2008/5/9 金曜日

【F1】佐藤琢磨、F1引退はしない&第5戦レース結果予想

Filed under: F1 — なにこれ nakamura @ 9:47:46

SA08Aのノーズ部分
<SA08Aのノーズ部分>

  6日、衝撃的な撤退発表を行ったスーパーアグリF1チーム。

 同チームの資産は管財人の下に置かれているとのことで、彼らの説明によれば、既に“複数の組織が興味を示している”とのことです。

 一方、スーパーアグリの消滅によって、今季のシートを失う形となった佐藤琢磨アンソニー・デビッドソンですが、ともにF1引退の意思はなく、残留の道を模索しているようです。

 以下は琢磨のコメントの一部抜粋です。

「スーパーアグリF1チームがF1から撤退したことが悲しく、残念だという以外に、いまの自分の気持ちを表す言葉は見つかりません」

「チームが非常に難しい状態にあることは分かっていましたが、この件に関係しているすべての人たちが何とかして解決策を見出してくれることを心から期待していました。どんな理由があったとしても、そうならなかったことが残念で仕方ありません」

「また、亜久里さんがこれまで僕たちのためにしてくれたすべてのことに、深い敬意を抱いています。物事を進めるために懸命の努力を続けてきてくれました。チームのスタッフ全員が全身全霊を傾けてきてくれたことも決して忘れることはできないし、SAF1の短い歩みのなかで彼らが達成してくれたことにも心から感謝しています。チームの初ポイントを獲得したのがたった1年前だったことがいまでは信じられませんし、それからたった1年で、そのときの喜びや興奮が落胆に転じるとは思いもよりませんでした」

「これまではSAF1と共にレースすることに全力を投じてきたので、いまはまだ次に進む道がどうなるのかはわかりません。マネジャーとともに今後の可能性を探り、しかるべきときがきたら発表するつもりです。しかしながら、僕はF1から引退するつもりはまったくありません。僕は今まさに、自分自身これまでのなかで最高のドライビングができる状態にあると信じていますし、僕のこれまでのキャリアを通じて信じられないほど熱心にサポートしてきてくれた日本や世界中のファンのみなさんに、もっともっと力強いレースをお見せしたいのです」

 
 私も「チームが非常に難しい状態にあることは分かっていましたが、この件に関係しているすべての人たちが何とかして解決策を見出してくれることを心から期待していました。どんな理由があったとしても、そうならなかったことが残念で仕方ありません」には全く同感です。

 ただ、当然、スーパーアグリF1チームの中にいて、そこで全てを賭け、闘ってきた琢磨の方が、ショックははるかに大きいに違いありません。

  これまでの経験を肥やしにして、さらにF1の世界で活躍してくれることを切に期待します!

◆関連記事[F1-LIVE.com]
SUPER AGURIは管財人の手に
琢磨、F1引退を否定
デビッドソン、F1残留を希望

 そして、恒例のレース結果予想コーナーです。

F1 2008シーズンR5 トルコGP レース結果予想
1位:マッサ(フェラーリ)
2位:ライコネン(フェラーリ)
3位:ハミルトン(マクラーレン)
4位:クビサ(BMWザウバー)
5位:アロンソ(ルノー)
6位:ハイドフェルド(BMWザウバー)
7位:トゥルーリ(トヨタ)
8位:ロズベルグ(ウィリアムズ)

 しかし、サーキットにスーパーアグリの姿がないことが未だに信じられません。

  その喪失感は、トルコGPの予選、決勝をテレビで観たときに、一層やってくるのではないかと思います…。



コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.263 sec. Powered by WordPress ME