Archive for the 'ご報告' Category

★緊急告知★ 相談事例 池田ゆう子クリニック その3

 

相談者Aさんの地位確認の裁判が結審したことにより、公共の利益のために裁判で提出された疎甲証の一部の情報公開を致します。

実際に被害者のAさんが強要された「無資格者による医療行為」の数々を証拠と共に公開いたしますので、ブログをご覧の皆様から見てどのように感じられるか是非ご意見をお寄せください。

 

著作権等の関係で公開させて頂く証拠は一部分ですが、実際に池田ゆう子クリニックの手術室で過去に行われていた真実の記録です。

 

1)具体的な医療行為

手術は3種類、

Aさんはナース服を着用させられ、約3ヶ月間で55回も看護師業務をやらされていた。    患者に立場を聞かれた時は「手伝いというように」と池田ゆう子院長から直接強要されていた。

 

①プラズマジェル注入手術(プチ豊胸手術)

患者自身の血液をGEL状にして、胸に注入する方法

 

AさんはこのGELを手術前に、看護師の立ち会いもなしに1人で作らされていた。

GELの工程は、血液から血小板だけを取り出し、ジェル状に固めるが、その際注射器を使う。

全くの素人で、生まれて初めて使った注射器の加減が分からず、患者の血液が付いた注射針を自分の指に刺してしまった。

針刺し事故を看護師に伝えたが、「水で洗えば大丈夫、院長には言うな」と指示を受け終わった。

この事故は、Aさんが入社1週間前後で起こした。

 

ちなみに池田ゆう子クリニックでは、手術前に患者の血液検査は一切やらない。

 

②脂肪豊胸手術

患者自身の体内から脂肪を吸引して、その吸引した脂肪を胸に入れる方法

 

麻酔の管理(患者の体内に入った分量を迅速に読み、即座に計算して池田院長に伝える)

吸引した脂肪の量の目盛りを読み、池田院長に伝える。

(池田ゆう子クリニックの吸引器はかなり古いタイプで、素人では目盛りを読むのが困難である)

ロカ出し、患者に直接マッサージを行い、麻酔薬を出す作業。

(脂肪を吸引した部位、1~2cm切除した場所からマッサージをして麻酔薬を出すが同時に、大量の血液も飛び散るために、素人が行うにはかなりの危険を伴う)

 

脂肪吸引の部位を2糸ほど縫うが、使用する糸は他の患者の体内を通した物を使い回している。

さらにマッサージの際、池田院長が手術ではめていた手袋を、再度はめてロカ出しをさせられた。

 

③バック抜去手術

他の病院で胸に入れたシリコン他を取り出す手術と、②脂肪豊胸手術を組み合わせた方法

 

患者に直接触って、電極版(電気メスを使うので)を取り付ける。

患者の体内から取り出したバックを医師(他のクリニックの医師)から受け取り、大きさや種類他、池田院長に伝える。

脂肪豊胸手術は②にと同じ内容をやらされた。

 

池田院長は過去にバックを取る際失敗し、幾度か患者から訴えられたため、バック抜去に関してのみ他のクリニックから医者が来る。

 

 

2)20161014日に結審後も被害が続く

同年3月から始まった裁判も池田ゆう子医師が自分の代理人、弁護士坂井田に決定権を与えず、勝手気ままに対応、話し合いすらできずその結果、佐藤彩香判事も「大変悪質」との判断を下した。

 

その為佐藤判事自らが「池田ゆう子に直接電話をするので」と、池田の代理人、坂井田に言ったが、坂井田は「そんなことをしたら池田ゆう子に何をされるか分からない、怖いので電話はしないでほしい」と、佐藤判事に泣きついた。

坂井田を不憫に思った佐藤判事は、「Aさんの離職票、遡って失効させた社会保険の手続きを早急に行うように伝えなさい。あまりにも池田のやり方は悪質すぎる」と伝えた。

坂井田は「分かりました。伝えます」といい、裁判は終わった。

 

 

