【校庭の広さ】 【ソシオドラマ ~立志式をすぎて~】
11月 29

 商店街を歩くのが好きだ。
墨田区京島の 橘館通り商店街を歩いていた時 不思議な縁を感じた。以下は回想である。

 

 私があの時 東京を発つ時の出で立ちは 雨靴にヘルメットを被り 防水用の迷彩服のロングコートを身に付けた。 
 行先は 地震の被災地 神戸三宮 瓦礫の上を歩くために。
 
 宿泊したのは 京都のホテルだった。
明日 被災地に足を踏み入れる前の晩 寝付きが悪く 気分転換のつもりで町へ出た。 
土地感はない 近場を歩き 見つけた教会に迷わず入った。 
何をするでもなく ただそこにいた。 

 夜が明けた。
ホテルに戻り 朝食を済ませ 地下鉄に乗り 神戸を目指した。 
通勤客に紛れる自分の姿は 明らかに異様な雰囲気だったが この状況下において 平静を装っている方が 異常に見えたのを覚えている。

 大阪から神戸方面の電車は 不通だった。
しかたなく 南港に行先を変えて 船で神戸を目指した。
 船の乗客は 船室からも人が溢れ 甲板デッキにも 大勢いた。
当時 携帯電話が出始めた時期で 甲板でも 大声で通話している人がいたのを記憶する。

 大阪南港を出港し 神戸の陸地が見え始めた。 
昼間で太陽は出ているのだが 空は鈍よりと曇っていたのは 街が焼け 煙が立ち込め 風が 噴煙を舞い上げていた。
身体に震えがきた。 

 神戸の岸壁は 所々崩れていた。
船が護岸に到着し タラップが下されると 乗客は争うように階段を降りるので 私は敢えて じらす様にゆっくりと歩いた。 
後に続く人たちは その速さに合わせて下りた。

 港から三宮の町は 一か月前とは 別世界で 道は陥没し街路樹は 斜めになり ビルが潰れて 想像を絶した。

 山手側に向い 歩いた。
アーケードが崩れた商店街 大きめの店舗の中で 復興作業をしている 見覚えある年配男性の姿があった。 話などできる状況ではなく 先を急いだ。

 それから一年が過ぎたある日。
新浦安駅前のホテルの地下 ハブというレストランで 偶然にも復興作業をしていた方とお会いし 当時のお話を伺えた。
「三宮の店舗は 初めて店を出した創業店で 被災したことを知り 駆け付けた」と語って頂いた。 その時学んだことは
「被災後には 自転車の後ろに取り付ける荷台が 物を運ぶのに重宝し スタンド付きだと さらに有り難い」と話された。
 決して商売の話はされなかった。 社員と客の 心配ばかり されていた。 今は 懐かしい思い出である。
 
103

墨田区京島にて。

One Response to “【瓦礫(がれき)】”

  1. nba 2k16 mtb Says:

    Extremely insightful, looking frontward to coming back.|

Leave a Reply