2009/6/5 金曜日

めぐみ☆

Filed under: つぶやき — 正則 @ 12:28:08

付き合った女性の名前ではない(汗)…

以前書いたが、ベランダでプランター栽培をやっている。

それがメキメキ成長し、今はこんな状態になっている。

pranter1.jpg 

食べる日が楽しみだ。

いつもは鬱陶しい梅雨時期だが、雨が降ると楽しみになるのも彼らがいるお蔭かもしれない☆

なす☆

pranter2.jpg

とうもろこし!!

pranter3.jpg

2009/5/25 月曜日

のどかな1日☆

Filed under: つぶやき — 正則 @ 15:10:04

日曜日。

久しぶりに何もない休みの日。こんな日は何もせずにうつらうつらと寝床で眠り…。

昼になったら、ラーメンを作り。

raumen.jpg 

午後には起きて、我が家の唯一のペット、石亀の石太郎の顔を見つめる。

 kame.jpg

そして、シャワーを浴びて殺陣教室へ。

ここで、日頃のだるい自分の精神に気合を入れる!

おりゃあああぁぁ~!!

師匠の立ち回りは緩急あって的確☆

必死でついていくしかないだろう。でも、膝が痛い…とほほ。

ただのオヤジ(>_<)

帰りは、少人数で居酒屋に駆け込む。駆け込む? …夕立のような豪雨だったからだ。

生ビールは、プレミアムモルツしか置いてない店。

ちょっと高かったのでつまみはそんなにたのまなかったが、ビールだけでも盛り上がる話し。仲間との話は気を遣わなくていい分、楽しくそして盛り上がる☆

帰りには小ぶりになる。明日は天気だといいが…。

2009/5/1 金曜日

豚インフルエンザ☆

Filed under: つぶやき — 正則 @ 11:55:21

ここのところ毎日テレビを賑わしている話題。

名前はインフルエンザA型に改名したそうだが、このままでは収まりそうにない異様な状況だ。

そんな中、数日前普通に帰宅した俺は普通に夕飯を作り、普通に晩酌をし、普通に寝た。ただ、一点だけ普通とは違ったことをしてしまったのである。それは、部屋の換気のために、出窓の窓をほんの2、3センチばかり開け、閉めようと思っていたのにも関わらず、なんとそのまま寝てしまったのである。

朝方、喉の痛みでふっと目が覚めてみると、その2、3センチの隙間から入るは入るは、冷たい風が。やべ~と思ったが、再び睡魔に襲われた俺はそのままでまた寝てしまった。時間に起きたときには喉の痛みはピーク。持っていたのどぬ~るスプレーをやってみたが、焼け石に水。

幸いなのはいつも一緒に寝ていた息子が、妻と出かけており、彼が同様の状態にならなかったのが救い。

それで、ここ数日痰は出るは咳は出るは、胸部は痛いは、ダルイはで、そうとうなダメージを受けることになってしまった。

今、街中で咳などしたらいったい何んと思われるか(泣)

マスクをしても「あら、オオゲサネェ~」などと揶揄されるかもしれない。

いやいや、防護服に身を包んだ厚労省の保健局の役人が、俺を隔離施設に閉じ込めるかもしれない! きゃ~!

などと妄想を膨らませながら、昨夜未明舛添大臣の会見を見ていた。

早く終息を見せて欲しいものだ。この俺の風邪…本当にただの風邪だろうな…

これからゴールデンウィークだっちゅうのに、このダルさから早く抜けたい。

やはりアルコール消毒しかないのだろうか…☆

2009/4/20 月曜日

食と植物☆

Filed under: つぶやき — 正則 @ 15:43:45

19日(日)