3)現状

20161225日現在

池田ゆう子の代理人、坂井田によると離職票は20151121日付で発行するらしい。

しかし、ハローワークで尋ねた結果、離職票の離職日から1年以内に手続きをしないと、Aさんには雇用保険の給付金は出ない。

Aさんは20161月より再三、坂井田を通じて「はやく離職票を出してほしい」と何度も交渉してきたが、未だ池田ゆう子は手続きをしない。

また、驚くのは係争中であるにも関わらず、Aさんの社会保険等は池田の関係者が2015122日にわざわざ窓口まで出向き、理由もなく遡って2015530日で失効させた。

Aさんは現在も健康保険、年金、離職票が無い為に雇用保険が支給されていない状態である。

素人目に見ても大変悪質な嫌がらせであり、完全な違法行為である。

 

下記は、裁判で提出したAさんの証拠

 

 2016-12-24-190952.jpg         2016-12-24-194048.jpg         2016-12-24-191515.jpg

2015520日 「ザ!世界仰天ニュース・大誘拐SP(日本テレビ)

身代金3億円・渋谷女子大生誘拐事件に出演した際、

池田ゆう子は、「私は患者さんのためにも、慕ってくださって、頼って下さるわけですから、今後も手術台の前で、しっかりと責任を果たしていきたいと思っています」とコメントしている。 

池田のコメントの後ナレーションが入り「娘と過ごす時、患者に向き合う時間、何よりも大切にしている」と、いかにも感動的に見えるドラマに仕上げてある。

 

翌日Aさんは、池田に「昨日テレビ見てくれた、感想は?」と聞かれたので、

Aさんは「院長は大変な体験をされて、さぞや辛かったことでしょうね!」と言うと、

池田「そんなことはどうでもいいのよ、テレビ映りがどうだったのか、聞いているのよ、老けてなかった?昔はもっと綺麗だったのよ!」

と、番組の中で話していた内容とは真逆の話をされ、大変驚いた。

しかし、この番組の影響力によってどれだけの人が犠牲になったのかは定かではありませんが、「テレビは嘘を平気で報道する」ということが、しっかりと学習して頂けたとは思います。

 

池田ゆう子クリニックの証拠はまだまだありますので、続く

 

 

12月 25 2016 | ご報告 and 伝えたいこと | No Comments »

★緊急告知★ 相談事例 池田ゆう子クリニック その2

小池百合子都知事が就任後、築地移転問題を発端としたこれまでの東京都の行政の在り方が問われています。

市民にとっては自分たちの思いを代弁してもらえるリーダーが出来、頼もしい限りです。

これまで表ざたになることなく、誰も責任を取らず、公僕であるにも関わらず、恥もなく、悪事が行われ、日本の食の安全が脅かされるという大変重大な問題が、都民の知らないところで起こっていました。

しかし、小池都知事の働きかけでメディアが動き、悪い人たちが隠したはずの証拠を先に公にされてしまうので、それに関わってきた公務員や議員や関係者は自分たちの無責任な行い、犯罪もしくは法律に抵触するような行為がいつばれるかと気に病んで、夜も眠れない事でしょう。

これをきっかけに、世の中の流れは着実に変わってきています。

私たちの相談事例池田ゆう子クリニックに関しての進展のご報告です。

http://www.ikeda-yuko.com/

 

無資格であるにも関わらず、池田ゆう子院長に看護師業務を強要されたAさんですが、

自分のやらされている行為が法律に違反しているのではないかとの心配から、関係各機関に相談に出向きました。

(1)地元の労働基準監督署に出向き、無資格なのに医療行為に携わることを強制される労働環境は、患者さん自分にとっても危険であるとの旨を告発した。

担当者はそれは完全に危険なので、当該クリニックのある渋谷区の労働基準監督署に行くように、そうすれば所轄の労働基準監督署が動くからとの説明を受けた。

医療の問題は労働問題とは別なので、厚生労働省にも相談した方がよいと言われた。

(2)厚生労働省の担当部署に連絡したところ、東京都医療安全課にいくようにいわれた。

(3)東京都医療安全課では、指導医のヤナギサワ医師をはじめコジマ、オオマガリ、タグチの各東京都職員が対応し、医師にこのやらされている内容は「犯罪であり法律違反である」といわれた。

