2009/2/25 水曜日

アカデミー賞☆

Filed under: 芸術 — 正則 @ 15:58:56

おめでとう! 日本初の外国語映画賞☆☆

いや、めでたい! いくら邦画嫌いといえども、映画を愛するものとしてはこの受賞は喜ぶべき価値のあるものだ。できれば自分が受けたかったが(笑)、いたしかたない。

この受賞で思うことがいくつか。

①アメリカと日本の関係も味方につけた、強運の受賞。

アカデミー賞は世界の誰もが憧れる賞であると同時に、多くの思惑がうごめくアメリカならではの賞であるということで、裏では現在の経済情勢すら影響する。アメリカ映画最大のマーケットである日本を今大事にしないわけにはいくまい。映画に投資する資本家は、日本経済に敏感なはずだ。

かつてアメリカは、力で芸術の分野すら操っていた。外国語映画賞がうまれたのも、本家アメリカ映画をしのいでフランス・イタリア作品がアカデミー賞を総なめしたのを受けて、こりゃヤバイと思って1947年から設けられたもの。

言わずと知れたレッド・パージはアメリカの負の遺産である。映画への投資家たちはどんな思惑を描いて会話を交わしていたことだろうか…。

②日本のマスコミの週刊誌化

いろいろな事件や報道がされるたび、新聞も含めマスコミが視聴者にかたより低俗週刊誌化してきたと益々思わされた授賞式だった。俺が知らないのか、知るための努力がなかったのか、短編アニメでオスカーを受賞した加藤久仁生監督って誰だ! 彼は受賞しなければ、ずっと知られない人だったのだろうか…。マスコミ関係者の方、情報を優劣つけずにきちんと一般人に提供するのがお仕事でしょ。お願いしますよ。賞をとってから追っかけるのをちょっと考え直し、文化や芸術を幅広く人々に伝えて下さいね。お願いだから。

③日本アカデミー賞の意味

マスコミが賞を中心とする情報に偏る傾向と同じく、賞と現実がマッチしないのが日本アカデミーでしょう。賞をとるというのは誠に素晴らしいことではあるが、じゃあ賞をとったらどうなるのか。ここが問題だ。僕はたまたま居酒屋の店主でアカデミー照明賞をとった人物を知っている。さぞや照明の仕事で忙しいだろうに、居酒屋まで経営して大変だろうにと話を聞くと、いやいや、変にアカデミー照明家だなんて肩書きがつくとちょっとした作品では使えないと周りが思って、かえって仕事が激減してしまったそうだ。つまりギャランティの問題でへたに仕事を頼めないらしい。日本らしいなぁと思った。氏は別にいい作品を創りたいだけで頑張ってきたのに、日本の芸術の分野の様相は諸外国と違っている。だから日本の場合あまり賞に意味がないと思ってしまうのだ。意味があるのは、俳優さんだけかな…。表の顔だけで判断して映画館に足を運ぶ観客のために、日本のアカデミー賞で意味を成すのは、主演男優、女優賞くらいのものかな。悲しむべき鑑賞眼のない日本人。

ロマン・ロラン曰く、芸術とは民衆のレベルに落とすものではなく、民衆を引き上げるものでなくてはならない。

どうか本物の賞というべきアカデミーに成長して頂きたい。映画を愛するものとして。

2009/2/19 木曜日

楽しみのひとつ☆

Filed under: 料理 — 正則 @ 16:20:06

最近仕事が忙しく残業も多い毎日だが、そのような時でも楽しみをつくるとつくらないとでは次の日の疲労度に格段の差が出る。疲れはその日の内に解消するのがベストだ。解消の仕方は人それぞれだとは思うが、私の場合は夕食の料理だ。

なに~、料理だと~! 疲れているのにか~?

