女の子が生まれない村の子供216人全員が男の子とはどういうことでしょう?

baby.jpg

NEWSWEEK日本版で報道された記事から紹介します。

女の子が一人も生まれない村とは、過去三ヶ月に生まれた赤ちゃんの中で女の子が一人もいないという事実がインド北部のある地区で判明したということです。

インドでの女性蔑視の問題、結婚時の高額な持参金の回収のためには働ける男子を望む考え方等があり、それが理由で違法な堕胎(インド政府は産み分けによる堕胎を禁止している)が日常的に行われているのではないかという内容です。

事件の根底にある根強い男女差別の問題は遠い国の出来事として感じられるかもしれませんが、日本の国会議員の女性国会議員の比率は2019年の参議院選挙の前で24.3%とG20(先進20か国)では最低、世界的には165位です(衆議院に限れば144位とする統計もあります)。

先程の記事のインド以下という現実です。

皆さんはどう考えますか?

NEWSWEEK日本版のリンク

manual_banner_s.jpg

7月 24 2019 03:29 am | 伝えたいこと

Comments are closed.

Trackback URI |