2008/7/27 日曜日

炎夏涼々

Filed under: 2008インターミッション — aHS 中村俊哉 @ 23:51:25

USB卓上扇風機「USB-TOY 24」
<USB卓上扇風機「USB-TOY 24」>

 うう、涼しい…。

 それもこれも、USB卓上扇風機「USB-TOY 24」のお陰…。

 クーラーの効かない部屋には強い味方です。w

 そんな中村の最近の活動報告&ちょっとしたニュースをば。

 
★7月17日(木)、新宿区若松地域センターでサークル・ダルメシアン第四回「いじめ・虐待防止フォーラム」が行われました。
 中村はパンフ作成、映像作成、ビデオ撮影などで協力させていただきました。ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました! 

★7月24日(木)、「アジアの子供の夢舞台」の反省会および打ち上げ会が行われました。
 先月、王子の北とぴあ さくらホールにて行われた公演+子どもたちの滞在密着ドキュメンタリーのDVDもございますので、ご興味がおありの方はご一報ください。

★7月25日,26日に浅草橋のStudio研で行われた、フルスロットル第4回プロデュース公演『受話器の向こうで』にaHSの小幕3枚を貸し出し致しました。
 公演も拝見させていただきましたが、とてもいいお話でした。皆様、次回作には是非、足をお運びください!

★中村が制作で参加しているリバーサイド・アーティスト12月公演のスタッフに、aHS公演でもお馴染みのスタッフさん方が続々決定!詳細は後日公開!

★8月30日(土)19:00~21:00、港区北青山の神宮外苑児童遊園内「森のビアガーデン」で、方々の演劇関係者を中心とした交流会企画「納涼飲み会 2008」を行います!
 参加をご希望される方はこちらまで。

成瀬みーこさんの奮闘により、プロジェクト・アークエンジェルの衣裳着々!

 
 …という訳で、イベント盛り沢山の夏!

 楽しみつつ、頑張ります!(^-^)/

 
artsphere HEART’S SPELLオフィシャルサイト

2008/6/30 月曜日

明日、チケット発売です!

Filed under: 子どものための物語 — aHS 中村俊哉 @ 23:12:37

『子どものための物語(ストーリーズ)-平和をつむぐ演劇と音楽のお祭り-』チケット
<『子どものための物語(ストーリーズ)-平和をつむぐ演劇と音楽のお祭り-』チケット>

  明日7月1日、北とぴあ1階チケットカウンターにて『子どものための物語(ストーリーズ)-平和をつむぐ演劇と音楽のお祭り-』の前売り券が販売開始になります。

 一枚¥2,000で一日通し券、再入場可です。

 遠方の方などは、メールでも、ご購入希望・お問い合わせに応じております。
 ご住所・お名前・ご希望枚数をメールにてお送りいただければ、当日精算券とフライヤーをセットにして郵送致します。

 ただし、18歳以下の方、または北区にお住まいの方は入場無料となります。
※こちらに該当する方はチケットは必要ありません。また、受付での身分証の提示なども特に必要ございません。

 
 そう、今回はチケットぴあでのチケット販売はありません。

 実は、これまでぴあを利用していた理由の一つにはチケットデザインが面倒…ということもあったのですがf^_^;、今回はちゃんとデザインしましたよ!
 ま…まぁ、そんなに凝ったものではないのですが。。

 そんなこんなで、8月のイベントに向けて、北区文化振興財団やスタッフさんとの打ち合わせに奔走している今日この頃です。

 『子どものための物語(ストーリーズ)-平和をつむぐ演劇と音楽のお祭り-』は、先日の『アジアの子供の夢舞台』でも宣伝させていただいたのですが、今後は児童館や劇場などでもPRしていきます!

 プロデューサーとして、今が頑張り時ですね!

 
artsphere HEART’S SPELLオフィシャルサイト

2008/6/25 水曜日

Dreaming Week with Asian Children

Filed under: 2008インターミッション — aHS 中村俊哉 @ 23:03:34

「アジアの子供の夢舞台」より、フィナーレ・リハ
<「アジアの子供の夢舞台」より、フィナーレ・リハ>

 6月21日,22日、北区 北とぴあ さくらホールにて『アジアの子供の夢舞台』の舞台公演が行われ、大盛況のうちに幕を閉じました。

 各国の子どもたちは今日、それぞれの国に帰っていきました。
 恐らくは、その手に抱えきれないほどの思い出を胸に…。

  私にとっても、子どもたちと過ごしたこの一週間で、キラキラと輝く、たくさんの宝物をもらいました!

