2008/3/31 月曜日

【映画DVD】バベル

Filed under: 映画DVD — なにこれ nakamura @ 10:45:10

映画DVD「バベル」

 今月は昨年、良くも悪くも話題になった映画「バベル」を借りてきました。

 映画のあらすじは以下の通りです。 

==================================

はじまりはモロッコ。夫婦の絆を取り戻そうと、この地を旅するリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)。二人の乗るバスに打ち込まれた一発の銃弾により、スーザンは重傷を負う。言葉も通じず、医者もいない辺境で妻の命を懸命に救おうとするリチャード。一方でこの発砲事件の犯人を米国人を狙ったテロリストと断定した、モロッコ警察たちの捜査が始まる・・・。
銃の持ち主を辿ると、意外なことに東京で聾唖の娘(菊地凛子)と二人きり暮らす、ある会社役員(役所広司)に行き着いた。彼は数年前に自殺で亡くした妻について未だ事情徴収を受けていた・・・。
そしてその頃、リチャードとスーザンの帰りを待つ幼い子供たちは、息子の結婚式に出席する乳母にメキシコへと連れられる。刺激的な異文化を楽しむ二人、しかし、彼らにも生死を分ける思いもかけない事態が待っていた・・・。

一発の弾丸が、モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本へと、さらなる問題を誘発しながら広がっていく。途方もない混乱の中、それぞれが結びついたとき、物語は息をのむラストへと加速する―。

 Amazon.co.jp 「バベル」商品情報より

==================================

 Yahoo!映画の「バベル」映画レポートで木村満里子さんが「人種や言語が違っても抱える思いは同じ、というテーマで3つの家族、3つの国のエピソードを平行させるにしても、それぞれの物語を繋ぐものが一つの銃だけというのは単なるつじつま合わせにしかならない。必要なのはつじつまではなく必然性なのだが、イニャリトゥ(注:監督)はこの突き詰め方が弱い。つじつまと必然性は異なるものなのだ。」と書かれていますが、私もこの意見に同感です。

 劇中で描かれる3つの物語、その1つ1つはリアルで、「人と人とが分かり合うのは難しい」というテーマもいいと思うのですが、それぞれの繋がりが薄く、これを平行展開させていく意味があまりないように思えました。

 とはいえ、掲げているテーマは重く、今の時代を生きる私たちには、リアルに訴えかけてくるものでもあるので、一度は観てみる価値のある作品だと思います。

映画「バベル」オフィシャルサイト



2008/3/28 金曜日

ハイカラが首位獲得!3/28付キーワード☆ランキング

Filed under: キーワード☆ランキング — なにこれ nakamura @ 10:08:48

第5回キーワード☆ランキング
[統計期間3/20-3/26]

1. rock pit
2. sa08a
3. aaaベストアルバム
4. high and mighty color rock pit
5. マグマグループ
6. 福田麻由子
7. aaa ベストアルバム
8. aaa 初登場
9. attack all around 後藤友香里
10. attack all around 西島隆弘

HIGH and MIGHTY COLOR 「ROCK PIT」
<HIGH and MIGHTY COLOR 「ROCK PIT」>

 ハイカラことHIGH and MIGHTY COLORの3月19日発売のニューアルバム「ROCK PIT」が1位および4位となりました!

 アルバムの感想としては、ツインボーカルが絶妙+サウンドが小気味よい一枚で、ギターのうねりがカッコイイ「TOXIC」、キャッチーなサビが頭に焼き付いて離れなくなる「メキメキ」、愉快なセリフ入りの「ZERO SYMPATHY」など、バラエティに富んだ一枚となっていて、オフィシャルサイトの「まるでSHOWを見ているような感覚に!ハイカラの魅力であるヘヴィポップをいろいろな形で表現!ボリューム満点になること間違いなし!!!」という謳い文句に嘘はありません。
 「ROCK PIT」【初回限定生産盤】のDVDは、「Amazing」「ROSIER」のレコーディング風景やタイトル決めの模様などが収録されており、メンバーのカッコよさ+愉快な一面を楽しむことが出来ます。

 また、3位と7~10位にはAAA(トリプルエー)のベストアルバム「ATTACK ALL AROUND」がランクインしました。
 こちらも豪華盤【CD2枚組+DVD2枚組+写真集】のDVDは、かねてより定評のあるPVのほか、メンバーが様々なゲームで対決し、敗者は罰としてダジャレを言う企画が収録されていたりと、非常に楽しめる内容になっています♪



【F1】フェラーリに早くもチームオーダー!?

