2011/1/23 日曜日

キナバルへの旅(5)~登頂証明書をゲット!さらば、キナバル山!~

Filed under: 旅行記 — aHS 中村俊哉 @ 1:01:51

【四日目:2011年01月02日 後半】 

 8:30にペンダントハットに戻ってくると、下山に向けての出発は9:30と告げられた。

 ジェリーは「ラバンラタで買い物をするなり、自由にするといい」と言ったが、ラバンラタ・レストハウスでは土産物などは売ってないようだし、買い物は、山を下りてから、公園本部の売店ですればいいと思い、ペンダントハットで朝食を取って、ちょっとゆっくりすることにした。

 朝食は小屋のいかつい兄ちゃんが作ってくれるという。

 部屋で待つこと5分と掛からずに、用意が出来たと呼ばれ、ラウンジに行くと、ゆで卵とソーセージが皿に乗せられていた。

 これにセルフでトーストを焼き、サバティー(コタキナバルのあるサバ州ではよく飲まれているお茶)をティーカップに注ぐ。

 簡素だが、山小屋では十分な食事だ。

 電源を借り、余命幾ばくもなかったデジカメの充電も完璧!

 9:30を回った頃、ジェリーがやってきて、麓へ向かって、いざ出発。

下り道

 熱帯雨林の気候は変わりやすい。外は快晴だ。
 暑くなって、ダウンジャケットとパーカーを脱ぐ。
 だが、午後から再び雨が降る予報だという。

 雲海を挟んで向こうに見えるのは、ボルネオ島第2の高さを誇るトラス・マディ山だ。(標高2,642m)

 この日の下り、実は左足の爪先がかなり痛かった。
 段差を下りる時、トレッキングシューズと爪が当たり、負荷が掛かるため、爪の中で内出血していたのだ。

 そのため、向きを横にして足を下ろすなど、爪先を庇いながら、進む私。

遥かトラス・マディ山を望む

 周囲の景色も段々と変わっていく。

山道

 帰り道もジェリーはウツボカズラの生息地を教えてくれた。

 私がイベントで写真を使いたいということを知って、俄然意気込み、登山道を外れ、崖下や密林へと分け入っていくジェリー氏。(笑)

 私も後を追うが、一歩踏み外せば、転落は免れないような、道なき道にヒヤリ。

 その甲斐あって(?)、巨大なウツボカズラをカメラに捕えることが出来た。

 3…2…1…、これだ!(笑)

巨大ウツボカズラ

 ピッチャープラントとは言え、中には虫の死骸が浮いていることもあるので、筒の水は飲み水にはならない。

ウツボカズラの中

 キナバル山には、黄色いシャクナゲなど綺麗な花も咲いていた。

黄色いシャクナゲ

 爪先の痛みも結構酷くなってきたため、シェルターで休み休み、行く。

 下りのシェルターでは、日本語が堪能な韓国人のおばちゃんと知り合いになった。

 大分標高も低くなり、スタート地点のティンポホンゲートまであと少し!

キナバル山ティンポホンゲート付近

 最後の階段をクリアし、ゲートを開く!
 13:00過ぎ、遂に地上に帰ってきたのだ!

 ゲートを出て少しいったところで、エリーがワゴンで待っており、笑顔で出迎えてくれた。

 ワゴンの中で渡された封筒に入っていたのは…

キナバル山登頂証明書

 登頂証明書だった!

 私は登り切ったため、これには色が付いているが、途中の山小屋で引き返すと、もらえるのはモノクロの証明書になるそうだ。

 幸いにも、私が知り合った日本人は皆登頂に成功したが、キナバル山に入る人間のうち、頂上まで行くのは10%程度だという。

 何にせよ、この証明書は自分の成し遂げたことの成果として、大いに励みになった。

 公園本部で、ジェリーとの別れの時がやってきた。

 彼は「今回撮った写真を持って、また来てくれ」なんて言っていたが、正直なところ、それが可能かどうかは分からない。
 だが、私はこのキナバルが気に入った!
 「また会おう!」と、ガッチリ握手を交わし、別れる。

