Archive for the '活動計画' Category

サークル・ダルメシアン 平成23年度活動計画書

東日本を襲った未曾有の災害により、多くの方の心のケアが必要とされています。
そのために児童虐待防止の市民活動団体サークル・ダルメシアンは平成23年度において下記の活動を計画しています。

1)いじめ・虐待防止フォーラム活動
内容・目的:①新宿区を中心に各方面で活動されている方たちにより今、悩みをかかえている人たち
にとっての具体的な対処法や解決策といった事を焦点に、いじめ・虐待を克服できるようその方向性を広く見つける。
そのことにより問題の防止及び啓発をその目的とする活動。
②フォーラム開催までの各期間に関係者や当事者等と連絡連携を取り合うとともに、悩み相談、諸問題に関し情報収集されたもの等をフィードバックさせる活動
場所:新宿区立地域センター(大久保・若松・箪笥)

2)定例会活動
内容:毎月第3金曜日に開催する。新宿区在住・在勤・在校の方たちを中心に対象として
日頃の悩み・ストレスを家庭・学校や職場に持ちこむ以前に解消する。
ポピュラーミュージックセラピーの体験・実践。
上記によるいじめ・虐待の防止及びその啓発を目的とする活動。
目的:話し合ったり、また情報交換等をすることにより、職場、家庭へとその体験、経験、知識を広げてもらうことにより、虐待の問題の周知とその予防を計る。
場所:新宿区立地域センター(大久保・若松・箪笥)

3)告知、広報活動
内容:SNS、WEB等により不特定多数の方に情報を発信する、
その中で、子育ての問題、学校でのいじめや、依存症、生きづらさを感じている多くの人たちに呼びかける活動事業。
実績 :サークルダルメシアン公式HP、サークルダルメシアンのブログ、岡田ユキのブログ、
   Facebook、Twitter、Youtube、Ustream、他 
目的 :インターネット配信という方法を使い広く不特定多数の人に虐待及び社会的問題を呼びかける。
生きづらさを感じている人に悩んでいるのは自分だけではなく、情報を通して多くの仲間が一緒だということを伝え、虐待、青少年の犯罪の防止を呼びかける

場所:インターネット上

4)冊子・書籍 制作・配布活動
内容 :被虐体験者の手記を下にサークルで冊子・書籍を制作・配布する。
目的 :身障者におけるバリアフリーの問題でも、当初、当事者の声を聞かずつくった施設では多くの問題があり、機能しない施設も多かった。多くの身障者の意見を聞き、事前に試してもらうことにより施設は機能できた。
虐待の問題も同じで、被虐の家庭がどのような状況なのかを改めて、多くの人に理解していただく必要がある。    
実績 :「虐待死をまぬがれて」「みにくいあひるの子供たち複刻改訂版・第三書籍」
場所 :新宿区を中心に全国

5)サロン活動・ミーティング活動(AC&虐待サバイバーズミーティング)
内容:毎週一回開催するミーティング活動
対象:被虐待体験者
目的:被虐待体験等による生きづらさを感じている人たちとその体験を相互に語ることにより参加者自身のみならず他の参加者の為になる。また、依存症、摂食障害等のミーティングでは多くの効果を上げていることから被虐待体験者によるミーティングが必要と判断したため
条件:要予約

7)AEDと一次救命講習の主催及び他団体への支援
内容:インフラとして整備の進むAEDも基本的な一次救命の知識を持たなければ役に立たないため、いざというときの命を救うための知識を多くの方に身に着けてもらい、また
それを学ぶことにより命の大切さ、虐待やいじめのない社会を構築する必要性を訴える。
対象:特定せず

8)障害者・高齢者用介助補助ベルトの開発・無料有料配布事業
内容:障害者・高齢者のトイレや着替えの際に壁におでこ支点にして着替える際に、痛みと怪我の予防のための介助ベルトを開発し、それらの製造を新宿区内の障害者作業施設に依頼し、無料・有料配布する。
実績:新宿区の障害者アンテナショップふらっと新宿にて実験的に販売中。
   新宿区を中心にデイサービス施設・高齢者介護施設等で配布実験中
   あすなろ作業所、オフィスクローバー、ラバンスに障害者の為の外注事業として発注実績。
(平成22年度約200個)
 
以上
       サークルダルメシアン事務局 〒162-0853 東京都新宿区北山伏町2-17 ゆったりーの内

4月 28 2011 | 活動計画 | No Comments »