Archive for the '活動計画' Category

サークル・ダルメシアンからのご挨拶とお知らせ

20200628001.jpg

誤解から生じた、息子のいじめ問題に直面したことで始めた「サークル・ダルメシアン」の活動も、早いもので二十数年が経ちました。

第一期は、「いじめ・不登校問題」を主に扱い、不登校の子供、子供を不登校にしてしまった親、不登校児を担当している教師や行政関係者達と共に活動してきました。

第二期は、「いじめの問題と、虐待の問題の縦横・上下の関係」を訴えながら、社会に強い問題意識を持つ音楽家たちの協力の元、より広い場所や音楽家ならではの形で活動をすることが出来ました。活動は日本国内に留まらず、海外にまで広がって行き、私の理論「岡田式AC判別法®」は既存の心理学にはない事を知りました。それから十数年、より虐待問題に特化した研究を行うために「虐待心理研究所」を立ち上げることができました。

 ac_logo.jpg

そしてこの度、第三期として、これまでの活動や研究で得たデーターを基に、虐待の被害者を救うために特化した理論「武士道心理学」を立ち上げて、同じ虐待体験を持つ仲間と共に、今まで以上に虐待防止の活動をしていく決意でおります。

 bushido_logo.jpg

そのスタートに伴い、株式会社 人間と科学の研究所と虐待心理研究所はBITを使用したウェブ・ヘルスドックの共同研究をさせて頂くことになりました。

imsi.gif


長年の活動で探し、集まったメンバーの多くは、幼少期、親による虐待体験を乗り越えてきた人達です。
虐待の体験があるからこそ「勝手な想像で、虐待の問題を語って欲しくない!」と、虐待防止という看板を掲げて間違ったものを見せつけている方々に向けて、強く間違いを訴えていく所存です。

野良猫の餌付けを「良し」としている人は、中途半端な優しさで、多くの人に迷惑をかけている事に気付いていません。それは親子関係でも同じで、子供は望んでいないのに、親の身勝手な思い込みで、子供を苦しめており、両者とも「良し」(自己満足)と思う気持ちが、トラブルの原因になるからです。

そして虐待の問題も「虐待された子供は可哀想」と、自分勝手な思い込みと想像でサポートしている人の多くが、この野良猫の餌付け状態で自己満足しているだけで、本当に助けてほしい人の力になっているのかは疑問です。

いずれにせよ、他人を育て導くには、お手本となる責任ある大人の姿を見せないと、負の連鎖が起こります。
それが現在の日本社会ですでに起こっており、間違った手助けにより、自立が出来なくなったり、被害者意識が植え付けられて、社会での生活がより困難になっている現実があります。

また、社会における虐待の問題を他人(虐待体験がない人)が語る時、ホラー映画のように作られる虐待体験者の幼少期は、観るに堪えられません。そして、私たちの将来には「犯罪者となる道しかない」と、おとしめている人たちには強くこの間違いを抗議したいと思います。

私達は、誰よりも平和主義で、神様から与えられた限りあるものは「皆で仲良く分け合う」そして、常に生きる事の意味を考え、生かされていることに感謝しながら、それぞれの使命(天命)を果たしたいと考えています。これらの考えにご賛同いただける方々には、何らかの形でご協力いただければ大変ありがたいです。

どうぞ宜しくお願い致します。

代表・岡田ユキ

————————————————————–

<事務局からのお知らせ> 

 1、サークル・ダルメシアンの新しいホームページが出来ました。

学生部も立ち上がり、大変見やすいページになっております。

是非ご覧ください。

2、3ヶ月に一度開催しております「いじめ・虐待防止フォーラム」は、新型コロナウイルス感染症対策の為4月に引き続き、7月も開催を見合わせることになりました。

それに変わりまして、youtubeにて、サークル・ダルメシアンチャンネルを開設しました。岡田ユキの理論やこれまでの活動等、24年間の活動を少しづつ映像にまとめ、随時更新しておりますので、是非ご覧下さい。

チャンネル登録もお願いします。


「いじめ・虐待防止フォーラム」の今後の開催につきましてはこちらのページをご覧ください。

3、株式会社 人間と科学の研究所と虐待心理研究所はBITを使用したウェブ・ヘルスドックの共同研究をさせて頂くことになりました。

詳細は虐待心理研究所ウェブ・ヘルスドックのページをご覧ください。

今後とも、サークル・ダルメシアンの活動にご支援ご協力をお願いします。

活動参加、ご希望の方はこちらまで 、モニターご希望の方もこちらまでお問い合わせ下さい。

6月 28 2020 | 活動計画 and ご報告 and 伝えたいこと and 活動報告 and ご案内 | No Comments »