 土産物屋では、自分用にTシャツとブックマークを買った。

 そして、ワゴンに戻ると、エリーが「ホテルに戻る前にどこか行きたいところがあるか?」と訊いてきた。
 日程表には「下山後は、キナバル公園内バルサムレストランにて昼食」とあったので、レストランに行ってくれと頼む。

 だが、着いた先は別のレストラン。

 ウェンディーツアーから、ちゃんと説明が行ってないようだ。。

 エリーに日程表を見せ、説明すると、公園本部まで戻ってくれた。

 公園本部前に下り坂があり、バルサムレストランはその下にあった。
 店員に予約番号を伝え、席に着く。

 メニューを眺めながら、席で待つが、待てど暮らせど注文を取りに来ないので、先ほどの店員に聞いてみると、ビッフェ形式とのことだった。

バルサムレストランの食事

 写真の料理をたいらげ、その後、もう一度、おかわりに席を立つ。

 ドリンクはマレーシアで流行っている(?)「100 PLUS」という炭酸飲料を頼んでみた。
 サイダーみたいなものだ。

 そうこうしているうちに、登山で知り合った他の日本人たちがレストランに入ってきたので、合流して、一緒のテーブルで食べることになった。

 ここで初対面となった若夫婦がいたのだが、二人は大学の登山部出身で、あちこちの山を登りまくっているそうだ。
 旦那さんのみ今夜の便で帰り、明日朝、日本に着くと、そのまま会社に向かうそう。
 さすが登山部、体力が違うな。。

 私はエリーを待たせていたので、皆に別れを告げ、ワゴンに戻る。

 行き同様、帰りも一人でホテルに向かうのかと思ったら、途中、中高生くらいの女の子が二人乗ってきて、私の後ろの席で横になり、ゴロゴロし始めた。
 エリーの知り合いのようだが、こういう公私混同なとこがマレーシア人気質か。。

 そう言えば、ジェリーを始め、登山ガイドの皆さんも、登下山の途中、携帯でしょちゅう友人と(?)話してたっけ。f^_^;

 17:30頃にはTune Hotels.com 1Borneo Kota Kinabalu Hotelに戻ってきた。

 コタキナバル市街地の観光は到着日に楽しんだので、今日はホテルに隣接したボルネオ島最大のショッピングモール「ワン・ボルネオ」に繰り出してみた。

 友人や家族に土産を買って帰るという重要任務も残っているしね。

 「ワン・ボルネオ」に入ると、いきなり、黄金の龍が御出迎え。

ワン・ボルネオの謎の龍

 インフォメーション・カウンターを挟んで、反対側には、グリフォン(?)のような黄金像も建っており、さすがエアアジアで財を成したトニーの経営するモールだけあると、妙に納得。(笑)

 年が明けても、クリスマスのデコレーションが。↓

ワン・ボルネオのクリスマス・デコレーション

 「ワン・ボルネオ」内には300ものテナントが入っているというだけあって、結構広い。

 コタキナバル市街地で入ったモールに比べても、立派な造りだ。

 ここで何点か土産を買い、パールティーのようなドリンクを買って、飲む。

 明日の朝は6:00の便でコタキナバルを発たなければならないため、ホテルに戻ると、この日も22時前には就寝。

 「キナバルへの旅(6)」に続く!

2011/1/10 月曜日

キナバルへの旅(2)~LCCエアアジアでコタキナバルへ!~

Filed under: 旅行記 — aHS 中村俊哉 @ 8:29:17

 今回の旅は、元々世界遺産が好きでDVD等を集めている中村が、DVDで見るばかりでなく、年末年始の連休を利用して、実際に行ってしまおう!というところから始まりました。(生涯世界遺産制覇計画第一弾・笑)

 キナバル自然公園に決めたのは、「個人・自由レベルで行く世界遺産の旅」というサイトの「いつか行きたい世界遺産ランキング」という記事で見かけた写真に一目惚れしたことと、東南アジアという地理的な条件から、年末年始の6連休を利用して行くには丁度いい場所だったためです。