渋谷区の保健所に東京都から通告するので、そちらに行くようにいわれた。

(4)渋谷区の保健所に出向きイノウエ、ハシモト両職員に東京都医療安全課で伝えた内容を再度話した。法律違反の事がないか保健所でも確認すると言った。

(5)渋谷の労働基準監督署とハローワーク(担当の統括マツモト)に出向き、本来は受付業務で雇用されたのにも関わらず、ナース服着用で看護師業務を主としてやらされており、無資格なのに医療行為に携わることを強制される労働環境は、患者さんや自分にとっても危険であるので、すぐに調査してやめさせてほしいと告発した。調査するとの回答を得た。

(6)渋谷警察署生活安全課に出向き、上記内容は法律に違反しているのではないかと相談に行った。(担当ミソノ、タカヤマ刑事、サカイ刑事)

証言があれば十分犯罪として告発できますが、「告訴しますか」といわれた。

しかし起訴に際しては、患者さんから見ると無資格者であるAさんが主犯で、池田ゆう子院長が従犯となります。日本はまだ司法取引の制度が無いので、検事には事情を説明しますが、主犯としてのAさんを起訴することになりますよといわれた。

その後再度問い合わせした結果、調査はおろか出向いたり、電話をしたりということを一切していないということが判明した。

(1)から(6)において、弱い立場の労働者であるAさんを守ることを行政は全くしなかった。

善良な一般人の視点からでも大変驚くべきことであるが、それ以上に驚くことがあった。

およそ10年前に週刊現代に掲載された「池田ゆう子クリニックに関する巨額の脱税」の記事である。

ブログで書かれていますのでリンクは下記にあります。

セレブ美容外科医・池田優子のケチと脱税

http://same.finito.fc2.com/Dinform/crime/c060711.html

探偵ファイル

http://www.tanteifile.com/diary/2006/07/31_01/

サメ石・チャンネル

http://blog.livedoor.jp/sames/archives/50640508.html

 

週刊現代の記事をサークルダルメシアンは入手しています。

ご興味のある方はご連絡ください。

 

池田ゆう子クリニックの院長は、朝一番に従業員にネットをチェックさせて、自分の悪口や病院の悪評を見つけさせ、業者を使って自分にとって都合の悪い書き込みや記事はすべて消させています。

そのために、事実をを知らない患者さんは多いと思います。結果、医療過誤の被害にあい、また裁判を起こしている方もいるようです。

 

当時取材した記者さんや過去に内部告発した元従業員さんたちが今回のAさんの話を聞いて、大変驚いております。これだけ証拠も出し、記事にも取り上げられたにも関わらず、国税庁は一切動かず、病院がいまだ存続していたからです。

遡れば、ハローワークで元従業員さんたちがAさんのように病院のコンプライアンス違反を告発しても、「また池田ゆう子クリニックですか、いい加減にしてよ」と言われたとの証言があるにも関わらず、Aさんはハローワークの紹介での雇用で被害に遭っている。

この記事から10年経過しているようだが、それまでにどれほど多くの従業員や患者さんが被害に遭ったことであろう。

記事で告発された内容が事実であれば、当然刑事責任も問われ、有罪であれば刑務所行きや、病院の営業停止処分と言ったことがなされてもおかしくはないのだが、全くそのようなことがこれまでなされてこなかったのはなぜなのか。

 

行政の職員のモラルという点において、昨今このような不幸な事件があった。

日刊時事ニュースより

小川友樹と小川幸を逮捕、さいたま市で乳児虐待事件-四谷税務署職員

http://daily-news.jp/2016/06/12/arrested-yotsuya-tax-office-staff-and-his-wife-infant-abuse-cases-in-saitama-city/

記事の内容はリンク先を読んでいただくとして、さいたま市児童相談所は、母親の子供に対しての前科(保護観察付きの執行猶予処分)や「養育に不安がある家庭」として把握していたにも関わらず、このような不幸な結果となった。

 

四谷税務署の中川清史職員にサークルダルメシアンは、池田ゆう子クリニックの再調査をするよう改めて告発した。中川は調べると回答した。しかし上司である統括田中俊通は「そのようなことは出来ない」と否定した。

その理由は知らされていない。

 

 

池田ゆう子クリニックホームページ 池田優子のLOVEHEARTS STORY 理想の父親より

池田ゆう子医師の実家は地元でも有名な小林医院であり、現在は実兄の小林泰彦医師が継いでいる。

小林医院

http://home.interlink.or.jp/~kobamd/

 