 タイ王国(チットラーダスクール)、中華人民共和国(海淀小児京昆芸術団・西頤小学)、マレーシア(スワタリダンススクール)、ブータン王国(雷龍の国少年少女舞踊団)のいずれの国の子どもたちも、素朴でひたむきないい子たちばかりでした。

 中でも、一緒に過ごす時間の多かった中国とブータンの子どもたちとは色々と話も出来、正真正銘の友達になれたと思います。
 子どもたちとすぐに仲良くなれるのは、私の数少ない「とりえ」かな。笑

 ブータンの子どもたちとは、飛鳥山公園の滑り台で一緒に遊んだり、赤羽のヨーカドーに買い物に連れていったのは、楽しい思い出です。

 中国の子どもたちは、原宿~浅草での買い物を引率したのですが、仲見世通りで私のお気に入りの店の人形焼きをおごってあげたところ、皆、その味を気に入ってくれたみたいで、家族へのお土産にこぞって買っていった(笑)のが嬉しかったですね。

中国の子どもたちと浅草観光
<中国の子どもたちと浅草観光>
※写真は、子どもたちのプライバシー保護のため、小さいサイズにしてあります。

 雷門の前で、「イー、アル、サン!」(中国の人は写真を撮る時、こう言うのです。)

 そんな彼らですが、舞台に立つと、この通り!↓

「アジアの子供の夢舞台」より、海淀小児京昆芸術団・西頤小学(中華人民共和国)のパフォーマンス
<「アジアの子供の夢舞台」より、海淀小児京昆芸術団・西頤小学(中華人民共和国)のパフォーマンス>

 さすが、京劇のスターです!
 めっちゃカッコエエ!

「アジアの子供の夢舞台」より、雷龍の国少年少女舞踊団(ブータン王国)のパフォーマンス
<「アジアの子供の夢舞台」より、雷龍の国少年少女舞踊団(ブータン王国)のパフォーマンス>

 舞台では、ブータンの子どもたちも、彼らの国の伝統舞踊を披露してくれました。

 崖の斜面に家が立つ地方に住んでいる彼らですが、実はプレイステーションが大好きだということを、私は知っています。(笑)

 その他の国の子どもたちも、最高の笑顔と言葉をくれ、本当に胸がいっぱいになる一週間でした。

 打ち上げ会では「SEE YOU AGAIN!」と約束したので、きっとまた会えるはず!
 今度は私が会いに行きたいな。(^-^)

  ご来場くださった皆様、ありがとうございました!
  実行委員の皆さん、お疲れ様でした!
  そして、金曜の仕込み~土日の公演を手伝ってくれた皆、本当にありがとう!!

「アジアの子供の夢舞台」より、フィナーレ・リハ
<「アジアの子供の夢舞台」より、フィナーレ・リハ>

  この笑顔にまた会えることを信じて、世界の子どもたちが夢を見られる世界を築くため、artsphere HEART’S SPELLと中村俊哉はこれからも頑張っていきます!

 
「アジアの子供の夢舞台」オフィシャルサイト

artsphere HEART’S SPELLオフィシャルサイト

2008/6/18 水曜日

Welcome to JAPAN!!

Filed under: 2008インターミッション — aHS 中村俊哉 @ 23:40:23

マジックショーを楽しむ子どもたち
<マジックショーを楽しむ子どもたち>

 私が実行委員として四年前より参加している『アジアの子供の夢舞台』の第5回公演が、今週末の21日(土),22日(日)に北区の北とぴあ さくらホールで行われます。

 これは、アジア各国の子供たちが主人公の、国際交流企画で、今回はタイ王国、中華人民共和国、ブータン王国、マレーシアの子どもたちが来日し、民族舞踊や京劇などを披露してくれます。

 舞台演出、総合プロデュースは、故・美空ひばりさん、北島三郎さんのステージを作ってこられた山本喜美夫氏。

 舞台公演は土日の二日間ですが、準備は昨年の六月から実行委員会を重ね、今週月曜からは来日した子どもたちの二週間に渡る滞在をサポートしています。

 
 初日は、北区のクワドラングル志茂という施設で、歓迎会を行いました。

 私は司会担当。
 児童館の先生と一緒に、子どもたちをおもてなししました。

バイキングに並ぶ子どもたち
<バイキングに並ぶ子どもたち>
※写真は、子どもたちのプライバシー保護のため、小さいサイズにしてあります。

 二日目は、科学館や博物館の見学。
 引率だけでなく、休憩時間には、公園の滑り台やブランコや鉄棒で子どもたちと遊んだりもしました。
 久々の遊具に、子どもたち以上にはしゃいでいたかもしれません。w