いい天気☆
天気がいいと気分もいい。人間不思議なものである。
さて、午後は二つの選択でどちらにするか迷う。

ひとつ。子どもが塾からもらってきた野球観戦の招待券で、オリックス楽天戦を東京ドームへ見に行くべきか。

ひとつ。兼ねてより懸案事項になっていたベランダの片付けと共にほったらかしになっているプランターへの植物の植え付けを行なうか。

いずれにしても、子どもが良いほうを選ぼうということで彼に聞いてみることに。

彼も悩んだが、水中生物が見れるということで大工センターに家庭菜園の苗を見に行くことに決定した。

正直胸を撫で下ろす。妻も私もスポーツにはまったく縁がない。野球など観戦するつもりもなかったのである。それがもし東京ドームでちいっちゃい選手たちを何時間も観戦することになったらどうしようと思っていたのである。
ふぅ~、良かった良かった☆

天気も良いし自転車で15分ほどの大工センターへ向かう。最近のガーデニング熱もあって、入り口付近にある苗のコーナーは黒山の人だかり。ミニトマトなどはともかくとして、なす、きゅうり、果てはとうもろこし、枝豆まであった。しかも枝豆はすでに売り切れ。世のお父様連中は余程暇なのか~!!

苗を買う前に彼の望みの水中生物のコーナーに行くと、また大変なことが。高いはずだから、見るだけだと言い聞かせていたにも関わらず、どうしても亀が欲しいと言い出す始末。一匹3,800円だぞ、おい! と、飲み代ならそれくらい平気で捻出する俺も、なんで亀に! 買うにはそれなりの下準備が必要だろ。水槽とか砂利とか!

様々に言い聞かせて、取り敢えず計画を立てて買いましょうということでなんとか落ち着いた。ふぅ~焦るぜまったく☆

結構次から次へと苗を買ってしまい、自転車の荷台を一杯にして一路帰宅の道へ。

帰宅すると、早速手分けしてベランダの掃除とプランターの整理を始める。アロエは黙っていても生息するので、アロエだけが目だって密集している。それを小分けにして小さいプランターに配分し、空いたものからそれぞれ買ってきた苗を植えつけていく。みずやりは毎日子どもの仕事で、これまでも一生懸命にやってきていた。野菜だけでなく、花は彼の好きなものを選んで植えた。朝の水やりも楽しみとなるだろう。

野球より動植物を選ぶ彼は、一風代わった小学生であるが、俺としては非常に助かっている。これでキャッチボールでもしようなどと持ちかけられたら、流石に断りようが無い。世間から見れば情けない父親だが、まぁ、勘弁してくれ。それも俺の性分ということで。

夕食は久しぶりに家族揃って食卓を囲む。平日は共働きのため子どもと食事がなかなかとれずに、彼には申し訳ないが、出来るときには出来るだけのことをするということで。今夜は北海道から取り寄せて冷凍にしておいたカニと、今朝水揚げされたというかつおをおかずに、白飯を食べた。正に旬のかつおということで、充分に脂がのっており、俺の酒は進む進む☆

草花にせよ、魚にせよ、季節を感じることを心がけると、大げさでなく地球と生きている実感がある。彼にもそれを感じてもらえる1日だったら嬉しいが☆

 hana.jpg

写真は、小さいながらも我が家のベランダ菜園である。

2009/3/23 月曜日

下駄を鳴らして奴が来る☆

Filed under: つぶやき — 正則 @ 16:42:46

作詞・作曲吉田拓郎でかまやつひろしが歌って大ヒットした「我が良き友よ」の歌いだしの歌詞だ。そして、それは現実にやってきた。勿論下駄を鳴らしてやって来たわけではないが、携帯に連絡があってやって来たのだ。

それは、映画の勉強に明け暮れていた30年前。私が制作をし、彼が脚本を書いて16ミリ映画を作っていた頃。そんな遠い過去から奴はやって来た。その間俺が秋田に行って会ったり、俺の時代劇の公演をそれだけのためにわざわざ秋田から出て来て見てくれたりと、交流はあったのだが、彼が私の地元に足を運ぶのは間違いなく30年振りだ。