池田ゆう子医師の実母も健在で、彼らは池田ゆう子医師の問題行動を知らないはずがない。

同じ医師である兄から見た時に、妹の医師としてのモラルを欠いた行為を無視できるという精神が疑問に思えてならない。

母親は美智子皇后陛下の遠縁にあたるとのことですが、せめて一人娘の教育はしっかりとするべきではないでしょうか。

これまでの活動で見てきた事実として、野放しの教育は愛情の欠落であり、虐待の定義の一つだと考えています。

これ以上の被害者を出さないためにも、家族のやるべきことは今からでも遅くはないので、家族の力で正しい道徳のある人に戻すべきでしょう。

それが出来ないのであれば、これまでに被害を受けた人たちに一人一人家族として謝罪する必要があると思います。

それが家族の真の愛情だと思います。

 

小池都知事に置かれましては、築地移転の問題、新党立ち上げ、オリンピック開催準備など都民にとって大事な問題ではありますが、虐待の問題にも是非注視して頂きたいと望んでおります。

就任後お忙しい中、体調を崩すことなく頑張っていただきたいと応援しております。

サークルダルメシアンも今後ともできることで活動を続けてまいります。

 

9月 23 2016 | ご報告 | No Comments »

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
サークルダルメシアンの活動も20年が経過しました。
20年の歩みを動画で公開しました。
ぜひご覧ください。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

1月 02 2016 | ご報告 and ご案内 | No Comments »

★緊急告知★ 相談事例 池田ゆう子クリニック

★緊急告知★ 相談事例 池田ゆう子クリニック

東京都渋谷区神南1-11-1 市野ビル8F
豊胸手術、脂肪吸引で有名な、池田ゆう子医師が院長を務める
池田ゆう子クリニックにおいて、下記の様な事例の相談を受けました。

豊胸手術、脂肪吸引に無資格者を医療行為に従事させる
医療器具(手術用具)、手術用の糸の使いまわし

★緊急告知、その1★
これまで手術を受けた方、
あなたも被害にあっていませんか?
池田ゆう子クリニックは、手術前の患者の血液検査を
一切行っておりません。
C型肝炎、HIVや梅毒、性病等、血液を介して感染する病気の方がいても分かりません。
あなたの体を縫合した糸は新品なのか、他の患者の体内を通した糸なのか、
確認した方が良いと思います。
肝炎やHIVや梅毒、性病等の感染の恐れがあります。
至急検査を受けましょう。
すでに発症している方も、もしかすると、池田ゆう子クリニックでの手術が原因かも?
心配な方は直接、池田ゆう子クリニックにご確認ください。

★緊急告知、その2★
何も知らない受付業務(無資格)で
池田ゆう子クリニックに入社したことのある方

看護師業務を強要されませんでしたか?
された際、違法な業務によって
針刺し事故や自分自身への身体の安全を脅かすような、医療事故を起こしていませんか?

その際、池田ゆう子院長は
従業員の安全配慮を全くしませんので
自分の健康管理をもう一度確かめましょう。
元従業員の方で、誰にも相談できず、苦しんでいる方はいませんか?
悩まなくても大丈夫です。
サークルダルメシアン事務局までご連絡ください。

またこの事例を裏付ける証拠等、詳細は追ってお知らせいたします。

12月 22 2015 | ご報告 | No Comments »

第32回いじめ・虐待防止フォーラムのご報告

2015-07-08-134814.jpg

2015年平成27年7月8日(水)13:30~17:15新宿区大久保地域センターで、市民活動団体の“サークルダルメシアン”主催による「第32回いじめ・虐待防止フォーラム」が開催された。

これまでのサークルダルメシアンの活動報告が行われた。

p1100458.jpg

サークルダルメシアン代表岡田ユキによるAC判別法を用いた解説がされた。

日本における、いじめ、虐待専門カウンセラーの第一人者として、長年多くの問題を独自の「岡田式AC判別法」を用いて、解決しこの「岡田式 AC判別法」は、人間の深層心理まで掘り下げられるもので、特にアダルトチルドレン(AC)がいかに素晴らしい才能をもっているかということを、証明して いる。
「岡田式AC判別法」を用いる過程において、数年前に、「失敗しない恋愛(結婚)の法則」が生み出された。

