岡田ユキの従妹と対面

岡田ユキと従妹

先日、岡田ユキの従妹2名が上京した。
事務局長もお会いして、岡田ユキの幼少期の話を聞くことができた。
その結果、やはり両親は徹底的に外面をよくみせようと、
親戚にどのように対面を取り繕い、そのしわ寄せが、
幼少期の岡田にのしかかっていたことが、よくわかった。

仲のいいお姉さんのような従妹が可愛がっているのをみて、
うかつなことでもしゃべられて、自分たちの非道な行いが世にばれることを恐れ
嘘も方便で、この子は自分にとって一番かわいいから、
連れまわしたらダメと、遠ざけるような態度をとっていたらしい。

岡田自身成人してもなお、従妹たちや親せきが岡田の親に連絡先等を聞いても
一切知らせず、とぼけていたらしい。

上京した従妹の一人は以前東京に住んでいたことがあり、
偶然にも、岡田の当時の住まいと本当に目と鼻の先であった。
しかし、岡田の両親はその従妹から徹底的に岡田の連絡先を秘匿し続けた。

その従妹は言う
「わたしは、何回も何回も、あんたのお母さんに聞いたのよ、せやのにぜんぜん教えてくれへんのやわ、」

当然である。
自分たちの悪行がばれるからである。
特に体面を慮るばかりの日々で、親せきにばれることが一番怖いのだから。
その怖いというのは、恥をかくことである。

いま、岡田ユキは両親の死と共に、家族と親せきの中心になっている。
親せきやその家族のなかに心の問題を抱えるものも多いからだ。
そして、その問題の解決に何の見返りも求めず、奔走している。

岡田の虐待問題の解決方法の一つでもある、AC判別法を、是非皆さんにも学んでいただきたいと思う。

岡田の著作、虐待根絶マニュアルをぜひ読んでほしい。

9月 27 2011 08:51 am | 伝えたいこと

Trackback URI | Comments RSS

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.