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 8:03:32

マレーシアGPにおいて、ミスでリタイアを喫したフェリペ・マッサ(フェラーリ)
<マレーシアGPにおいて、ミスでリタイアを喫したフェリペ・マッサ(フェラーリ)>

 現在のF1ではチームオーダー(チームがドライバーに指示を出して、一方が一方を抜かせたりすること)は禁止されています。

 これは元々、2002年ハンガリーGPの最終周の最終コーナーで当時フェラーリのルーベンス・バリチェロが同じフェラーリのミハエル・シューマッハにあからさまにトップの座を譲ったことから、「スポーツマン精神に反する」とされたものですが、実際問題として、チーム側がドライバーに無線で暗号のような指示を出す場合もあるため、完全に防ぐことは出来ません。

 特に、シーズン終盤でタイトルのかかる状況になれば、チームオーダーの発令はもはや必至で、昨年の最終戦もフェラーリ・チームの指示により、フェリペ・マッサキミ・ライコネンを先行させたのではないかと言われています。

 シューマッハが絶対的なNo.1ドライバーとして君臨した時代、フェラーリはNo.2ドライバーとの扱いに明確な差別化をしていたと言われていますが、昨シーズンより、マッサ&ライコネンの体制となってからは、タイトルがかからない状況では両ドライバーを対等に扱うことを名言しています。

 ところが、今季第2戦のマレーシアGPでフェラーリが早くもチームオーダーを発動した疑惑が持たれているのです。

 この発言を行ったのは、かつてジョーダン(現フォース・インディア)などで数々の成功マシンをデザインしてきたマシンデザイナーのゲイリー・アンダーソンで、「1回目のピットストップ後にライコネンがマッサをかわしてトップになった瞬間、私は“フェラーリの計画通りの展開になったな”と思ったよ」と語っています。

 彼によれば、フェラーリはいまだにドライバーに対して“ナンバーワン”待遇を与えているとのことで、その場合、昨シーズンにチャンピオンを獲得したライコネンが優先順位としては上位になるのは容易に想像がつくというのです。

 さらにアンダーソンは「忘れちゃいけないことがあるよ。ライコネンは7度ワールドチャンピオンに輝いた男、ミハエル・シューマッハの後任ドライバーとしてフェラーリに入ったんだ」と指摘しています。

チームが確実にポイントを拾い、ドライバーズとコンストラクターズの両チャンピオンシップを獲得するためには、チームオーダーの発動もやむを得ないと思うのですが、シーズン前半~中盤は両ドライバーに平等なチャンスを与えてあげてほしいと、私は思います。

◆関連記事[F1-LIVE.com]
フェラーリのチームオーダーを疑うアンダーソン



2008/3/25 火曜日

【映画】「L change the WorLd」を観てきました!

Filed under: 映画・ドラマ — なにこれ nakamura @ 6:03:01

「L change the WorLd」パンフレット
<「L change the WorLd」パンフレット>

 以前にも一度、このブログで取り上げた「デスノート」スピンオフ映画「L change the WorLd」ですが、ようやく前売り券を使って、観てくることができました。

 感想としては…面白かった!

 監督が替わったり、夜神月(やがみライト)やデスノート絡みの話ではないというところで、「どうなんだろう…?」と思っていたのですが、Lのキャラクターをよく捉え、しかも、「デスノート」の世界観やキャラクターへのリスペクトを忘れていない。

 これまでの「デスノート」が好きだった人も楽しめる一作だと思います。

 ただ、監督が「リング」「リング2」の中田秀夫さんというところで、「ああ、なるほど…」と思うような、ちょっと凄惨なシーンや怖い演出があったり、テイストはこれまでの金子修介監督と異なります。
 SFサスペンス的な要素が強いかな。

 役者陣も、最初に名前を聞いたときは「どうなんだろう?」と思ったのですが、皆、良かったです。

 高嶋政伸さんの演ずる“的場大介”はヒールでありながらカッコよく決まっていたし、南原清隆さんの演ずるFBI捜査官“駿河秀明”は貧乏くじを引かされながらもおいしいところは持って行く、愛すべきキャラクターでした。
 これまでの二人に対するイメージをぶち壊してくれました!