参加者からは自身の幼少期の体験が及ぼす現状へのアドバイスを求める声があり、その解決策を伝えた。

うまくいかない夫婦関係、恋人関係の原因とその対策を伝えた。

次回フォーラムのお知らせ

第33回いじめ・虐待防止フォーラム

2015年平成27年10月28日(水)13:00~17:15

新宿区大久保地域センター会議室Cにて開催

参加費無料(資料代別途・任意)

9月 30 2015 | ご報告 | No Comments »

第31回いじめ・虐待防止フォーラムのご報告

 p1100325.jpg

2015年平成27年4月29日(水)17:30~21:15新宿区大久保地域センターで、市民活動団体の“サークルダルメシアン”主催による「第31回いじめ・虐待防止フォーラム」が開催された。

これまでのサークルダルメシアンの活動報告が行われた。

p1100356.jpg

サークルダルメシアン代表岡田ユキによるAC判別法を用いた解説がされた。

日本における、いじめ、虐待専門カウンセラーの第一人者として、長年多くの問題を独自の「岡田式AC判別法」を用いて、解決しこの「岡田式 AC判別法」は、人間の深層心理まで掘り下げられるもので、特にアダルトチルドレン(AC)がいかに素晴らしい才能をもっているかということを、証明して いる。
「岡田式AC判別法」を用いる過程において、数年前に、「失敗しない恋愛(結婚)の法則」が生み出された。

参加者からは自身の幼少期の体験が及ぼす現状へのアドバイスを求める声があり、その解決策を伝えた。

次回フォーラムのお知らせ

第32回いじめ・虐待防止フォーラム

2015年平成27年7月8日(水)13:00~17:15

新宿区大久保地域センター会議室Bにて開催

参加費無料(資料代別途・任意)

6月 14 2015 | ご報告 | No Comments »

第30回いじめ・虐待防止フォーラムのご報告

【第30回いじめ・虐待防止フォーラム】

p1100191.jpg

  2015年平成27年1月20日(火)17:30~21:15新宿区大久保地域センターで、市民活動団体の“サークルダルメシアン”主催による「第30回いじめ・虐待防止フォーラム」が開催された。

 

第1部 特別講演 悠々ホルン

悠々ホルン
「子供科大人の教科書」
子供が心の内に秘めている想いPart1
子供は大人が考えているよりも、
多くの悩み、多くのストレスを抱えています。
子供の気持ちを理解出来ない分衝突もあるでしょう。
子供科大人の教科書は

子供を救う
子供との接し方に悩む親御さんにヒントを提供する
親子の関係を改善・より深いものにする。

c001.jpg

下記の通り幼少期の体験と活動に関する講演を行った。

家庭環境がきっかけで心を閉ざした少年時代。
実体験をもとに作った楽曲をネット上に公開したところ、彼が背負っていたものと同じ様な心の傷を持った全国の10代の女の子を中心に応援・相談メッセージがメールや手紙にて届くようになる。
その内容は家庭や学校での悩み、人間関係、いじめ、トラウマ 、虐待、不登校、自傷行為等、居場所の無い不安定な心で必死に生きている心の叫び。
これまでに受けた相談の人数は300人を超え、そのSOSをを音楽や動画、講演等で代弁し、悩める多くの子達の支えとなり、またその親御さん達に向けて子どもの本音を伝え親子関係の修復・傷付いた心を救う為に活動を行っている。

第2部 講演 岡田ユキ

p1100275.jpg

自身の幼少期の家庭環境と兄弟、家族による虐待の解説

「私は幼少期から、両親・兄弟からいじめられ続け“悪魔の子”
と言われて育った。 世の中に出て行ったら周囲の人・他人からは逆に“天使のような人ね!”と言われた自分だった。 家庭の中の自分と、社会に出た自分と では真逆の対応を受け、自分自身は果してどっちが本当の自分なのか判らなかった。 学校へ行き始めたりする頃から、家庭の外の世界に接していくと、他人か ら私の事を『よい人ね!』と言われ、少し自信がついた気持ちを親に話すと『世の中の人は皆嘘つきだから、他人の言うことを信用するな!』と、また壁を作ら れる繰り返しで洗脳されてきた。

