2008/3/31 月曜日

【映画DVD】バベル

Filed under: 映画DVD — なにこれ nakamura @ 10:45:10

映画DVD「バベル」

 今月は昨年、良くも悪くも話題になった映画「バベル」を借りてきました。

 映画のあらすじは以下の通りです。 

==================================

はじまりはモロッコ。夫婦の絆を取り戻そうと、この地を旅するリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)。二人の乗るバスに打ち込まれた一発の銃弾により、スーザンは重傷を負う。言葉も通じず、医者もいない辺境で妻の命を懸命に救おうとするリチャード。一方でこの発砲事件の犯人を米国人を狙ったテロリストと断定した、モロッコ警察たちの捜査が始まる・・・。
銃の持ち主を辿ると、意外なことに東京で聾唖の娘(菊地凛子)と二人きり暮らす、ある会社役員(役所広司)に行き着いた。彼は数年前に自殺で亡くした妻について未だ事情徴収を受けていた・・・。
そしてその頃、リチャードとスーザンの帰りを待つ幼い子供たちは、息子の結婚式に出席する乳母にメキシコへと連れられる。刺激的な異文化を楽しむ二人、しかし、彼らにも生死を分ける思いもかけない事態が待っていた・・・。

一発の弾丸が、モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本へと、さらなる問題を誘発しながら広がっていく。途方もない混乱の中、それぞれが結びついたとき、物語は息をのむラストへと加速する―。

 Amazon.co.jp 「バベル」商品情報より

==================================

 Yahoo!映画の「バベル」映画レポートで木村満里子さんが「人種や言語が違っても抱える思いは同じ、というテーマで3つの家族、3つの国のエピソードを平行させるにしても、それぞれの物語を繋ぐものが一つの銃だけというのは単なるつじつま合わせにしかならない。必要なのはつじつまではなく必然性なのだが、イニャリトゥ(注:監督)はこの突き詰め方が弱い。つじつまと必然性は異なるものなのだ。」と書かれていますが、私もこの意見に同感です。

 劇中で描かれる3つの物語、その1つ1つはリアルで、「人と人とが分かり合うのは難しい」というテーマもいいと思うのですが、それぞれの繋がりが薄く、これを平行展開させていく意味があまりないように思えました。

 とはいえ、掲げているテーマは重く、今の時代を生きる私たちには、リアルに訴えかけてくるものでもあるので、一度は観てみる価値のある作品だと思います。

映画「バベル」オフィシャルサイト



2008/2/20 水曜日

【映画DVD】ゲゲゲの鬼太郎

Filed under: 映画DVD — なにこれ nakamura @ 7:22:00

ゲゲゲの鬼太郎

 今月借りてきたDVDその2は昨年のゴールデンウィークに映画公開された実写版「ゲゲゲの鬼太郎」です。

 映画のあらすじは以下の通りです。 

==================================

ゲゲゲの森で父親の目玉おやじや仲間たちとのんびり暮らす鬼太郎のもとに、ある日届けられた一通の手紙。それは恐るべき魔力を秘めた<妖怪石>をめぐり、妖怪界と人間界を揺るがすことになる大事件のはじまりだった。ひょんなことから妖怪石を手に入れたのは人間の実花と健太姉弟。石のパワーを手に入れようと、次々に襲い掛かる邪悪な妖怪たちから2人を助けた鬼太郎は、妖怪石を盗んだ張本人として濡れ衣を着せられ、妖怪大法廷にかけられることに。満月の夜までに石を取り戻せなければ命はない。
今、善と悪、様々な妖怪たちを巻き込み、史上最大の戦いが始まる!

 Amazon.co.jp商品情報より

==================================

 子どもから大人まで日本人なら誰もが知っている、水木しげるの大ヒット妖怪マンガ「ゲゲゲの鬼太郎」。これまでにも何度か実写化してきましたが、今回のは原作者が「今までで一番妖怪らしさが出ている」と太鼓判を押しています。

 ウエンツ瑛士の演じる鬼太郎はアニメのそれとは明らかにキャラが異なり、最初はビミョーだと思いましたが、これはこれでアリなのかな。
 田中麗奈のネコ娘はイメージぴったり?素敵です。本来、娘って年齢じゃないのだけど。(笑)

 大泉洋のねずみ男はサイコー!アニメ以上に「らしさ」が出ている気がします。
 間寛平の子泣きじじい、室井滋の砂かけばばあもなかなか。目玉のおやじはそのまんま(CGですが。)で、安心出来ます。

 原作マンガやアニメのイメージを求め過ぎるとツライかもしれませんが、一つの妖怪アドベンチャー映画として観れば、大人も子どもも楽しめるのではないかと。

 ウエンツ瑛士が歌う主題歌 「Awaking Emotion 8/5」(ユニバーサル ミュージック)もカッコイイよくて、オススメです♪

 次回作の制作も決定(緒形拳が宿敵“ぬらりひょん”として出演!)したようで、実写版「ゲゲゲの鬼太郎」からはまだまだ目が離せません!

◆実写版「ゲゲゲの鬼太郎」オフィシャルサイト
http://www.gegege.jp/



2008/2/15 金曜日

【映画DVD】ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

Filed under: 映画DVD — なにこれ nakamura @ 9:20:02

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

 私は地元のレンタル店で毎月数枚ずつ映画DVDを借りてきて観るのですが、今月借りてきたのは1作目からずっと観ている“ハリー・ポッター”シリーズの最新作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」です。

 映画のあらすじは以下の通りです。 

==================================

ホグワーツ5年生となったハリーを出迎えたのは、周囲の白い目と新聞のふざけた見出し。ハリーがヴォルデモートの復活話をでっちあげたと書きたて、ハリー・ポッターならぬハリー・プロッター(策略家)と糾弾する始末。更に悪いことに、魔法省大臣コーネリウス・ファッジが闇の魔術に対する防衛術の新任教師として送り込んで来たドローレス・アンブリッジの“魔法省お墨つき”の授業は、ホグワーツに迫り来る闇の魔術に対しては不十分であった。そこでハリーはロンとハーマイオニーに説得され、有志を集めて“ダンブルドア軍団”を結成、厳しい監視の目をかいくぐりながら、きたる壮絶な決戦に備えるべく秘密の訓練を開始する。

 Amazon.co.jp商品情報より

==================================

 私は特別“ハリー・ポッター”シリーズのファンという訳でもないし、原作本を読んだことも映画館で観たこともないのですが、毎回普通に楽しんでいます。

 今回は監督がデイビッド・イエーツ氏に代わったということで、前作までと若干テイストが異なります。

 個人的にはこれまでの4作に比べ、展開が分かりやすく、ドラマ性がアップしていて、好きですね。

 映像は息を呑む美しさで、物語の鍵を握る「魔法省」のヴィジュアルは圧巻です。
 相変わらず、ホグワーツ魔法学校の出来も素晴らしく、ディズニーランドよろしく、作品世界に引き込まれてしまいます。

 登場人物に関して言えば、ハリー、ロン、ハーマイオニーらレギュラーのキャラクターに混じって今回より活躍するルーナ・ラブグッド(演じるのは新星エバナ・リンチ)は、不思議な魅力を持った、かわいらしい少女です。
 彼女も含めた、仲間達との友情がこの“ハリー・ポッター”シリーズの魅力の一つでしょうね。

◆「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」オフィシャルサイト
http://harrypotter.warnerbros.co.jp/

 余談ですが、Amazon.co.jpで販売している「ハリー・ポッター 第1章~第4章 お買い得パック」は4作セットで¥2,583と超お得です!



HTML convert time: 0.330 sec. Powered by WordPress ME