我が家に招き、妻と息子に会ってもらう。妻は10年まえに秋田に行った時に会ってもらっている。が、息子は8歳だから間違いなく初対面。時は一瞬にして縮まる。

我が家に妻子を残し、二人水入らずで行きつけの小料理屋へ。ゆったり数時間、様々な話をする。今回東京へ来た目的は、今作っているDVDのナレーションどりのためだそうだ。彼は生まれ故郷の秋田を中心にフリーで番組制作や撮影を生業としている。

自然話は芸術の話し。そして、思い出の話しへ。酒も進む。かつて作成した16ミリ作品をDVD化しようと決めた。今フィルムは彼の元にあるが、できれば制作した多くの人の手元においてあげたい。

そんな久しぶりの約束を友とし合って、ホームで彼の電車を見送った。

  古き時代と 人が言う
  今も昔と 俺は言う

  バンカラなどと 口走る
  古き言葉と 悔やみつつ
  ああ 友よ 良き酒を
  時を憂いて 飲み明かしたい
  今も昔も この酒つげば
  心地よし

――1970年代。俺たちは間違いなく自分たちの夢に向かってまっしぐらに走っていた☆

2009/3/10 火曜日

気持ち☆

Filed under: つぶやき — 正則 @ 12:39:15

結婚しても変わらずにいようね☆

などというのは、ドラマの話。

現実にはそうもいかない。それでも我が家は双方の努力によってお互いが自らの望むことを淡々とやっている。そして、子どもができるとさらにそうも言っていられないが、我が家の場合じいちゃん、ばぁちゃんのお蔭で、いまだに好きなことをやらせてもらっている。

だが、なによりも子どものお蔭でやらせてもらっていると言っていいところがある。小学校2年生の息子は、パパが土日と出かけてしまっても、我慢してくれている。平日は夜はなんとか一緒にいれる日を多くしてるつもりだが、夜では釣りにも行けないし、コマ回しもできない。だから、彼はひとりで絵を描いている。

そのお蔭かどうか、最寄駅の地下通路に一年生の時と二年生のときと2度絵が飾られた。順番で選ばれているのだろうと聞いてみると、どうもそうではないらしい…。

ここ数日その息子の咳がひどい。熱はないので学校に行かせているが、妻も私も土日が仕事だったりでいまだに病院には連れて行っていない。本人はわりと平気そうな顔で日常を送っている。

今朝、妻がなかなか起きてこないので心配で尋ねてみると、会社の方を調整して午前休をとったので彼を病院に連れて行くとのこと。

だが、ここで問題が勃発した。息子にそのことを話すと、僕は学校に行きたいというのだ!

このご時勢、いや俺なら休めるなら万々歳ってところだが! この回答は妻も予想しておらずびっくり。なんとか説得にかかる。もしも悪い咳で、お友達にうつってもいけないし、明日熱が出ても親は休めないよ。などと色々と伝えてみるが、一向に納得しない。どうしてかを本人に根気よく尋ねてみると、彼曰く、休みたくないのだそうだ。別に皆勤賞などというものが設定されているわけでもなく、自分の中で学校は休まないと決めているらしいのだ。思わず妻と顔を見合わせてしまった。

病気のことは心配だが、今週の土曜日には病院に連れて行かれるし、ここは彼の気持ちを入れようと暗黙のうちに決まった。親バカではないが、元気で学校に通いたいという我が息子には敬服した。当たり前のことだが、それが崩れ去ってしまった昨今、子どもらしく学校に行きたいと言う息子の言葉は新鮮ですらあった。

いつも通り息子を送り出し、不燃物のゴミを出して洗濯を干す。今日は晴れの予報だ。息子よ、ファイト!