世の中の人を3つのタイプに分類

自分の事しか考えられない人というのは、内面のキャパシティー(容量・受容量・能力)が小さい50%タイプの人であって、他人のことを最優先に考え 何とか手助けできないか悩んだり、労力をかける200%タイプの人は、内面のキャパシティーが大きい人の部類に入る。 この200%タイプの人が、 “AC”と呼ばれる。

アダルトチルドレン(AC)の定義

「どちらがAC?」
①  大人なのに内面が成長出来ず、子どものような大人。
②  外見は子どもなのに、大人の様に振る舞う子ども。
答えは②である。
岡田 「なぜ、人はACになるのでしょうか!?。 ACの親は
内面が“子ども化”しており、人間的成長を遂げていな
い。―――ある中学生が私の所へ学びに来てくれた。彼
女が通う中学校の授業内容の一つに、赤ちゃんをあやしたり、抱いたりする母親の疑似体験授業内容があることを聞かされた。 この授業の目的は、現代社会で赤ちゃんを虐待する事件が相次ぎ、そのことを危惧した結果、学校教育のカリキュラムに加えられたことを知った。
この中学生から『私たちが、この授業を受けて母親になった時、よい母親になれるのでしょうか!?』と質問された。 その時私は『それは違う!』と答えた。 なぜなら、母になるということは、まず母性というものが成長していないと成立しないのである。 世の中で自分の子どもを虐待して殺す母親というのは、母性 がないのでありそこまで成長しきれずに、子どもを産み母親になってしまった人である。 学校の疑似体験で赤ちゃんをあやす授業では、単にペットとしての領 域でしかない。

氣學という教えから

本古来の教えの中に、氣學(きがく)というものがある。
「男女七歳にして席を同じくせず」という言葉(論語の一節)の意
味を、氣學では教えている。 人は男女7歳を境にして心身が成
長していくため、別々の教育を施してきた。 この教えのなかに
「男は一德、女は三德ある」というものがあり、“男は一生涯子
どもである“という一德と、女の三德は、女として生れた一德に
伴侶となる妻としての二德、子を授かり産み育てる母として三德
の教えを伝授し、出世魚のような三段階成長過程が必要であると
いう意味で、“三德”という言葉で表した。―――ところが戦後(第
二次世界大戦)、世界の中でも極めて小さな日本という国が、世界
を圧倒した根本は、どこにあるのかを米国側が調査研究した結果、
日本民族を作り上げた根底に“氣學”という存在があり、加えて
武士道精神が驚異的な力となり、影響を与えたという結論に至り、
米国側は多大な脅威となった“氣學”という存在を、戦後日本の
教育から抹殺してしまった。 よって、戦後日本の教育からは家
庭における女、女子教育の根本がはずれ女の子のまま(内面的に)
成長し、大人になってしまい女子のまま母親になってしまったと
いうこと。

等の解説がされた。

次回、平成27年 4月29日(水)13:00~17:15 大久保地域センター会議室Bにて第31回いじめ虐待防止フォーラムを開催予定です。

3月 16 2015 | ご報告 and 活動報告 | No Comments »

第29回いじめ・虐待防止フォーラムのご報告

【第29回いじめ・虐待防止フォーラム】

vlcsnap-2014-11-20-22h11m10s225.jpg

 

2014年平成26年10月23日(木)17:30~21:15新宿区大久保地域センターで、市民活動団体の“サークルダルメシアン”主催による「第29回いじめ・虐待防止フォーラム」が開催された。

「岡田ユキ」による特別講演

自身の幼少期の家庭環境と兄弟、家族による虐待の解説

「私は幼少期から、両親・兄弟からいじめられ続け“悪魔の子”
と言われて育った。 世の中に出て行ったら周囲の人・他人からは逆に“天使のような人ね!”と言われた自分だった。 家庭の中の自分と、社会に出た自分と では真逆の対応を受け、自分自身は果してどっちが本当の自分なのか判らなかった。 学校へ行き始めたりする頃から、家庭の外の世界に接していくと、他人か ら私の事を『よい人ね!』と言われ、少し自信がついた気持ちを親に話すと『世の中の人は皆嘘つきだから、他人の言うことを信用するな!』と、また壁を作ら れる繰り返しで洗脳されてきた。