 でも、今回の新キャラMVPは、何と言っても、物語の鍵を握る少女“二階堂真希”を演ずる福田麻由子ちゃんですね。
 実は私、今作でこの子を知ったのですがf^_^;、芯の強さと透明感、不思議な存在感を併せ持っており、今後が楽しみな女優さんです。

 あと、Lに協力する科学者“松戸浩一”を演じる平泉成さんもいい味出してます。
 いいオッチャンだ。。

 もちろん、松ケンこと松山ケンイチさん演ずる“L”の魅力も存分に発揮されており、キラ事件を通し、変わっていったLの人間的な面(ただし、あくまでもLらしく!)が無理なく描かれていました。

 何にせよ、本作をまだ観ていない「デスノート」ファンの方は是非、観に行くことをオススメします!
 “ニア”も出てきますよ!w

◆「L change the WorLd」オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/L-movie/



2008/3/24 月曜日

【F1】第2戦マレーシアGPはライコネン優勝!トヨタが4位入賞!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 10:16:32

マレーシアGPで優勝したキミ・ライコネン(フェラーリ)
<マレーシアGPで優勝したキミ・ライコネン(フェラーリ)>

 F1 2008年シーズン第2戦マレーシアGPはフェラーリ・ライコネンが復活の優勝を果たしました。

 しかし、それ以上に衝撃的だったのは、マクラーレン・ハミルトンの失速ではないでしょうか。

 今回、終始トップを独走したフェラーリ・ライコネンとは対照的に、優勝争いに絡めず、フェラーリはおろかBMWザウバーのペースにもついていけなかったマクラーレンの2台。

 ハミルトンは、トヨタのヤルノ・トゥルーリもかわせず、5位が精一杯。
 前戦の強さはどこへやらの状態でした。。

 ポールを獲得するなど、予選までは調子の良かったライコネンのチームメイト フェリペ・マッサは、スピンしてグラベルに捕まり、リタイア。
  マッサについては、来季、トロロッソのセバスチャン・ベッテルに取って代わられるという噂が噴出しており、その中でのこの結果は、さらに自身を追い込むことになります。

 日本勢はトヨタの躍進が光りましたが、ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴は今ひとつに終わりました。
 予選は18位に終わり、さらに前戦でのロバート・クビサとの接触のペナルティにより最後尾スタートに回され、決勝はオーバーテイクを見せるなど、攻めたものの、スピンを喫し、最下位完走。

 若さ故か、まだまだムラがあるようです。。

 そして、私の予想の結果ですが…

  予想 結果
1位: ハミルトン(マクラーレン) ライコネン(フェラーリ)
2位: クビサ(BMWザウバー) クビサ(BMWザウバー)
3位: コバライネン(マクラーレン) コバライネン(マクラーレン)
4位: ロズベルグ(ウィリアムズ) トゥルーリ(トヨタ)
5位: ハイドフェルド(BMWザウバー) ハミルトン(マクラーレン)
6位: アロンソ(ルノー) ハイドフェルド(BMWザウバー)
7位: クルサード(レッドブル) ウェバー(レッドブル)
8位: トゥルーリ(トヨタ) アロンソ(ルノー)

 今回は2位:クビサ3位:コバライネンが的中!

 フェラーリ勢を入れなかったのは失敗でしたが、悪くない結果です。 

 今回、マクラーレンの2台には予選中のニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)に対する進路妨害のペナルティー(5グリッド降格)があったものの、マクラーレンとフェラーリの立場は開幕戦とこの第二戦で逆転しています。

 真に強く、速いのはどちらか、この判断は次戦以降に持ち越されたと見ていいでしょう。

 第3戦バーレーンGPは4月6日決勝です!

◆関連記事[F1-LIVE.com]
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/080323094808.shtml



次のページ »

HTML convert time: 0.427 sec. Powered by WordPress ME