 そして、今日は赤羽でお買い物の後、エコー広場館で、はた織り、ちぎり絵、お茶の作法などを体験学習してもらいました。

 その時の様子↓

はた織りを学ぶ子どもたち
<はた織りを学ぶ子どもたち>

お茶の作法を学ぶ子どもたち
<お茶の作法を学ぶ子どもたち>
※写真は、子どもたちのプライバシー保護のため、小さいサイズにしてあります。

 その後は、一番上の大きな写真のようなマジックショーを楽しみ、お食事会

 もちろん、楽しんだのは、大人よりもまず子どもたちですが(笑)、その笑顔に国境はないと痛感!
 この三日間で、本当にたくさんのパワーをもらいました。
 子どもたちにも、多くのものを国に持って帰ってもらいたいなぁ。

 明日はまた子どもたちを連れ、都内観光をしてきます♪

 その後は、金曜の舞台仕込みを経て、土日の舞台本番を迎えるわけですが、各国の伝統芸能の素晴らしさ、そして、アジアの子どもたちと日本の子どもたちが一緒になって『世界は一つ』と歌う様は、心の底から感動するものと思います。

 お時間のある方は是非、観にいらしてくださいー。(^-^)/

第5回『アジアの子供の夢舞台』

日時:6月21日(土),22日(日)
  両日とも15:00開場/16:00開演

会場:北とぴあ さくらホール
 JR京浜東北線 王子駅 徒歩2分
 東京メトロ南北線 王子駅 5番出口直結

チケット:
 指定席¥2,000
 自由席¥1,000
※当日券、ございます!

「アジアの子供の夢舞台」オフィシャルサイト

2008/5/17 土曜日

風に向かって走るんだ。どんな辛いことがあっても。

Filed under: 告知, 2008インターミッション — aHS 中村俊哉 @ 23:49:08

「文化芸術による創造のまち」シンポジウムより
<「文化芸術による創造のまち」シンポジウムより>

 まず、中国とミャンマーの大地震で亡くなられた方々に心より追悼を捧げます。

 また、遺族の皆様の心中、お察し致します。

 今日のお話は、それに少し関連しているかもしれません。

 
 8月には主催イベント『子供のための物語(ストーリーズ)-平和をつむぐ演劇と音楽のお祭り-』がありますが、6月,7月も中村とartsphere HEART’S SPELLはイベント参加の予定が詰まっています。

 まず、6月には、少し前の記事にも書いた、第五回『アジアの子供の夢舞台』があります。

 舞台公演は21日(土),22日(日)ですが、それ以外にも、何度かの実行委員会、そして、二週間に渡って滞在する、アジア各国の子供たちの面倒を見ることになります。

 歓迎会を催したり、買い物を引率したり、ディズニーランドに連れていったり…。

 もちろん、舞台スタッフとして、仕込みからバラシにも参加します。(^-^)

「アジアの子供の夢舞台」オフィシャルサイト

 
 また、7月17日(木)には、サークル・ダルメシアン主催の第四回『いじめ・虐待防止フォーラム』があります。

 これも毎回なのですが、当日のスタッフワークの他に、会議への参加、パンフレット製作、映像製作、DVD製作、WEBやブログの更新など、やることは盛り沢山です。

サークル・ダルメシアン公式サイト

 
 そして、8月の『子供のための物語(ストーリーズ)-平和をつむぐ演劇と音楽のお祭り-』を迎えるという、怒涛の三ヶ月ですが、子どもたちの未来のために力になれるのであれば、出来ることは何でもしていきたいとの思いが、私を動かしています。

 それが出来るのであれば、私がこの世界に存在する意味もあるのかなと。

 その『アジアの子供の夢舞台』ですが、今日は中央工学校STEPホールで「文化芸術による創造のまち」シンポジウムがありました。

 映像で過去の四回の『アジアの子供の夢舞台』を振り返ったり、北区出身のシャンソン歌手 水織ゆみさんのコンサート、交流会などを行ったのですが、私にとっては、とても意味のある時間となりました。

 年配の方々を中心に多くの人間が集まり、子どもたちのために一つになって頑張る。

 本当に素晴らしいことだと思います。

 二度と日本にやってこられないかもしれない子どもたちにとって、光輝く一生の思い出を作ってあげられるよう、私も尽力してまいりますので、ご都合のつく方は是非、6月21日(土),22日(日)の舞台公演を観にいらしてください!

 
今日のタイトルについて:

 前回の『アジアの子供の夢舞台』の中で進行を務めるドリームガールズが歌ったのが倖田來未の『WIND』でした。

 以来、私のお気に入りの一曲です♪

※「風に向かって走るんだ。どんな辛いことがあっても。」はサビの歌詞の一節です。

 
artsphere HEART’S SPELLオフィシャルサイト

次のページ »

HTML convert time: 1.016 sec. Powered by WordPress ME