2008/8/25 月曜日

【F1】第12戦ヨーロッパGPはマッサが今季4勝目!!トヨタW入賞!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 12:37:01

前戦の無念を払拭し、会心の勝利を手にしたマッサ
<前戦の無念を払拭し、会心の勝利を手にしたマッサ>

  初開催となったスペイン・バレンシア市街地サーキットでのヨーロッパGPを制したのは、前戦、ラスト3周でエンジンブローに泣いたフェラーリのマッサでした!

 予選でのポール獲得、決勝でのファステスト・ラップ記録、そして、優勝と、まさに完璧な終末を過ごしたフェリペ・マッサ
 これで、2位に入ったルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)に、ドライバーズチャンピオンシップでも6ポイント差と迫りました。

 逆に、エンジンブローによりリタイアを喫したキミ・ライコネンはハミルトンから13ポイント差の3位に後退。
 フェラーリの信頼性の低さは、今後に向けて、大きな不安材料と言えます。

 ハミルトンは首に痛みを抱えながらの2位表彰台。
 体調に不安を抱える中で、健闘したと言えると思います。

 日本勢では、トヨタのヤルノ・トゥルーリ5位、ティモ・グロックが7位と、W入賞を達成!

 ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴はオープニングラップで地元の英雄フェルナンド・アロンソ(ルノー)と接触し、フロントウィングを破損して後退。完走したものの、15位に留まりました。

 一方のアロンソはリタイア。
 今季不本意なレースが続く元王者は、来季、HONDA、BMW、フェラーリの3チームへの移籍が囁かれています。

【第12戦ヨーロッパGP決勝結果】
1位:フェリペ・マッサ(フェラーリ)
2位:ルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)
3位:ロバート・クビサ(BMWザウバー)
4位:ヘイキ・コバライネン(マクラーレン・メルセデス)
5位:ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
6位:セバスチャン・ベッテル(トロロッソ・フェラーリ)
7位:ティモ・グロック(トヨタ)
8位:ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ・トヨタ)

  次戦ベルギーGPは9月7日決勝、その翌週にはヨーロッパラウンドの最終戦となるイタリアGPが控えています。
  いよいよ佳境に入ったタイトル争いから目が離せません!!

◆関連記事[F1-LIVE.com]
マッサがポール・トゥ・ウイン! ライコネンはエンジンブロー



2008/8/12 火曜日

【F1】佐藤琢磨、来季、トロロッソでF1復帰?

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 7:41:06

画像「トロロッソ加入の可能性が報じられた佐藤琢磨」
<トロロッソ加入の可能性が報じられた佐藤琢磨>

  スーパーアグリの撤退とともにシートを失った佐藤琢磨のトロロッソでの来季F1復帰の可能性をドイツの『モータースポーツ・アクチュエル』誌が報じ、注目を集めています。

 トロロッソではセバスチャン・ベッテルレッドブル移籍により一つはシートが空くほか、セバスチャン・ブルデーの残留も決まってはいません。

 そこに、同チームの共同オーナーであるゲルハルト・ベルガー「来季のドライバー・ラインナップは今年のように新人同士ではなく、ベテランと若手の組み合わせが望ましい」と語ったとのことですが、日本で人気の琢磨を起用することにより、レッドブル・エナジードリンクの日本でのマーケティングにも+効果を期待しているようです。

 たしかに、日本でのレッドブル・エナジードリンクは『翼を与える』のテレビCMは強烈なインパクトを与えていますが、ドリンク自体は値が張ることもあり、売り上げがいまいちのように思えます。

  琢磨がレッドブル・グループのマシンで走るなら、私もレッドブル・エナジードリンクを買いに走ろうかと思います。w

 
◆関連記事[FMotersports]
「佐藤琢磨、来季トロ・ロッソ」の噂、独誌報じる

◆関連記事[Formula Web]
トロ・ロッソ,佐藤琢磨の起用に興味!?



2008/8/4 月曜日

【F1】第11戦ハンガリーGPはコバライネンが初優勝!!トヨタのグロックが2位!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 7:58:20

左から2位:グロック、1位:コバライネン、3位:ライコネン
<左から2位:グロック、1位:コバライネン、3位:ライコネン>

  ハンガリーGPでヘイキ・コバライネン(マクラーレン・メルセデス)が初優勝を達成!2位に初表彰台となるティモ・グロック(トヨタ)!
  終盤までレースをリードしたフェリペ・マッサ(フェラーリ)は残り3周でストップ!!

 予選までの流れから、マクラーレン・メルセデス&ルイス・ハミルトンが危なげなく優勝を飾るかと思われていたハンガリーGP。
 しかし、スタートでトップを奪ったのは、フェラーリのフェリペ・マッサでした!

 マッサは快調にトップを走行するものの、残り3周でまさかのエンジンブロー。
 ハミルトンも41週目にタイヤトラブルでピットインを余儀なくされ、大きく後退。

 これにより、その二人の背後に付けていたコバライネンがデビューから28戦目にして初優勝を飾ったのでした!

 グロックは一回目のピットストップで大きくタイムロスするものの、最後はキミ・ライコネン(フェラーリ)の猛チャージを凌ぎ切り、トヨタにとって2005年以来となる2位を獲得!

