2008/4/11 金曜日

【音楽】Sound Horizonコミック『Roman』第1巻発売!

Filed under: コミック, 音楽 — なにこれ nakamura @ 7:45:56

5th story CD『Roman』
<5th story CD『Roman』>

 以前にも紹介した幻想楽団Sound Horizon(サウンドホライズン)

 音楽以外にも様々なプロジェクトが進行しており、その1つがコミック化です。

 元々はコミックマーケット(コミケ)にサークル参加して、CDを販売していた、所謂“同人”出身の音楽ユニット、Sound Horizon。

 2006年10月には、漫画雑誌アブラカダブラにて、アルバム『Elysion 〜楽園への前奏曲〜』に収録されている楽曲『恋人を射ち堕とした日』が「白銀の矢」というタイトルで竹下けんじろうによりコミカライズ、シングル『少年は剣を…』アルバム『Roman』に収録されている楽曲『緋色の風車』が相田裕によりイラスト化され、竹下とRevoの対談も実現したことがコミック化の第一歩です。

 その翌月には、アルバム『Elysion 〜楽園への前奏曲〜』アルバム『Elysion 〜楽園幻想物語組曲〜』に収録されている楽曲『Ark』が、漫画雑誌ウルトラジャンプ12月号に、コミック版『Ark』前編(画:桂遊生丸)として掲載、対談記事「Revo×桂遊生丸 ROMAN対談」も掲載。

 そして、2007年4月には、漫画雑誌ウルトラジャンプ5月号に、コミック版『Roman』(画:桂遊生丸)の連載がスタート!

 2008年4月18日には、コミック版『Roman』の単行本(コミック)第1巻が発売します!(税込630円/B6判)

『Roman』スペシャルコーナー

 以下、ウルトラジャンプ公式サイトの紹介文

==================================

「その世界には-僕が生まれてくるに至るロマンはあるのだろうか?」

-超空間で悩み続ける青年イヴェールの代わりに世界を廻るのは、それぞれ“生”と“死”を司る二人の姫君オルタンスとヴィオレット。彼女達が目にする世界にイヴェールは生まれてくるのだろうか…?幻想楽団Sound Horizonの最新アルバム『Roman』の世界を、あの桂遊生丸が渾身の漫画化!音楽と漫画、二つが織り成す物語の新地平に君は何を見る!?

==================================

  実は私は、まだこのコミック版を読んでないのですが、公式サイトを見る限り、非常によく出来ており、楽しみです。

公式サイト:S-MANGA.NET『Roman』スペシャルコーナー

 ただ、Sound Horizonの作詞・作曲を手掛けるRevo氏の作られる世界観は、CDの中にしか真実はないと思いますので、「解釈の1つ」として、このコミック版を見ていこうと考えています。

==================================

※参考:Wikipediaより

物語の細部や結末は敢えて曖昧にされていることが多い。世界観が視覚的に表されているのはジャケットイラスト程度である。これについてはRevo自身「人それぞれの解釈を楽しんでもらいたい」からだと語ったことがある。「エルの楽園[→ side:E →]」PV及び「Elysion」コンサートツアーの描写は、Revoとは別に演出担当としてスクリーミング・マッド・ジョージを招き、双方の解釈を反映させた形となっている。 その後の作品でも、PVやアルバムのコンサートツアーにおいては演出担当にRevoとは別の人間を招いている。Revoは、これもまた公式設定ではなく解釈の一つとして見て欲しいとし、自らの意見を押し付けないようにとこの形態をとっている。 このためファンの間では、作品に対する各自の解釈を持ち寄って議論する等、独特の楽しみ方がなされている模様。

==================================

S-MANGA.NET『Roman』スペシャルコーナー

Sound Horizonオフィシャルサイト



HTML convert time: 0.267 sec. Powered by WordPress ME