サークル・ダルメシアン 平成23年度活動計画書

東日本を襲った未曾有の災害により、多くの方の心のケアが必要とされています。
そのために児童虐待防止の市民活動団体サークル・ダルメシアンは平成23年度において下記の活動を計画しています。

1)いじめ・虐待防止フォーラム活動
内容・目的:①新宿区を中心に各方面で活動されている方たちにより今、悩みをかかえている人たち
にとっての具体的な対処法や解決策といった事を焦点に、いじめ・虐待を克服できるようその方向性を広く見つける。
そのことにより問題の防止及び啓発をその目的とする活動。
②フォーラム開催までの各期間に関係者や当事者等と連絡連携を取り合うとともに、悩み相談、諸問題に関し情報収集されたもの等をフィードバックさせる活動
場所:新宿区立地域センター(大久保・若松・箪笥)

2)定例会活動
内容:毎月第3金曜日に開催する。新宿区在住・在勤・在校の方たちを中心に対象として
日頃の悩み・ストレスを家庭・学校や職場に持ちこむ以前に解消する。
ポピュラーミュージックセラピーの体験・実践。
上記によるいじめ・虐待の防止及びその啓発を目的とする活動。
目的:話し合ったり、また情報交換等をすることにより、職場、家庭へとその体験、経験、知識を広げてもらうことにより、虐待の問題の周知とその予防を計る。
場所:新宿区立地域センター(大久保・若松・箪笥)

3)告知、広報活動
内容:SNS、WEB等により不特定多数の方に情報を発信する、
その中で、子育ての問題、学校でのいじめや、依存症、生きづらさを感じている多くの人たちに呼びかける活動事業。
実績 :サークルダルメシアン公式HP、サークルダルメシアンのブログ、岡田ユキのブログ、
   Facebook、Twitter、Youtube、Ustream、他 
目的 :インターネット配信という方法を使い広く不特定多数の人に虐待及び社会的問題を呼びかける。
生きづらさを感じている人に悩んでいるのは自分だけではなく、情報を通して多くの仲間が一緒だということを伝え、虐待、青少年の犯罪の防止を呼びかける

場所:インターネット上

4)冊子・書籍 制作・配布活動
内容 :被虐体験者の手記を下にサークルで冊子・書籍を制作・配布する。
目的 :身障者におけるバリアフリーの問題でも、当初、当事者の声を聞かずつくった施設では多くの問題があり、機能しない施設も多かった。多くの身障者の意見を聞き、事前に試してもらうことにより施設は機能できた。
虐待の問題も同じで、被虐の家庭がどのような状況なのかを改めて、多くの人に理解していただく必要がある。    
実績 :「虐待死をまぬがれて」「みにくいあひるの子供たち複刻改訂版・第三書籍」
場所 :新宿区を中心に全国

5)サロン活動・ミーティング活動(AC&虐待サバイバーズミーティング)
内容:毎週一回開催するミーティング活動
対象:被虐待体験者
目的:被虐待体験等による生きづらさを感じている人たちとその体験を相互に語ることにより参加者自身のみならず他の参加者の為になる。また、依存症、摂食障害等のミーティングでは多くの効果を上げていることから被虐待体験者によるミーティングが必要と判断したため
条件:要予約

7)AEDと一次救命講習の主催及び他団体への支援
内容:インフラとして整備の進むAEDも基本的な一次救命の知識を持たなければ役に立たないため、いざというときの命を救うための知識を多くの方に身に着けてもらい、また
それを学ぶことにより命の大切さ、虐待やいじめのない社会を構築する必要性を訴える。
対象:特定せず

8)障害者・高齢者用介助補助ベルトの開発・無料有料配布事業
内容:障害者・高齢者のトイレや着替えの際に壁におでこ支点にして着替える際に、痛みと怪我の予防のための介助ベルトを開発し、それらの製造を新宿区内の障害者作業施設に依頼し、無料・有料配布する。
実績:新宿区の障害者アンテナショップふらっと新宿にて実験的に販売中。
   新宿区を中心にデイサービス施設・高齢者介護施設等で配布実験中
   あすなろ作業所、オフィスクローバー、ラバンスに障害者の為の外注事業として発注実績。
(平成22年度約200個)
 
以上
       サークルダルメシアン事務局 〒162-0853 東京都新宿区北山伏町2-17 ゆったりーの内

4月 28 2011 | 活動計画 | No Comments »