【二日目:2010年12月31日】 

 この日は、空港内の喫茶店で軽い朝食を取るところから、スタート。

空港内喫茶店での朝食

 台北松山空港内のクリスマスツリー。↓

台北松山空港内のクリスマスツリー

 台北松山空港内の謎のモノリス。↓
 どう考えても、日本語がおかしい。(笑)

台北松山空港内の謎のモノリス

 9:55のエアアジアに乗るため、搭乗ゲートへと向かうが…時間になっても呼ばれない。

 周りにいる人たちも、同じ便に乗る人たちだよな。

 それでも不安になって、係員に聞いてみる。

 「すぐに乗れますから、ここで待っていれば、大丈夫です。」(勿論、英語)とのこと。

 噂には聞いていたが、アバウトだな、エアアジア。(笑)

 30分ほど遅れ、搭乗が叶い、いよいよ今回の旅の目的地・マレーシアはコタキナバルへと飛ぶ。

 LCC(格安航空便)は、格安料金を実現するために、様々な工夫がされている。

 前の席との間隔が狭い。映画等を視聴出来るモニタがない。等々。

 が、バスの飛行機版と考えれば(笑)、これくらいは問題でない。

 が、ちょっとビックリしたのが、食事の高さ。

 フライト中、お腹が空いてしまったので、 サンドウィッチとアイスティー(缶のもの)を頼む。

サンドウィッチとアイスティー

 スチュワーデスに500台湾ドルを渡すと、お釣りは何故かリンギット(RM=マレーシア通貨)で返ってきた。35RM。つまり、サンドウィッチとアイスティーは日本円換算で約625円だった。

 13:45頃、コタキナバル国際空港に到着。
 飛行機内で入出国カードがもらえなかったため、空港に到着してから、カードが置いてある場所を探し、慌てて記入。

 台北松山空港はエバー航空一色だったが、ここはエアアジア一色。

エアアジア航空機

 国際空港とは言っても、狭い空港だったので、すぐに到着ロビーに出られた。

 「地球の歩き方」によると、「バスを利用する場合は、到着ロビーを出た右側で待つことになる。料金RM2。バス停の表示がなく運行間隔も少ないので注意が必要だ。タクシー利用の場合は、到着ロビーでクーポンを買う。料金はRM35。」とのこと。

 バスとタクシーじゃ全然料金が違う!こりゃバスを利用しなきゃバカだ。と思い、空港を出て右側に歩くと、バスを待っているらしき人たちがいるので、そこで一緒に待つ。

 が、待てど暮らせど、バスは来ず、私の前にいた人たちは仲間の車(?)に乗って、行ってしまった。バスを待っていたのではないのか…?

 地図で見る限り、空港からコタキナバル市街地まではかなり距離がありそうなので、歩いていくのは不可能に近い。

 タクシーを利用するしかないか。が、それにしても、両替が必要だと思い、両替カウンターに行き、一万円札を出す。すると、「日本円はダメだ。両替出来ない!」と突っぱねられてしまった。。

 困った…。財布の中には、先ほどサンドウィッチとアイスティーのお釣りで受け取った35RMがある。

 「地球の歩き方」が正しければ、これでギリギリ、タクシーのクーポンが買えそうだが。

 かくして、タクシークーポンのカウンターに行くと、30RMでそれは買えた。ホッ。

 タクシーに乗り込み、「歩き方」の地図を見せ、「KKラマのガヤ通りに行って欲しい」と言うが、「その地図の日本語分からないから、行けない」と突っぱねられてしまった。英語も書いてあるんだが。。

 仕方なく、街の入口付近のワワサンプラザまで行ってくれとお願いする。(パッと目に付いたところで、そこしか、名前を出して、分かってくれそうなところがなかったので。。)

 20分ほど乗っただろうか。タクシーはコタキナバル市街地へ。

 程なく降ろされると、外は雨が降り始めたところだったので、折り畳み傘を差して、車道の脇を歩く。

 やがて、街の中心地へ行くが、雨は結構本降りになってきているのに、ほとんどの人が傘を差していない!
 スコールが日常茶飯事のこの街では、このくらいの雨じゃいちいち傘を差さないのか。。