お互いの場で、元気に頑張ろうぜ☆息子を思うママの気持ちも、学校へ行きたいと言う息子の気持ちも、どれも大切な気持ちに変わりはない。

いつまでも変わらずにいようねって台詞は、生活が変わっても気持ちは変わらないでいようってことか…

と、今更ながらに分かった気がした☆

2009/3/2 月曜日

休み飲み☆

Filed under: つぶやき — 正則 @ 17:13:12

日曜日久々の何もない休み。信じがたいことだ…。

土曜日に殺陣教室に新たな仲間がひとり増えた。嬉しいことである。私も早く復帰したいが、焦って再び痛みが続くような事があれば、日常の生活に支障をきたしてしまうので、慎重にならざるを得ない。酒はやはり運動してからが最高だとは思うが、今しばらくは身体を大切に。

今日は兼ねてより予定していた友人との飲み会。家族ぐるみのつきあいなので、女房子どもをともなって王子駅まで出向く。くもり空で寒さも厳しい状況だったが、久しぶりに会った友人夫婦との歓談は寒さを忘れるに充分な暖かさだった。ワタミ系列の居酒屋に入ったが、夕方にもかかわらず結構な繁盛で皆ジョッキを持って楽しそうな雰囲気だ。あまりチェーン店は好まない俺だが、子どももいるとなるとそれなりのスペースや品揃えが要求されるので、致し方ない。それでも結構味の良い品々で、充分満足のいった飲み会だった。

話は様々だったが、やはり経済の事などはお互いに関心の高い話題だった。特に一次産業の見直しなどは面白い視点で語り合えた。私たちが刺身をこのように美味しく食せるのも、漁業を生業とする人のお蔭である。米や麦なども作る人たちがいるお蔭でこうして旨い酒を飲めるのである。農業や漁業のこれからを真剣に考えることは、私たちの食文化を支える上でけだし大切なことである。

ノルウェーでは、日本のように競争をベースとする漁業でないため、市場が一定の大きさ以下の魚を商品として認めない。従って小さい魚は生育するまで十二分に海を謳歌するのだ。しかも一定量を獲ったら漁は終了となるので、絶滅することはない。海には獲っても獲っても豊富な魚の生育が保たれている。だから、ノルウェーでは猟師を目指す若者が沢山おり、猟師は大きな家に住み、休日も保障され何不自由ない生活をしている。

日本も本来自然に溢れた風土であるのだから、抜本的に考え方を変えていけば、第一次産業はもっともっと栄えるに違いないと思うがどうだろうか。この不況下で農業への就職を希望する人が増えているそうだが、雇い主曰く、「皆さん考えが甘いですね。」と一言。

付け焼刃的に自然を相手にしようと思っても、自然からは相手にされないだろう。日本の米よ、魚よ、どうかいつまでも私たちに至福の時を与えたまえ☆ただ飲むだけの私のたわ言かもしれないが…。

2009/2/9 月曜日

脳内物質☆

Filed under: つぶやき — 正則 @ 12:33:22

やっぱり、あの時は若かったよ。

と、私の顔を見て友人が言う。

カチンとくることなく納得する自分…。

そういやぁここ数年で少々老けてきた気がする。何故だ…。年齢? いやいや、歳を重ねても若くいられる人もいる。するとやはり気持ちの方か…。創作に対す意欲は衰えていないつもりだが、脳内がカ~ッとするような事例は確かに少ないような…。

これは問題だ。少なくとも人間本来が持ち合わせている脳内物質、中でもとりわけセロトニンなどのようなものが分泌される機会が少ないのは、非常に問題だ! 幸せ汁と言われるセロトニンは、自分が幸せな時も分泌されるが、自分の近しい人の幸せにも反応するのだろうか…? どうなんだろう…。

と、考えていると…長年の友人の結婚が決まった。これは本当に嬉しい。ちょっと文章にはできないが、ある意味父親の心境? 嬉しくあるが、手放したくないような…。ぷぷっ…なんじゃそりゃ~。できればいつまでも話していたいような、飲んでいたいような☆まぁ、自分が居心地がいいだけなのかもね…。

いつか人間は環境が変わり生活が変化していく。変化しないものなどない。と思う。であるなら、良いほうに変化したい。どんなに環境が変わっても今まで通りなんて言うけど、今まで通りな訳がない。だって確実に変化してるのだから。そうしたら、やっぱりいい方に変化したい。今まで通りにはいかないけど、今まで以上に良い友人でいられたら、それが幸せだ。きっと☆

なんて思っていたら、またまた素敵なお知らせが~!