と、思われる向きもあるが、いえいえどうしてこれが結構なストレスの発散になるのである。私の場合…。

7時をまわり、そろそろ仕事の〆も見えてくる頃になるとおもむろに食材の残りを頭に思い浮かべ、それをもとにネットで料理の検索をする。今までずぶずぶだった頭脳の奥にすがすがしい清涼飲料水が流し込まれたかの如く、すうっっとリフレッシュされてくるのがわかる。さて、今晩はなんの料理にしよっかな~☆

結局麺系が食べたかったのと、大根が結構残っていたことで、大根のスパゲティを作ることにした。ネットで検索して、幾つかある大根パスタの中で、なるべく安く時間がかからないものを選び出して、帰途スーパーにて買出し。ツナ缶が200円近かったので少々高かったが、香辛料などを買って千円内に収まったので良しとしよう☆

帰宅し、焼酎のお湯割り梅入りを飲みながらのんびり仕度を始めた。にんにくと赤唐辛子のいい香りが漂い、大根のいかにもしゃきしゃきの感じがきつね色に焼きあがり、パスタとあえて最後に大葉の千切りをのせ、白ゴマをふりかける。まぁ、なんとも香りのいい大根パスタが出来上がった。

 daikonn.jpg

いつもはパスタの時はビールかワインだが、安く上げるためにも家にあった焼酎で我慢するのも悪くない。我慢と微量な贅沢のバランスのとれた夕食をとると、料理の疲れなどより自分で手をかけた心地よい達成感が、何にもましてストレスを解消してくれるようだ。

子どもを寝かしつけた後、机のスタンドをつけて焼酎と女房がバレンタインにくれたあたりめ(笑)を噛み締めながら、作品の構想を練る。このひとりの安らぎの時間はなにものにも変えがたいのだ☆

2009/2/16 月曜日

今月の稽古

Filed under: 殺陣教室 — 正則 @ 12:40:42

14、15日と私の主宰する殺陣教室の稽古があった。

14日は言わずと知れたバレンタインデー☆何故こんな日に稽古をと思われる方もいらっしゃるかも知れないが、決して参加者に彼氏彼女がいないとは思わないで頂きたい。結婚しているのは今のところ私一人だが、みなさん当然ながら彼氏彼女がいらっしゃる。(一部いない人もいるが、これは私が知らないだけかもしれない…)

では、何故?

それは、和を重んじるメンバーだからだ!(こんなことが理由になるのか?)

バレンタインデーだかなんだか知らないが、そんな西洋のへったくれの記念日など日本人には関係がない!

(笑)

というわけで、2日も稽古が続いた。

最近ではウォーミングアップにボクシングも加えて、多彩かつシンドイメニューでやっている。

私は今ちょっと首から肩にかけてが故障中のため見学となっているが、やはり早く身体を動かしたいと言う気持ちは山々。吐きそうだけど、その分ビールが旨いのだ~☆

14日は居合いの型を。15日は久しぶりに立ち回りをやった☆

210215.jpg 

うむ~女子もだいぶ腕をあげてきた様子がうかがえる!

3月から4月にかけては、稽古の合間を見て毎年恒例の花見大会。あと馬刺しパーティーを予定している。

楽しくも逞しい会になれば嬉しいが…☆

生徒さん随時募集してます。まずは見学からいかがでしょうか?

2009/2/12 木曜日

いっ氣☆

Filed under: イベント — 正則 @ 17:20:41

火曜日に、私の高校の同級生が会長を務めるワークショップに行ってみた。

既に15年近くも続けている会で、昔から面倒見の良い男だったが、よくぞまぁ長く続けていると感心する。私がそれに参加してみようと思ったのは、年末公演に忙しい中わざわざ駆けつけてくれたことに対する御礼の思いだった。

プラス、毎回講師は違うようだが、今回の講師がたまたま言葉をもたない演劇「身体詩」という表現活動で世界を飛び回っている方だったということもあり、少々興味もあったので顔を出した次第だ。

会場にはサラリーマン、OLとおぼしき人々が20代から50代くらいまで疲れた表情で集ってきていた。講師はすごぶる元気で、入ってくる人に近寄り、名前をなのって握手を求めていた。そうした迎いいれに慣れていない人々はあっけにとられながらも、日本人特有のはにかみをたたえながら、ぎこちなく握手していたのが印象的だった。すでに部屋に入ってきた時点から氏のオーラ全開というシチュエーションである。