 ともかく、両替所を探さないと。

 …が、両替所がない!銀行を幾つか見つけるが、どれも閉まっている。今日は大晦日。当たり前と言えば、当たり前か。

 一時間以上歩き回った挙句、KKプラザというショッピングモール(?)に入ると、そこには両替所がいくつかあり、ようやく現地の通貨を得て、ホッと一安心。

 この日は今回の旅で唯一市内観光が出来る日なので、飛行機の中で「歩き方」を見ながら、おおよその計画を立ててきた。

 まず、昼食的なものをサンドウィッチしか取っていないので、行列が出来るという肉骨茶(バクテー)屋「シンキー・バクテー(新記砂褒肉骨茶)」に行ってみる。

 ウィキペディアによると、肉骨茶(バクテー)とは…ぶつ切りの豚あばら肉(皮付き)や内臓肉を、漢方薬に使用するハーブと中国醤油で煮込んだもので、土鍋で食される。食材はその他にレタス、きのこ類、湯葉、厚揚げや中国式揚げパンの油条を入れることもある。 よく使われるのはスターアニス(大茴香)、シナモン(桂皮)、クローブ(丁子)、コショウ(胡椒)、ニンニク(大蒜)などであるが様々である。 スープは烏龍茶のような色のことが多いが、茶とはいうものの茶葉は普通は使用されない。

 …とのことだが、実際にはどういったものか分からず、とりあえず、現地の名物料理だということで、行ってみた。

 行列らしきものは全くなく(大丈夫か?)、店に近づくと、中国系と思わしき顔つきのお兄さんが近づいてきて、「バクテー?」と聞くので、「Yes.」と答えると、店内に案内される。

 コタキナバルの人種はブミプトラ(元々マレーシアに暮していた人々)が73%と非ブミプトラが27%(華人15%、その他12%)。
 この人は中国から渡ってきた華人ということだろう。

 バクテーは見た目はグロテスクだが、ボリュームもあって、なかなかに美味しかった。

「シンキー・バクテー(新記砂褒肉骨茶)」での昼食

 ライスとミルクティーを付けても、日本円にして、約367.5円。
 やはりマレーシアの物価は安い!

 その後は、街の背後の丘を登ったところにあるシグナル・ヒル展望台に向かう。ここでは、街と沖に浮かぶ島々を一望出来るとのことだが…正直、見晴らしはあまり良くなかった。

 現在のコタキナバルは開発が進んで、巨大ショッピングモールが立ち並び、その向こうの海や島はあまり見えなくなってしまっているのだ。

シグナル・ヒル展望台からの眺め

 展望台の近くには犬がいた。展望台に観に来ている誰かの飼い犬かと思ったが、そうではない。実は、この後も度々野良犬に遭遇することになる。だが、意外と大人しく、人間を襲うことないようだ。

 シグナル・ヒルを降りると、大分日も暮れてきた。

コタキナバル市街地

 お土産を探してモールを歩きながら、シーフード・レストラン「ポート・ビュー・シーフード・ビレッジ」へ。

 ここでは19時から民族舞踊ショーも催されるとのことで、「民族舞踊を見る機会も、この日この時しかない!」と思い、先ほどのバクテーでまだお腹は膨れていたが、ここに入る。

 海老などの入った焼きそば的なものと蟹肉の入ったスープ的なもの、それから、ビールをジョッキで注文。

「ポート・ビュー・シーフード・ビレッジ」での夕食

 早速ビールが出てくるが、冷えたビールの美味しさは日本と変わらない!

