2009/4/20 月曜日

食と植物☆

Filed under: つぶやき — 正則 @ 15:43:45

19日(日)

いい天気☆
天気がいいと気分もいい。人間不思議なものである。
さて、午後は二つの選択でどちらにするか迷う。

ひとつ。子どもが塾からもらってきた野球観戦の招待券で、オリックス楽天戦を東京ドームへ見に行くべきか。

ひとつ。兼ねてより懸案事項になっていたベランダの片付けと共にほったらかしになっているプランターへの植物の植え付けを行なうか。

いずれにしても、子どもが良いほうを選ぼうということで彼に聞いてみることに。

彼も悩んだが、水中生物が見れるということで大工センターに家庭菜園の苗を見に行くことに決定した。

正直胸を撫で下ろす。妻も私もスポーツにはまったく縁がない。野球など観戦するつもりもなかったのである。それがもし東京ドームでちいっちゃい選手たちを何時間も観戦することになったらどうしようと思っていたのである。
ふぅ~、良かった良かった☆

天気も良いし自転車で15分ほどの大工センターへ向かう。最近のガーデニング熱もあって、入り口付近にある苗のコーナーは黒山の人だかり。ミニトマトなどはともかくとして、なす、きゅうり、果てはとうもろこし、枝豆まであった。しかも枝豆はすでに売り切れ。世のお父様連中は余程暇なのか~!!

苗を買う前に彼の望みの水中生物のコーナーに行くと、また大変なことが。高いはずだから、見るだけだと言い聞かせていたにも関わらず、どうしても亀が欲しいと言い出す始末。一匹3,800円だぞ、おい! と、飲み代ならそれくらい平気で捻出する俺も、なんで亀に! 買うにはそれなりの下準備が必要だろ。水槽とか砂利とか!

様々に言い聞かせて、取り敢えず計画を立てて買いましょうということでなんとか落ち着いた。ふぅ~焦るぜまったく☆

結構次から次へと苗を買ってしまい、自転車の荷台を一杯にして一路帰宅の道へ。

帰宅すると、早速手分けしてベランダの掃除とプランターの整理を始める。アロエは黙っていても生息するので、アロエだけが目だって密集している。それを小分けにして小さいプランターに配分し、空いたものからそれぞれ買ってきた苗を植えつけていく。みずやりは毎日子どもの仕事で、これまでも一生懸命にやってきていた。野菜だけでなく、花は彼の好きなものを選んで植えた。朝の水やりも楽しみとなるだろう。

野球より動植物を選ぶ彼は、一風代わった小学生であるが、俺としては非常に助かっている。これでキャッチボールでもしようなどと持ちかけられたら、流石に断りようが無い。世間から見れば情けない父親だが、まぁ、勘弁してくれ。それも俺の性分ということで。

夕食は久しぶりに家族揃って食卓を囲む。平日は共働きのため子どもと食事がなかなかとれずに、彼には申し訳ないが、出来るときには出来るだけのことをするということで。今夜は北海道から取り寄せて冷凍にしておいたカニと、今朝水揚げされたというかつおをおかずに、白飯を食べた。正に旬のかつおということで、充分に脂がのっており、俺の酒は進む進む☆

草花にせよ、魚にせよ、季節を感じることを心がけると、大げさでなく地球と生きている実感がある。彼にもそれを感じてもらえる1日だったら嬉しいが☆

 hana.jpg

写真は、小さいながらも我が家のベランダ菜園である。

2009/4/16 木曜日

気持ちのもちよう☆

Filed under: ビジネス — 正則 @ 16:17:15

私の仕事は精神保健福祉という分野に入る。

十数年前にこの分野に入職した頃は、精神病というと怖い・恐ろしいというイメージが世間一般のイメージであった。大新聞でさえ精神障害と知的障害を混同して書いていることがある時代だった。

マンパワーも不足しており、誰も近づかない分野であった。この10年くらいの間に薬の進歩やら、精神保健福祉士の国家資格化が実現して、今では試験のために何人もの学生が実習に訪れるという変わりようだ。当事者にとってはありがたい世の中になった。が、本当に世間の理解は進んでいるのだろうか…?