ワークショップはビデオによる氏のグループの紹介から始まり、全員で握手を使ったゲームをしながら会場にいる相手との交流へと移っていく。その頃には、日頃は身体を動かしたことのないサラリーマンが多いだけに、会場は笑いと熱気に包まれていた。

その後、こころと身体の話や氣の話しを挟みながら運動を取り入れて、約80分程度のワークショップが終了した。私は肩の痛みから暫く殺陣教室の稽古も見学だっただけに、軽る目の運動だったとはいえ、方やら腰やらがぎこぎこときしんでいた…情けない。その後恒例の自己紹介タイムとなったが、誠にいろいろな人種が集っていると言うのが分かって面白かった。

勿論はじめからその後の飲み会にも参加するつもりだったので、皆で居酒屋へ向かった。声を掛けられて名刺交換をした方がいた。今日は飲み会にはいけないが、名刺を頂けますか?とのこと。齢五十後半から六十前半くらいのかっぷくのよい紳士だ。では、また。と、別れて同級生の会長に今のは誰かと聞くと、彼が会長になる前までこの会の発足者件会長の方だとのこと。なるほど社交的なわけだ。彼は以前は議員さんだったらしく、現在も多方面で活躍しているらしい。

飲み会でもそこここで名刺交換が始まっている。私もはなから異業種交流の会なんだからと名刺は大量に用意していったので助かった。私のテーブルにも東京電力のとある支社の副長さんがいたり、イラストレーターがいたり、俳優さんがいたり、生命保険の人がいたり、整体サロンの代表がいたりと話題に事欠かない。

やがて時間とともに一人去り二人去りして、あるテーブルに集まった男女数名。結局はノンベェが最後まで杯を酌み交わすこととなり、相変わらず私はその中にいたのである。久しぶりに同級の彼に会えたことと、次の日は祝日で完全に休みであったこととが重なって、宴は朝まで続くこととなった。またまた朝帰りである(笑)

氣の講義の後に、いっ氣に爆飲。氣のエネルギーはこんなところにも影響するのか。…いや、それは俺だけか。縁は異なもの味なもの? 高校時代に私が監督、彼が主演で撮った映画。まるでそのフィルムが再び上映されているかのような錯覚。縁のある人間とは、再びまた巡り会うのだ☆

18歳と48歳の時の差こそあれ……。

2009/2/9 月曜日

脳内物質☆

Filed under: つぶやき — 正則 @ 12:33:22

やっぱり、あの時は若かったよ。

と、私の顔を見て友人が言う。

カチンとくることなく納得する自分…。

そういやぁここ数年で少々老けてきた気がする。何故だ…。年齢? いやいや、歳を重ねても若くいられる人もいる。するとやはり気持ちの方か…。創作に対す意欲は衰えていないつもりだが、脳内がカ~ッとするような事例は確かに少ないような…。

これは問題だ。少なくとも人間本来が持ち合わせている脳内物質、中でもとりわけセロトニンなどのようなものが分泌される機会が少ないのは、非常に問題だ! 幸せ汁と言われるセロトニンは、自分が幸せな時も分泌されるが、自分の近しい人の幸せにも反応するのだろうか…? どうなんだろう…。

と、考えていると…長年の友人の結婚が決まった。これは本当に嬉しい。ちょっと文章にはできないが、ある意味父親の心境? 嬉しくあるが、手放したくないような…。ぷぷっ…なんじゃそりゃ~。できればいつまでも話していたいような、飲んでいたいような☆まぁ、自分が居心地がいいだけなのかもね…。

いつか人間は環境が変わり生活が変化していく。変化しないものなどない。と思う。であるなら、良いほうに変化したい。どんなに環境が変わっても今まで通りなんて言うけど、今まで通りな訳がない。だって確実に変化してるのだから。そうしたら、やっぱりいい方に変化したい。今まで通りにはいかないけど、今まで以上に良い友人でいられたら、それが幸せだ。きっと☆

なんて思っていたら、またまた素敵なお知らせが~!

