2008/8/25 月曜日

【F1】第12戦ヨーロッパGPはマッサが今季4勝目!!トヨタW入賞!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 12:37:01

前戦の無念を払拭し、会心の勝利を手にしたマッサ
<前戦の無念を払拭し、会心の勝利を手にしたマッサ>

  初開催となったスペイン・バレンシア市街地サーキットでのヨーロッパGPを制したのは、前戦、ラスト3周でエンジンブローに泣いたフェラーリのマッサでした!

 予選でのポール獲得、決勝でのファステスト・ラップ記録、そして、優勝と、まさに完璧な終末を過ごしたフェリペ・マッサ
 これで、2位に入ったルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)に、ドライバーズチャンピオンシップでも6ポイント差と迫りました。

 逆に、エンジンブローによりリタイアを喫したキミ・ライコネンはハミルトンから13ポイント差の3位に後退。
 フェラーリの信頼性の低さは、今後に向けて、大きな不安材料と言えます。

 ハミルトンは首に痛みを抱えながらの2位表彰台。
 体調に不安を抱える中で、健闘したと言えると思います。

 日本勢では、トヨタのヤルノ・トゥルーリ5位、ティモ・グロックが7位と、W入賞を達成!

 ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴はオープニングラップで地元の英雄フェルナンド・アロンソ(ルノー)と接触し、フロントウィングを破損して後退。完走したものの、15位に留まりました。

 一方のアロンソはリタイア。
 今季不本意なレースが続く元王者は、来季、HONDA、BMW、フェラーリの3チームへの移籍が囁かれています。

【第12戦ヨーロッパGP決勝結果】
1位:フェリペ・マッサ(フェラーリ)
2位:ルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)
3位:ロバート・クビサ(BMWザウバー)
4位:ヘイキ・コバライネン(マクラーレン・メルセデス)
5位:ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
6位:セバスチャン・ベッテル(トロロッソ・フェラーリ)
7位:ティモ・グロック(トヨタ)
8位:ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ・トヨタ)

  次戦ベルギーGPは9月7日決勝、その翌週にはヨーロッパラウンドの最終戦となるイタリアGPが控えています。
  いよいよ佳境に入ったタイトル争いから目が離せません!!

◆関連記事[F1-LIVE.com]
マッサがポール・トゥ・ウイン! ライコネンはエンジンブロー



2008/6/23 月曜日

【F1】第8戦フランスGPはマッサが今季三勝目!!トヨタが二年振りの表彰台!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 8:30:06

左から2位:ライコネン、1位:マッサ、3位:トゥルーリ
<左から2位:ライコネン、1位:マッサ、3位:トゥルーリ>

  フランスGPはフェラーリ完勝!
 トヨタのトゥルーリが2006年オーストラリアGP(ラルフ・シューマッハ)以来の表彰台をチームにプレゼントしました!

 2002年にパナソニック・トヨタ・レーシングをF1へと導き、初代チーム代表を務めた、“トヨタF1の父”とも言えるオベ・アンダーソン氏が11日にラリーレース中の事故で亡くなっており、今回の表彰台は、彼に捧げるものとなりました。
 マシンにもレーシングスーツにも喪章を付けてレースに臨んだトヨタF1チームですが、そのレースでこうやって結果を出すことが出来、本当に良かったと思います。

 スタートからトップを走行していたキミ・ライコネン(フェラーリ)はエンジン右バンクのエギゾーストが破損。ペースダウンを強いられ、チームメイトのフェリペ・マッサにトップを譲りました。

 フェラーリ勢に次ぐ3番グリッドからスタートしたルノーのフェルナンド・アロンソはスタートで大きく順位を落とし、8位。チームメイトのネルソン・ピケJr.が7位で初入賞を果たしています。

 マクラーレンのルイス・ハミルトンは前戦のクラッシュのペナルティで10グリッド降格。レースも10位に終わりました。
 今年のハミルトンは浮き沈みが激しく、昨年前半のような安定感がありません。タイトルを獲得するには、安定感こそが大事なのですが…。

 ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴は15位完走となっています。

 以下、予想の結果です。

  予想 結果
1位 ライコネン(フェラーリ) マッサ(フェラーリ)
2位 マッサ(フェラーリ) ライコネン(フェラーリ)
3位 ハミルトン(マクラーレン) トゥルーリ(トヨタ)
4位 コバライネン(マクラーレン) コバライネン(マクラーレン)
5位 クビサ(BMWザウバー) クビサ(BMWザウバー)
6位 ハイドフェルド(BMWザウバー) ウェバー(レッドブル)
7位 アロンソ(ルノー) ピケJr.(ルノー)
8位 トゥルーリ(トヨタ) アロンソ(ルノー)

 

  今回は二つ正解!!

 その他にも、フェラーリ勢、ルノー勢の途中逆転がなかったら…と考えると、かなりいい予想だったのではないでしょうか!? 

◆関連記事[F1-LIVE.com]
マッサが完勝! ライコネン2位、トゥルーリ3位



2008/5/30 金曜日

佐藤琢磨関連が上位!5/30付キーワード☆ランキング

Filed under: キーワード☆ランキング — なにこれ nakamura @ 15:07:12

皆様がどんな言葉の検索でこのブログを訪れているかを大発表!
今回より二週間分の合計です!

5/30付キーワード☆ランキング
[統計期間5/15-5/28]

1. 佐藤琢磨 ルノー
2. 琢磨 ルノー
3. f1 佐藤琢磨
4. f1 佐藤琢磨 ブログ
5. マックス・モズレー
6. 中嶋一貴 モナコ
7. 佐藤琢磨
8. moira サンホラ
9. f1第6戦
10. 佐藤 ルノー

佐藤琢磨
<佐藤琢磨>

 という訳で、F1残留に向けて水面下で交渉を行っていると思われる佐藤琢磨関係の言葉が上位に並びました。

 スーパーアグリの撤退後、日本のファンの関心はやはり佐藤琢磨ということでしょうか。

 琢磨ネルソン・ピケJr.の後釜としてルノー入りの噂が囁かれていますが、スーパーアグリの同僚だったアンソニー・デビッドソン、ルノーのデモランを担当することになったロバート・ドーンボスと、ライバルも多く、まだ何ともいえない状況です。

 ドーンボスは元ミナルディ、レッドブルのドライバーですが、ルノーのメインスポンサーであるINGグループの本拠地オランダの出身であることから、油断出来ない相手となります。

 まぁ、後釜云々というのも、ネルソンの不振が続いた場合の話なのですが。。

  とにもかくにも、琢磨には何とか復帰を果たしてもらいたいものです!



2008/5/19 月曜日

【F1】佐藤琢磨、ルノーでF1復帰?

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 8:01:57

ルノー入りの可能性が浮上した佐藤琢磨
<ルノー入りの可能性が浮上した佐藤琢磨>

  スーパーアグリF1チームの撤退とともにシートを失っていた佐藤琢磨ですが、今期中にもルノー入りの可能性があると報道され、注目を集めています。

 これは、今季ルノーからF1デビューを果たしたネルソン・ピケJr.の不振に、チームが後任ドライバーを検討しているとの記事が、権威あるフランスの『オート・エブド』誌に載ったものです。

 確かに、チームメイトのフェルナンド・アロンソと比べても、同じルーキーの中嶋一貴(ウィリアムズ・トヨタ)ティモ・グロック(トヨタ)と比べても、精彩を欠いている感の強いピケJr.に、王座奪回を目指すルノーが満足しているはずがありません。

 また、ルノーでは来季以降、アロンソの離脱も囁かれており、シートの空きが出来る可能性は非常に高いと言えます。

 ただ、ルノーのテストドライバーを務める、フランス系スイス人ドライバーのロマン・グロージャンの名前も候補に挙がっており、琢磨にとって一筋縄ではいかない状況ではあります。
 グロージャンは今季のGP2のポイントリーダーです。

 琢磨にはルーベンス・バリチェロの後任としてホンダ入りの可能性も囁かれていますが、私としては、ことあるごとにスーパーアグリを攻撃していたニック・フライがCEOを務めるホンダよりも、ドライバーとしての腕で、ルノーに入り、アロンソと競い合って欲しい気がします。

  とにもかくにも、頑張れ、佐藤琢磨!!