これまた僕のとても大切な友人夫妻にめでたく女の子が誕生した☆☆

そのお知らせメールを頂いた途端に、相手は今一番忙しい時だろうに! 常識人な俺ならそれくらい分かるだろうに、思わず電話をしてしまった! もちろん留守電になっていた。が、思いっきりおめでとうの言葉をふきこんだ! 自分が駅のホームで人混みなのにもかかわらず、相手の都合も考えず、でも、でも今伝えたかった!

その時なんだがちょっとだけ…

若返った気がする…

みんな幸せに、なっ! 俺も少しでも若返るから(笑)

2009/1/28 水曜日

定額給付金

Filed under: つぶやき — 正則 @ 11:53:39

昨夜は久しぶりにはちきんに行く。給料日だったのでひとりお疲れ会(笑)。ここに通ってもう10年は経つなぁ。

ママが、一月に次女が成人式だったのよ、と写メを見せてくれた。おお~、通い始めた当時はランドセルをしょっていたのに、既に晴れ着姿か…。娘さんはとても綺麗に育ったが、その時の流れを感じてなんだか寂しくなった…。

いつものつまみを頼み酒を飲んでいると、客がいないことをいいことに、いつもの通りマスターがお茶割りを片手に話しかけてくる。好きな釣りのことや世の中のことなど、マスターとの会話も楽しみのひとつだ。

そんな中で、今話題の定額給付金のことが話しのネタに出てきた。既に経済効果の感を失い政治のパフォーマンスのためのお題になってしまった。アメリカも、韓国も同様のものを既に取り決めて実行に移して市場効果を高めていると聞く。折角の政策もカンフル剤の役目も果たせずに終わりそうだ。

今目の前の経済が大変な時に、国民のためと思うなら野党も速攻で審議を通すべきではと思うがどうだろう。両議院委員会も、結果は自明の理なわけだから政党のパフォーマンスの道具に使っている暇はないと思うが…。

昨日も今日も自殺者が後を絶たない昨今、政党や派閥の論理を超えて国民のために闘わなくては。

そういう意味では、責任ある一票を投じるためにも選挙が待ち遠しくもある。

2008/7/3 木曜日

常連

Filed under: つぶやき — 正則 @ 12:32:21

この歳になれば、こんな俺でも何件か行きつけの飲み屋がある。そこでは俺は常連と呼ばれる。気の利いたママなら、「あ、こちら○○さん…」と、軽く紹介などしてくれ、常連と呼ばれる人たちは、ちょっとしたコミュニティになるのである。

だがそれも時と場合によるわけで、ゆっくり独りで飲みたいときもあれば、酔いにまかせて乱入なんて時もあるわけだ。そこがママの腕の見せ所で、この客は人恋しいのか、ぼっとしたいのかを見極めなくてはならない。

それに、いくらお調子者の俺でも、折角飲みに来たのに何処の誰とも知らない常連さんのためにお愛想を振りまきたくはない。世間ではただでさえ愛想良く振る舞い、誰からも好かれる様な自分を演出(?)しているのに、飲み屋まで来てそれは嫌だ。

そこが人間社会の(?)難しさ…か…?

いずれにせよ、旨い酒が飲みたい。これが偽らざる俺の本音。

相手が人間だろうが酒のつまみだろうが、程よい距離感で美味しいと感じる付き合いがしたいものである。

なかなか難しいが…。

酒にも種類があるように、生ビールの様な付き合いもあれば、ワインのような付き合いもあり、後から利いてくる日本酒のような付き合いもある。

暑い日にがーっと生ビールもよいが、程ほどでワインの様な付き合いに転じていきたいものだ(^o^)丿

次のページ »

HTML convert time: 1.047 sec. Powered by WordPress ME