これまた僕のとても大切な友人夫妻にめでたく女の子が誕生した☆☆

そのお知らせメールを頂いた途端に、相手は今一番忙しい時だろうに! 常識人な俺ならそれくらい分かるだろうに、思わず電話をしてしまった! もちろん留守電になっていた。が、思いっきりおめでとうの言葉をふきこんだ! 自分が駅のホームで人混みなのにもかかわらず、相手の都合も考えず、でも、でも今伝えたかった!

その時なんだがちょっとだけ…

若返った気がする…

みんな幸せに、なっ! 俺も少しでも若返るから(笑)

2009/2/5 木曜日

月夜の大手町

Filed under: イベント — 正則 @ 10:37:40

昨夜は夜の8時に東京駅のオアゾで妻と待ち合わせをした。待ち合わせなんて何年振りだろうか…。それに、デートとかといった洒落たものではなく、なんと仕事だ…。仕事で妻と待ち合わせってどうよ(笑)

私にとって大手町なんてまったく縁のない土地だ。日本経済の中心地みたいなもので、居心地の良いところではない。妻は麹町で働いており、その友人はこの大手町で働いているので、便宜上私がここに足を運ぶことになった。

草が生えていない…。小川がない…。

仕事というのは、妻が働いているコンサルの会社でキャリアトレーニング用のビデオを制作することになり、映像会社に頼むのはこのご時勢金がかかるものだから、自分たちの自主制作ということになったそうで…。そこで、私にアドバイスを受けたいということになったのである。

昔とったキネなんとかではないが、映像と聞くと放ってはおけず打ち合わせに顔を出した。相手は20代の優れたキャリアのある若い夫婦だった。2人とも学生時代に演劇経験があり、今回の制作の全般を任されていた。懸命に台本を作り、絵コンテも描いてきていた。なかなかどうして大した出来だ。気になったところを指摘し、彼らの質問に答える形で会議は進む。当然酒も進む。彼らはあまり飲まない…。映像作りの重要なポイントを伝え、演出にあまり口出ししないよう抑えつつ、カットのリズムについて話は進む。質問は映像そのものの質問からスケジュール管理にまでおよび、答えたほうがいいと思える内容にとどめて約2時間半びっしりと濃い打ち合わせとなった。

果たして参考になったかどうか…。喜んでいてくれたので、多分大丈夫だろう。

良い作品になることを願いつつ、月が綺麗にビル群の谷間を照らして、ちょっと居心地の良くなった大手町をあとにした…。

2009/2/2 月曜日

すみれ鍋

Filed under: 料理 — 正則 @ 16:20:34

なぜか料理ネタが続く今日この頃。よっぽど暇なのか…

すみれ鍋の夕食を考える。なぜか。まず夕飯用のご飯を炊いていないこと。安上がり。ヘルシー。早速帰り途中にライフに寄って食材を調達。大根78円。シイタケ128円。三つ葉98円。たらの切り身。豆腐88円。長ネギ。先日の料理であまっていた白ワインを飲みながら料理に取り掛かる。

大根を半分くらいすって、汁とおろしに分けて、おろし汁とだし汁をまずは火にかける。煮立ったら食材を入れるが、長ネギとおもちは先に火にあぶって焼き色をつけておく。食材を入れ込んだら、食卓にテーブルコンロを出して鍋をのせて火にかける。煮立ったら分けておいたおろしを適量入れて、三つ葉をふりかけて食す。今頃の大根は甘みがあってとてもすっきりとした味で旨味が出ている。

味が薄いと思ったら、ちょっとだけポン酢を入れてあげると美味しさは引き立つ。あまり入れすぎないようにしないと大根そのものの旨味が味わえない。

白ワインとゆっくりとした食事は、仕事の疲れを癒すにはもってこいだ☆

HTML convert time: 0.963 sec. Powered by WordPress ME