◆関連記事[F1-LIVE.com]
琢磨、今夏にルノーでテスト?



2008/3/18 火曜日

【F1】大丈夫か?ピケJr.の不振&第二戦レース結果予想

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 7:07:36

R28を駆るピケJr.
<R28を駆るピケJr.>

 去る者もいれば、新しく入ってくる者もいます。

 今季F1にデビューした新人は、ルノーのネルソン・ピケJr.、ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴、トヨタのティモ・グロック、トロロッソのセバスチャン・ブルデーの四人(昨シーズン中盤にデビューしたトロロッソのセバスチャン・ベッテルは除く)ですが、その中でも最も期待されていたのは、二連覇王者アロンソのチームメイトとしてF1キャリアをスタートさせたネルソン・ピケJr.ではないでしょうか。

 彼は80年代に三度F1王者に輝いたブラジルの英雄ネルソン・ピケの息子で、一昨年のGP2でハミルトンのライバルとして闘い、ランキング2位。
 昨年はルノーのサード・ドライバーを務めました。

 鳴り物入りでF1デビューを飾り、ひょっとしたら昨年のハミルトンの如くアロンソを追い詰めるのではとも思われていたピケJr.でしたが、予選では、ぶっつけ本番となったスーパーアグリの2台に埋もれる、ブービーの21位。
 決勝でも、スタート直後の混乱に乗じてジャンプアップを果たしたものの、接触によってマシンのリアにダメージを負い、リタイアとなっています。

 一方でチームメイトのアロンソは古巣マクラーレンで自身の後釜に座ったヘイキ・コバライネンを抑えきり、4位入賞。ピケJr.とは対照的な結果を残しました。

 そのコバライネンは昨年、ルノーのドライバーだったのですが、同じく開幕戦のオーストラリアGPで予選、決勝とも下位に埋もれ、チーム代表のフラビオ・ブリアトーレから厳しく批判されました。

 ところが、ブリアトーレは今回のピケJr.に対し、「コバライネンはデビューまでに3万キロも走破したのに対し、ネルシーニョはまだ1万キロしか走ってないからね」と擁護し、「この経験をきっと次のレースでは活かしてくれることだろう」と締め括っています。

 この裏には、彼をバックアップする偉大なチャンピオン、ネルソン・ピケの存在があるのかもしれませんが、結果を出さなければ、いつ更迭されてもおかしくないのが、F1の世界。

 このピケJr.を含め、今年の新人たちの中で誰が生き残るのか、注目です。

◆関連記事[F1-LIVE.com]
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/080317155107.shtml

 そして、第二戦マレーシアGPは早くも今週末。というところで、予想いきます!

F1 2008シーズンR2 マレーシアGP レース結果予想
1位:ハミルトン(マクラーレン)
2位:クビサ(BMWザウバー)
3位:コバライネン(マクラーレン)
4位:ロズベルグ(ウィリアムズ)
5位:ハイドフェルド(BMWザウバー)
6位:アロンソ(ルノー)
7位:クルサード(レッドブル)
8位:トゥルーリ(トヨタ)

 フェラーリ・エンジンを積むマシン(フェラーリ、トロロッソ、フォース・インディア)が高温多湿のセパンで生き残れるとはちょっと思えないためf^_^;、あえて彼らを外してみました。。



次のページ »

HTML convert time: 0.446 sec. Powered by WordPress ME