世の中の人を3つのタイプに分類

自分の事しか考えられない人というのは、内面のキャパシティー(容量・受容量・能力)が小さい50%タイプの人であって、他人のことを最優先に考え 何とか手助けできないか悩んだり、労力をかける200%タイプの人は、内面のキャパシティーが大きい人の部類に入る。 この200%タイプの人が、 “AC”と呼ばれる。

アダルトチルドレン(AC)の定義

「どちらがAC?」
①  大人なのに内面が成長出来ず、子どものような大人。
②  外見は子どもなのに、大人の様に振る舞う子ども。
答えは②である。
岡田 「なぜ、人はACになるのでしょうか!?。 ACの親は
内面が“子ども化”しており、人間的成長を遂げていな
い。―――ある中学生が私の所へ学びに来てくれた。彼
女が通う中学校の授業内容の一つに、赤ちゃんをあやしたり、抱いたりする母親の疑似体験授業内容があることを聞かされた。 この授業の目的は、現代社会で赤ちゃんを虐待する事件が相次ぎ、そのことを危惧した結果、学校教育のカリキュラムに加えられたことを知った。
この中学生から『私たちが、この授業を受けて母親になった時、よい母親になれるのでしょうか!?』と質問された。 その時私は『それは違う!』と答えた。 なぜなら、母になるということは、まず母性というものが成長していないと成立しないのである。 世の中で自分の子どもを虐待して殺す母親というのは、母性 がないのでありそこまで成長しきれずに、子どもを産み母親になってしまった人である。 学校の疑似体験で赤ちゃんをあやす授業では、単にペットとしての領 域でしかない。

氣學という教えから

本古来の教えの中に、氣學(きがく)というものがある。
「男女七歳にして席を同じくせず」という言葉(論語の一節)の意
味を、氣學では教えている。 人は男女7歳を境にして心身が成
長していくため、別々の教育を施してきた。 この教えのなかに
「男は一德、女は三德ある」というものがあり、“男は一生涯子
どもである“という一德と、女の三德は、女として生れた一德に
伴侶となる妻としての二德、子を授かり産み育てる母として三德
の教えを伝授し、出世魚のような三段階成長過程が必要であると
いう意味で、“三德”という言葉で表した。―――ところが戦後(第
二次世界大戦)、世界の中でも極めて小さな日本という国が、世界
を圧倒した根本は、どこにあるのかを米国側が調査研究した結果、
日本民族を作り上げた根底に“氣學”という存在があり、加えて
武士道精神が驚異的な力となり、影響を与えたという結論に至り、
米国側は多大な脅威となった“氣學”という存在を、戦後日本の
教育から抹殺してしまった。 よって、戦後日本の教育からは家
庭における女、女子教育の根本がはずれ女の子のまま(内面的に)
成長し、大人になってしまい女子のまま母親になってしまったと
いうこと。

等の解説がされた。

次回、平成27年 1月20日(火)大久保地域センター会議室Bにて第30回いじめ虐待防止フォーラムが開催予定。

悠々ホルン氏の特別講演「子供科大人の教科書」が予定されている。

そのプレ講演として、自身の相談を受けた事例の紹介がなされた。

vlcsnap-2014-11-20-22h11m36s233.jpg

子供は大人が考えているよりも、多くの悩み、多くのストレスを抱えています。
子供の気持ちを理解出来ない分衝突もあるでしょう。
子供科大人の教科書は
・子供を救う
・子供との接し方に悩む親御さんにヒントを提供する
・親子の関係を改善・より深いものにする

等の解説がされた。

11月 21 2014 | ご報告 and 活動報告 | No Comments »