私の仕事はそのセンター内のパソコン教室で、利用者の方にパソコンを教えている。皆さんは1日3時限の授業枠で、週一回そのどこかの時間に通ってこられている。現在の登録者は64人を数えるまでになっている。

難しいレイアウトを難なくこなし、高レベルの質問をする方がいるかと思うと、はっ? と思う質問をする方もいる。マウスポインターが何十秒もかかって目的のアイコンに行き着く方もいれば、文字の入力さえおぼつかない方もいらっしゃる。もう64人64通りだ。

その様な中で、ただパソコンを教科書通りひたすら教えても理解して頂けるとも限らないし、第一面白くもおかしくもない。それでは皆さん嫌になって教室などに通われる方は皆無となってしまうだろう。そこで、ここは長い人生経験の中でギャグと共に生き、ギャグと共に成長してきた私の腕の見せ所となるわけである。

幸い若い女性の利用者の皆さんにも面白い教室と言って頂けるので、評判もまずまずといったところだ。私としても、さて、今日はどんなネタで何回笑わせようかと考えるだけで仕事に張りが出るというものである。

人生は気持ちの持ちようだとよく言われるが、わが教室はギャグの持ちようともいえる。もちろんオヤジギャグを言った場合の引き具合は、ちゃんと計算済みだ。なにしろそこはプロとしてお金をもらっている以上、様々なテクニックを駆使して笑わせるのである。

ここまで来てハッと我に返ったが、教室の目的はパソコンが使えるようになって頂くことではなかったか。パソコン教室でまさかギャグを聞かせられるとは、生徒さんも思ってはいまい。

まっ、それも気持ちの持ちようでってことで…。

ちがうかぁ~☆

2009/4/1 水曜日

ジャズとパスタとバースデー☆

Filed under: イベント — 正則 @ 18:55:22

妻は3月生まれのおひつじ座。

毎年誕生日にはお祝いをしているが、今年は俺も好きなジャズのコンサートをプレゼントした。お互い平日は忙しいので中々時間がとれないが、一ヶ月以上前からその日が予定されていたので、なんとかぎりぎりホールに入ることができた。彼女は自分たちの会社で本日付けで辞める人の送別の食事を早々に切り上げてきたのだそうだ。

2時間を越えるコンサートだったが、あっという間に時が過ぎた。学生時代からジャズが好きだった俺は、久しぶりに生演奏で堪能できたのは本当に嬉しかった。妻の誕生日にかこつけて…☆ベテラン、若手のジョイントの構成が楽しく、肩のこらない展開が良かったのだと思う。

帰途どこで食事をするかという話で、妻が以前から知っているけど人気で混んでいて、中々予約できないイタリア料理の店に、この時間ならかえって空いているかもと電話してみると、今なら空いているという。ラッキーということで、その店に行ってみる。

チェーン店だそうなのだが、その室内はそれを感じさせないイタリアの家庭っぽいインテリアで、各テーブルに灯るキャンドルがシックなムードを醸し出していた。この店のサラダのドレッシングが超有名で、店に来店した人のみ限定で購入できる。これまでにも妻が買ってきたそのドレッシングでサラダを食べたが、店で食べるのは初めてだ。~~う、うんんんまっ!! こんな濃厚な美味しいドレッシングはかつて無い。俺はサラダの皿に残ったドレッシングを捨てるのはもったいないとパンを頼んで、それに付けて綺麗にたいらげた。

白や赤のワインをたのみ、もちろんチーズにパスタを堪能し、満足な宴を終えて、一路家路へ。今日は、ママのお祝いだからゴメンね。パパたちだけ美味しいもの食べちゃって。と、スヤスヤと寝ている息子に語りかけながら、俺もゆっくり眠りについた。明日は買ってきたドレッシングで、サラダを作ってやろう。待ってろな~☆

こうして一年に一度の妻のお祝いの夜が更ける。ジャズとパスタとバースデー。どれも相性が大切な出来事だ☆

HTML convert time: 0.550 sec. Powered by WordPress ME