 ルノーはフェルナンド・アロンソ4位、ネルソン・ピケJr.6位と、ダブル入賞。
 逆に、BMWザウバーはロバート・クビサが8位に入るのがやっとでした。

 ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴はチームメイト ニコ・ロズベルグの前、13位で完走。

 その他、フォース・インディアのジャンカルロ・フィジケラがホンダのルーベンス・バリチェロ、トロロッソのセバスチャン・ブルデーを抑え、15位と、健闘しました。

【第11戦ハンガリーGP決勝結果】
1位:ヘイキ・コバライネン(マクラーレン・メルセデス)
2位:ティモ・グロック(トヨタ)
3位:キミ・ライコネン(フェラーリ)
4位:フェルナンド・アロンソ(ルノー)
5位:ルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)
6位:ネルソン・ピケJr.(ルノー)
7位:ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
8位:ロバート・クビサ(BMWザウバー)

  ドライバーズ・チャンピオンシップではハミルトンが首位をキープ!ライコネン、マッサ、クビサと続きます。
  首位に躍り出たかったマッサは残念!

 F1は三週間の夏休みを挟み、次戦ヨーロッパGP(バレンシア市街地コース)は8月24日決勝です!
◆関連記事[F1-LIVE.com]
コバライネンが初優勝! グロック2位! マッサにトラブル



2008/7/23 水曜日

【F1】第10戦ドイツGPはハミルトンが今季4勝目!!ルノーのピケJr.が2位!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 9:14:17

初の表彰台に立ったネルソン・ピケJr.(ルノー)
<初の表彰台に立ったネルソン・ピケJr.(ルノー)>

  ドイツGPはルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)が前戦イギリスGPに続いて連勝!
  2位に初表彰台となるネルソン・ピケJr.が入りました!

 今回も強さを見せたハミルトン
 戦略のミスにより、4位に落ちてからのリカバリーは見事でした!

 しかし、このホッケンハイムのレースでそれ以上に輝きを放ったのはルノーのルーキー、ネルソン・ピケJr.でしょう!

 予選で20台中17位に沈んだものの、1ピットストップを選択した彼は、ティモ・グロック(トヨタ)のクラッシュによりセーフティーカーが出動した際、ピットに駆け込んだライバルたちを尻目に、トップに浮上したのでした。

 ハミルトンには残り7周で抜かれたものの、フェリペ・マッサ(フェラーリ)の追撃をかわし、デビュー10戦目で初表彰台となる2位を獲得したピケ

 3位:マッサ、4位:ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)、5位:ヘイキ・コバライネン(マクラーレン・メルセデス)、6位:キミ・ライコネン(フェラーリ)、7位:ロバート・クビサ(BMWザウバー)、8位:セバスチャン・ベッテル(トロロッソ・フェラーリ)

 ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴は14位でレースを終えています。

  ドライバーズ・チャンピオンシップではハミルトンがマッサ、ライコネンを突き放しにかかりました。
  フェラーリはこのまま終わってしまうのか?そして、クビサは再び光り輝くことができるのか!?

 次戦ハンガリーGPは8月3日決勝です!

◆関連記事[F1-LIVE.com]
ハミルトン2連勝! ピケJr.が2位で初表彰台!



2008/7/7 月曜日

【F1】第9戦イギリスGPはハミルトンが今季三勝目!!ホンダのバリチェロが3位表彰台!

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 9:44:36

雨の中、果敢な走りで表彰台を獲得したルーベンス・バリチェロ(ホンダ)
<雨の中、果敢な走りで表彰台を獲得したルーベンス・バリチェロ(ホンダ)>

  イギリスGPはルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)が完勝!
  2位にBMWザウバーのニック・ハイドフェルド。3位に何と、16番グリッドからスタートのHonda Racing F1/ルーベンス・バリチェロ!

 雨のレースで大混乱となったイギリスGP。

 そんな中でも落ち着いたレース運びをしたハミルトンが母国GP初制覇を成し遂げました!

 フェラーリ勢は精彩を欠き、ライコネンは4位に入ったものの、マッサに至ってはスピンを繰り返し、最下位。
 初のポールポジションから序盤トップを走行したヘイキ・コバライネン(マクラーレン・メルセデス)もやはりスピンを喫し、5位。

 逆に雨中で素晴らしい走りを見せのは、次々とオーバーテイクを見せ、2位に入ったハイドフェルドと、タイヤ選択が功を奏したバリチェロ

 ハイドフェルドは最近、チームメイトのロバート・クビサに差を付けられ、精彩を欠いていただけに、そのうっぷんを晴らすことが出来ました。
 バリチェロの3位は、ホンダにとっては2006年ブラジルGP以来。彼自身にとっては2006年にホンダに加入して以来、初となります。

 そして、ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴も8位でポイント獲得!
 終盤、王者フェルナンド・アロンソ(ルノー)を追い詰めましたが、最終周では逆にヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)に抜かれ、後退してしまいました。。

  ドライバーズ・チャンピオンシップではハミルトン、マッサ、ライコネンの3人が同ポイントで並ぶ展開に!

 今回リタイヤのクビサは2ポイント差で4位に後退。
 以下、予想の結果です。

  予想 結果
1位 ハミルトン(マクラーレン) ハミルトン(マクラーレン)
2位 ライコネン(フェラーリ) ハイドフェルド(BMWザウバー)
3位 コバライネン(マクラーレン) バリチェロ(ホンダ)
4位 クビサ(BMWザウバー) ライコネン(フェラーリ)
5位 アロンソ(ルノー) コバライネン(マクラーレン)
6位 ハイドフェルド(BMWザウバー) アロンソ(ルノー)
7位 トゥルーリ(トヨタ) トゥルーリ(トヨタ)
8位 クルサード(レッドブル) 中嶋一貴(ウィリアムズ)

 

  今回も二つ正解!!

  優勝のハミルトンはともかく、7位トゥルーリを当てたのは、なかなか鋭かったのでは?(自画自賛w)

◆関連記事[F1-LIVE.com]
ハミルトンが雨のレースで完勝! バリチェロ3位、中嶋8位



次のページ »

HTML convert time: 0.379 sec. Powered by WordPress ME