安倍昭恵(内閣総理大臣安倍晋三氏ご夫人)さんとお会いしました。

 安倍昭恵さんとお会いしました。

p1100103.jpg

10月7日(火)首相公邸にて、
安倍昭恵(内閣総理大臣安倍晋三氏ご夫人)さんが、岡田ユキの活動にご理解頂き、お話を聴いて頂く機会を頂戴致しました。
安倍昭恵さんもご公務で養護施設や児童関連施設も多く訪問されていらっしゃたので、よりご理解をいただけました。

p1100093.jpg

児童虐待問題の現状と解決策「岡田式AC判別法」を岡田ユキからご説明させて頂きました。
ご多忙にも関わらず、大変関心をもって聴いて頂き、「当事者が声を上げていくことは大切で、勇気ある取り組みが素晴らしい」と、これまでの岡田ユキの活動に対して、労いの優しいお言葉を頂きました。
長年、岡田ユキが体験しながら研究してきた内容が、今の日本に役立てられましたら、私どもにとってもこんなにうれしいことはございません。
これまで、支えて下さった皆様、本当にありがとうございました。
やっと国の方にまで私たちの声が届けられました。
日本から、虐待の問題がなくなることを夢見て、安倍昭恵さんとの出会いをきっかけに、より一層頑張りたいと思いますので、 皆様、今後ともサークルダルメシアンを宜しくお願いいたします。

p1100104.jpg

安倍昭恵様のfacebookでもご紹介頂きました。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10152789832741779&set=a.10150535122366779.425408.698041778&type=1&theater

p1100110.jpg

(首相公邸前で撮影)

厳重な警備に大変緊張しました 。

————————————————–

アルジャジーライングリッシュの「101East」に岡田ユキが取材を受けました。

アルジャジーラのホームページに紹介されております。

★アルジャジーラとはBBC、CNNとならぶ世界三大ニュースネットワークの一つです。
ALJAZEERA ENGLISH(アルジャジーラ・イングリッシュ)は2006年に開局し、英語でニュースを24時間放送している衛星テレビ局。
カタール•ドーハの本社を中心に、クアラルンプール・ソウル・ロンドン・ワシントンDC総局、及び世界中の支局による放送網を展開している。
視聴世帯数は、130カ国以上における約2億6000万世帯。
2014102111049152734_20.jpg

記事の翻訳をしていただきました。

こちらのfacebookの記事のコメントの上から3番目をご覧ください。

—————————————————-

第29回いじめ・虐待防止フォーラムのご案内

29forum.jpg

平成26年 10 月 23 日(木) 17:00開場/17:30開始~ 21:15終了
新宿区大久保地域センター・3階会議室C
新宿区大久保2 丁目12 番7 号

第1部 特別講演

~いじめから学ぶ

人間関係の作り方~ Part3 (ご好評につき)

岡田 ユキ

教育カウンセラー
サークル・ダルメシアン代表
CAP専門カウンセラー養成講座主任講師
幼少期からの虐待をのりこえ、虐待問題専門の
カウンセラーとして多くの人を助けている
岡田ユキのAC判別法

第2部 パネルディスカッション

パネリスト : 岡田ユキ(カウンセラー・サークルダルメシアン代表)他
(当日変更の場合もあります)
質疑応答・アピールタイム・意見交流・他

主催
児童虐待防止の市民活動団体 サークル・ダルメシアン
後援
新宿区・社会福祉法人新宿区社会福祉協議会・新宿区教育委員会・NPO法人あきらめない
新宿区更生保護女性会・東京ボランティア市民活動センター・テラクリエーション

ボラ市民WEBでもご案内しております。

広報しんじゅく平成26年(2014年)10月5日号掲載

000160947.pdf

皆様のご参加をお待ちしております。

10月 14 2014 | ご報告 and 伝えたいこと and ご案内 | No Comments »

海外のTV取材が無事に終わりました!

aj001.jpg

アルジャジーライングリッシュ(世界三大ネットワーク)の101EASTで9月中旬放送予定の番組収録が無事に終了しました。

撮影は8月27日と8月29日の二日間、長時間に渡って岡田ユキのインタビューを中心に進められました。

8月27日はアルル音楽教室と講師の先生のご協力の元、歌と演奏の収録が中心に行われました。

2014-08-27-191201.jpg

星名先生、谷本先生、森先生ありがとうございました。

参加して頂いた皆様、長時間に渡り、ありがとうございました。

2014-08-27-195931-1.jpg

9月 01 2014 | ご報告 | No Comments »

Next »