!2位に初表彰台となるティモ・グロック(トヨタ)!
  終盤までレースをリードしたフェリペ・マッサ(フェラーリ)は残り3周でストップ!!

 予選までの流れから、マクラーレン・メルセデス&ルイス・ハミルトンが危なげなく優勝を飾るかと思われていたハンガリーGP。
 しかし、スタートでトップを奪ったのは、フェラーリのフェリペ・マッサでした!

 マッサは快調にトップを走行するものの、残り3周でまさかのエンジンブロー。
 ハミルトンも41週目にタイヤトラブルでピットインを余儀なくされ、大きく後退。

 これにより、その二人の背後に付けていたコバライネンがデビューから28戦目にして初優勝を飾ったのでした!

 グロックは一回目のピットストップで大きくタイムロスするものの、最後はキミ・ライコネン(フェラーリ)の猛チャージを凌ぎ切り、トヨタにとって2005年以来となる2位を獲得!

 ルノーはフェルナンド・アロンソ4位、ネルソン・ピケJr.6位と、ダブル入賞。
 逆に、BMWザウバーはロバート・クビサが8位に入るのがやっとでした。

 ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴はチームメイト ニコ・ロズベルグの前、13位で完走。

 その他、フォース・インディアのジャンカルロ・フィジケラがホンダのルーベンス・バリチェロ、トロロッソのセバスチャン・ブルデーを抑え、15位と、健闘しました。

【第11戦ハンガリーGP決勝結果】
1位:ヘイキ・コバライネン(マクラーレン・メルセデス)
2位:ティモ・グロック(トヨタ)
3位:キミ・ライコネン(フェラーリ)
4位:フェルナンド・アロンソ(ルノー)
5位:ルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)
6位:ネルソン・ピケJr.(ルノー)
7位:ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
8位:ロバート・クビサ(BMWザウバー)

  ドライバーズ・チャンピオンシップではハミルトンが首位をキープ!ライコネン、マッサ、クビサと続きます。
  首位に躍り出たかったマッサは残念!

 F1は三週間の夏休みを挟み、次戦ヨーロッパGP(バレンシア市街地コース)は8月24日決勝です!
◆関連記事[F1-LIVE.com]
コバライネンが初優勝! グロック2位! マッサにトラブル



2008/4/28 月曜日

【F1】第4戦スペインGPはライコネン優勝!ホンダ今季初入賞&中嶋一貴が7位入賞!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 11:38:24

力強い走りで二度目の入賞を果たした中嶋一貴(ウィリアムズ・トヨタ)
<力強い走りで二度目の入賞を果たした中嶋一貴(ウィリアムズ・トヨタ)>

   F1 2008年シーズン第4戦スペインGPは今季初のポール・ポジションからスタートしたフェラーリのキミ・ライコネンが今季二勝目を挙げました。

  また、地元の英雄フェルナンド・アロンソ(ルノー)が大躍進を遂げ、予選でフロントローにつけたものの、決勝はマシントラブルによりリタイア。

 そして、マクラーレンはルイス・ハミルトンが3位に入ったものの、チームメイトのヘイキ・コバライネンは時速220km/hでタイヤバリヤに突っ込むという、大クラッシュを演じてしまいました!
 幸いにも外傷はなく、脳へのダメージも見つかっていないとのことです。

  そして、ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴が7位に入賞!

 初めてチームメイトのニコ・ロズベルグを上回るグリッド(12番手)からスタートした一貴は、これで開幕から4戦を終えて5ポイントを獲得したことになります。

 日本勢ではホンダの今季初入賞も嬉しいニュースでしょう!
 空力のアップデートが結果に反映され、ジェンソン・バトンが6位に入っています。

 参戦が心配されたスーパーアグリの佐藤琢磨も元気な走りを見せ、BMWザウバーのニック・ハイドフェルドとバトルを繰り広げ、13位で完走を果たしています。

 そして、私の予想の結果ですが…

  予想 結果
1位 マッサ(フェラーリ) ライコネン(フェラーリ)
2位 ハミルトン(マクラーレン) マッサ(フェラーリ)
3位 ライコネン(フェラーリ) ハミルトン(マクラーレン)
4位 コバライネン(マクラーレン) クビサ(BMWザウバー)
5位 クビサ(BMWザウバー) ウェバー(レッドブル)
6位 ハイドフェルド(BMWザウバー) バトン(ホンダ)
7位 アロンソ(ルノー) 中嶋一貴(ウィリアムズ)
8位 クルサード(レッドブル) トゥルーリ(トヨタ)

 今回は一つも当たりませんでした。。orz

 コバライネンしかりハイドフェルドしかり、思いのほか、上位陣が崩れたことが予想外でした。
 う~ん…、予想って難しい!