 19時に間に合うよう、急いで来たのだが、いつになってもショーは始まる気配がない。

 大晦日だから、やらないのか…と思っていたら、20時になり、民族衣装(チャイナドレスに近いもの)を来た数人の男女が店奥のステージへ。

 時間的には短かったが、ちょっとしたミュージカル的なものを披露してくれた。

 その後、モールで、明日の登山に備えて、水を買ったり、服を見たりして、ワリサンスクエア前の「ワン・ボルネオ」行きバス乗り場へ。

 コタキナバル滞在中の宿として予約したTune Hotels.com 1Borneo Kota Kinabalu Hotelはコタキナバル最大のショッピングモール「ワン・ボルネオ」に隣接してるのだが、このワリサンスクエア前から、その「ワン・ボルネオ」行きの無料バスが運行しているのだ。

 バスの時刻表を見ると、22:40が最終らしいが、22時少し前にバス乗り場へ、そこにはカウンターがあったが、「closed」の表示が出ていて、怪しく思ったので、カウンターのお兄さんに聞いてみる。すると、本日のバスはもう終了したという。

 大晦日だから、早目になくなるのか…?じゃ、どこかに書いといてくれよーと思ったが、お兄さんは私の宿泊するホテルの名前を聞くと、「少し待ってもらえるか」と言う。

 20分ほどして、回送のバスが来た。お兄さんは運転手と話し込む。どうやら、バスが「ワン・ボルネオ」に帰るものなら、それに乗せてもらえるのではないかと思い、聞いてくれたようなのだが、結果は期待に添えるものではなく…、手を合わせて、「Sorry!Sorry!」と謝ってきた。

 私は、これまで出会ったマレーシア人の中でも一番誠実なお兄さんの人柄に胸打たれて、「OK!I’ll use taxi.」と手を振り、タクシーに乗り込む。

 Tune Hotels.com 1Borneo Kota Kinabalu Hotelまでは、タクシーで30分くらい掛かった。

 料金が心配になったが、何と、空港→コタキナバル市街地よりも安い25RM。(約500円!)

 ホテルに入り、カウンターのお姉さんに予約表(バウチャー)を見せると、日毎にタオルを何枚使うかなどということをしきりに聞いてくる。

 とりあえず2枚くらいは借りておきたいが、無料ではないのか…?

 すると、片言だが日本語が喋れるお兄ちゃんのスタッフが出てきて、タオルを貸し出すのに一枚10RMのデポジットが掛かると説明してくれた。(デポジットなんて言葉、Suica以外で初めて聞いたよ。笑)

 これは完全に私見だが、片言の日本語を一生懸命喋る外国の方に悪い人はいない。このお兄ちゃんも笑顔がチャーミングで、いい人オーラが溢れていた。

 エレベーターで二階に上がり、やたら長い廊下(メ〇テン風)を歩いていくと…

「ワン・ボルネオ」に続く迷宮(笑)

  「ワン・ボルネオ」のモール内に出てしまった!

 バスタオルを抱えたまま、恥ずかしい!と思いながら、そそくさと戻ると、エレベーターの付近に「Tune Hotels.com」の文字の書かれた半透明の扉が。

Tune Hotels.comの部屋へと続く扉

 それを開けると、部屋が並んでおり、目的の203号室も見つかった。

 どうやら、このホテルはショッピングモールと繋がっているようだ。
 ショッピングモールのお客さんが普通に私の部屋の前まで来れる訳で…不用心な気もするが。。

 Tune Hotels.comも「ワン・ボルネオ」も今や飛ぶ鳥を落とす勢いのエアアジア系列。

 そして、エアアジアのオーナー トニー・フェルナンデス氏は私の好きなF1のチーム・ロータスのオーナー。(笑)

 203号室は一泊1,950円!

 Tune Hotels.comは「一つ星の価格で、五つ星のクオリティを」と謳っており、正直五つ星ほどのクオリティはなかったが、三つ星くらいは十分あるのではないか。

Tune Hotels.com 1Borneo Kota Kinabalu Hotel 203号室

 気ままな一人旅には十分過ぎるくらいだ。

 やるな、トニー。(笑)

 明日は6:30にはキナバル登山の迎えがくる。既に0時を回っているので、早く寝なければ!

 「キナバルへの旅(3)」に続く!

HTML convert time: 0.949 sec. Powered by WordPress ME