 しかし、ルノー アロンソの復活、ホンダの戦力アップもあり、今後のレースが楽しみです。

 容態が心配されたコバライネンは次戦トルコGPには出場出来る見込みとのこと。

  そして、一日も早く、スーパーアグリF1チームに関する、いいニュースを聞きたいものです!

 バルセロナでの鈴木亜久里代表は一段とやつれた表情をしていました。。

  イスタンブールにて行われる次戦トルコGPは5月11日決勝です!

◆関連記事[F1-LIVE.com]
ライコネンが圧勝! コバライネンは大クラッシュ



2008/3/18 火曜日

【F1】大丈夫か?ピケJr.の不振&第二戦レース結果予想

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 7:07:36

R28を駆るピケJr.
<R28を駆るピケJr.>

 去る者もいれば、新しく入ってくる者もいます。

 今季F1にデビューした新人は、ルノーのネルソン・ピケJr.、ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴、トヨタのティモ・グロック、トロロッソのセバスチャン・ブルデーの四人(昨シーズン中盤にデビューしたトロロッソのセバスチャン・ベッテルは除く)ですが、その中でも最も期待されていたのは、二連覇王者アロンソのチームメイトとしてF1キャリアをスタートさせたネルソン・ピケJr.ではないでしょうか。

 彼は80年代に三度F1王者に輝いたブラジルの英雄ネルソン・ピケの息子で、一昨年のGP2でハミルトンのライバルとして闘い、ランキング2位。
 昨年はルノーのサード・ドライバーを務めました。

 鳴り物入りでF1デビューを飾り、ひょっとしたら昨年のハミルトンの如くアロンソを追い詰めるのではとも思われていたピケJr.でしたが、予選では、ぶっつけ本番となったスーパーアグリの2台に埋もれる、ブービーの21位。
 決勝でも、スタート直後の混乱に乗じてジャンプアップを果たしたものの、接触によってマシンのリアにダメージを負い、リタイアとなっています。

 一方でチームメイトのアロンソは古巣マクラーレンで自身の後釜に座ったヘイキ・コバライネンを抑えきり、4位入賞。ピケJr.とは対照的な結果を残しました。

 そのコバライネンは昨年、ルノーのドライバーだったのですが、同じく開幕戦のオーストラリアGPで予選、決勝とも下位に埋もれ、チーム代表のフラビオ・ブリアトーレから厳しく批判されました。

 ところが、ブリアトーレは今回のピケJr.に対し、「コバライネンはデビューまでに3万キロも走破したのに対し、ネルシーニョはまだ1万キロしか走ってないからね」と擁護し、「この経験をきっと次のレースでは活かしてくれることだろう」と締め括っています。

 この裏には、彼をバックアップする偉大なチャンピオン、ネルソン・ピケの存在があるのかもしれませんが、結果を出さなければ、いつ更迭されてもおかしくないのが、F1の世界。

 このピケJr.を含め、今年の新人たちの中で誰が生き残るのか、注目です。

◆関連記事[F1-LIVE.com]
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/080317155107.shtml

 そして、第二戦マレーシアGPは早くも今週末。というところで、予想いきます!

F1 2008シーズンR2 マレーシアGP レース結果予想
1位:ハミルトン(マクラーレン)
2位:クビサ(BMWザウバー)
3位:コバライネン(マクラーレン)
4位:ロズベルグ(ウィリアムズ)
5位:ハイドフェルド(BMWザウバー)
6位:アロンソ(ルノー)
7位:クルサード(レッドブル)
8位:トゥルーリ(トヨタ)

 フェラーリ・エンジンを積むマシン(フェラーリ、トロロッソ、フォース・インディア)が高温多湿のセパンで生き残れるとはちょっと思えないためf^_^;、あえて彼らを外してみました。。



HTML convert time: 0.348 sec. Powered by WordPress ME